2010年7月30日金曜日

信州ソバ

やっぱりその土地のものをその土地で食べるのが一番うまいよね。

大盛をご馳走していただきました。
ありがとうございます。

2010年7月29日木曜日

滝行

滝に打たれた。

もらったメッセージは
「もっと謙虚に」

圧倒的な自然なパワーの前に僕はなす術がなかった。

僕が農業メッセンジャーとして生きていくには、周りの人やモノの力を借りずには絶対にできない。

最近。やりたいと思っていたことをたくさんやらせてもらっていて調子に乗っていたかもしれない。

自分の役割、気持ちをしっかり考えて、感じて、行動しながら、周りの人に感謝の言葉を伝えて、迷惑かけてしまったらキチンと謝る。

おかげさまです。
いつもありがとうございます。
何か僕にできることはありますか。

2010年7月28日水曜日

山小屋のご飯

ここに載せたのはほんの一部。

五の池小屋に一週間ほどお世話になったんですが、毎日違うメニューの美味しいご飯を作ってくれました。

だけども、山では野菜も稲も育ちません。

食材はヘリコプターや強力という人たちが荷揚げをします。

そういう食材の流れあって、3000m級の山小屋が運営されています。

さて、そこまでして人間は山に登り、山で生活する必要はあるのか?

必要はないかも知れない。食べ物ができないところに動物は住まない。

でも、あー。必要か必要じゃないかなんてそんなつまらない話は辞めよう。

実に素敵な山小屋でした。御嶽山、五の池小屋。

めちゃくちゃ素敵なスタッフがいます。とっても忙しそうだけど、喋るとひとりひとりがとっても面白い。食事に愛情こもってて、野菜もたっぷり。

「美味しいは嘘つかない」

うん。僕のテーマは自給自足、地産地消だけど、ここにはそれとは違うけどとびっきりの美味しさがあった。

2010年7月27日火曜日

大滝村名物「すんきそば」

今日の昼ご飯はすんきそば。

カブの葉っぱの野沢菜みたいな漬け物です。

なんか味の世界遺産みたいのがあって、日本にも15個あるみたい。

そのうちの一つがこの「すんき漬け」

他の14も食べてみたいなー。

2010年7月24日土曜日

日本一高い湖

御嶽山二の池

日本一ってやっぱりすごい。

小さなこと少しずつ続けて、日本一、世界一になるようなことをしたい。

2010年7月23日金曜日

山は花

名前を聞いたんだけど、すぐに忘れた。

いろんな花が咲いてる。ここでしか咲けないんだって。

寒くて風が強くて栄養がない厳しい環境でしか育たないみたい。

その花にはその花にあった環境がある。

快適と感じるものがそれぞれ違う。

人間もそうだ。
それぞれの快適を押しつけることなく、自分の快適な場所を見つけた時そこで初めて花開くことができるのかもしれない。

2010年7月22日木曜日

今晩テレビに出ます。

テレビ東京見られる人だけなんですがよろしくお願いします。

TOKYO マヨカラ!
今日の深夜1:30〜1:45

「大丈夫?あなたの食生活」

「みなさん! 食生活をおろそかにしていませんか!?」
"食"は生きる源。おろそかにしていると、生活をしていく上で様々な問題が起きてきます。マヨカラメンバーも野菜不足や不規則な食事など、「このままではいけないなぁ」と自覚しているものの、どうしたらいいのか・・・、このまま続けると健康に影響が出かねないところ。そこで、栄養士・川越直子さんが改善点や問題点をアドバイスしてくれます。また、マヨカラメンバー考案"お手軽料理レシピ"や、川越直子さん直伝、今流行の"食べるラー油"の作り方も大公開。皆さんもこの機会に食生活を見直してみませんか?

2010年7月21日水曜日

虹!

こんなキレイな虹初めて見た。

架け橋になってる。
二重の虹になってるのも見えるかな?

2010年7月20日火曜日

山は風景

涼しくて毎日長袖きてます。

2010年7月18日日曜日

山の自然食

笹の新芽と

八ヶ岳いちご

長野産ブルーベリー

さぁこれから出発です。 長野産のおいしいブルーベリーを食べて!

2010年7月17日土曜日

NHKビルと良い天気の長野!

今日からNHKの山の番組作りの手伝いに行ってきます!

梅雨が晴れて、農作物の日光不足が解消されると良いですね。

渋滞を抜けて長野県まで来ました。

これからの予定@2010年7月17日現在

あくまで予定と希望ですが
なんか一緒にやりたいこと
できることがあったらコラボしましょー

7月17日~30日
木曽御岳にてNHKの取材班の荷物運び

8月1日~3日
名古屋の自宅

5日~15日
岡山県で植林させてもらったところの手入れ、
無農薬田んぼの取材

16日~23日
名古屋の自宅

25日~28日
鶴ヶ島学童キャンプ
俺が思うに日本で最も子どもが自由なキャンプ

30日~9月?日
日本一周ママチャリキャラバンに合流したい

9月11日
東京ワールドカフェ

9月13日~24日
山形の無農薬農家さんの訪問(仮)

9月25日、26日
日本まさか合宿

9月28日~10月5日
小学校宿泊学習引率@長野

6日~8日
小学校宿泊学習引率@東京

10月某日
日本ベトナム同時イベント
Ustreamを使ってベトナムを身近に感じてもらうイベント開催予定

20日~22日
小学校宿泊学習引率@神奈川

11月~2月
名古屋にて充電期間
バイトと、過去整理、本気で芸術鑑賞(本、映画、音楽、絵、写真)
※ひと月に一度はテレビの収録のために東京に帰ります。

3月1日~4月30日
埼玉県で自分の食べ物をすべて埼玉県産にして
自分の自給率を埼玉100%にする。

5月GW
岡山にて植林
5月某日
ドイツ滞在一ヵ月
農業、環境意識、ライフスタイルの取材

…農旅は続くーーーー!!

名古屋にいる間に
いただいた農業に関する情報の整理と
いただきっぱなしの名刺の連絡と
書きっぱなしの日記の整理

などなど、
身につけてきたものを手放す時間に費やしたいと思います。
もっと高く飛びたいので。

同時にイベント準備や未来計画づくりもしていきます。

一年の間に一ヵ月は
海外で過ごすと決めました。

2年前はカナダ
今年はベトナム
来年はドイツ
再来年は…?

2013年からはバイトを全て辞めて
農業、食に関する情報の発信のみで
生活していきたいと思っています。

2010年7月16日金曜日

明石農園体験期

明石農園にお邪魔してきました。

10日間本当にありがとうございました。

次から次にやることがある農家さんの仕事
6つもある畑を行き来して、種をまき、苗を植えて、収穫して、配達し、種を採り、また種をまく。
これは表の仕事。

裏の仕事は
土作りだ。
土の温度、固さ、湿度、地面の傾き
土の中にすむバクテリアや、栄養素、虫たち
土の上の温度、湿度、降水量、風、日射量
土の盛り方、高さ、角度、幅、固さ

理論と経験を駆使して、その野菜に適した土壌を探し選び整えていく。

ツイッターで誰かがつぶやいていた。
「農業とは教育のようである。」
本当は野菜を育てているのではなく、土を育てている。
周りの環境を整えることによって、野菜の成長を助けているのだ。

教育だってそう。勉強や、遊びの環境を作ってあげれば子どもは意志を持って立派に育って行くのだ。
大人がトラブルを先回りして取り除いていったら、その子は突然のアクシデントに対抗できなくなってしまうのだ。

カネやモノをどんどん与えていけば、使うことはできてもその子の生きる力を育めない。周りのみんなと協力したり、アイデアを絞ることによって、カネやモノを身につける術を知るのだ。

農薬は大人のトラブルの先回りに近いのではないだろうか。
虫や雑草を人工的に殺さないと、うまく育たないということだ。
ずっと、大人の保護が必要。

肥料にしたってカネのようなものだ。
肥料を入れ過ぎると虫が多く寄ってくるのだ。
カネを持ちすぎると悪い人が寄ってきて、トラブルに巻き込まれやすいように。

肥料を使わなくても、肥料を入れた野菜よりおいしいのができる方法がある。
それは、野菜が土の中の生き物と手を組んで、野菜が作れる栄養素と土の中の生き物の栄養を補い合って、共存しているからである。これこそ「生きる力」だと思う。

無農薬無肥料で育てると自立した野菜ができるのだ。

もちろん良いことばかりではない、すべての苗がうまく育つわけではないのだ。
その土地の気候、土やあらゆる要因に左右されやすい。

だからこそ、その土地に一番合った種を残していく必要がある。
実はふつうの農家さんは毎年、種屋さんから種を買っている。
種屋さんの種は種屋さんの土地で最適な品種なのだ。

明石さんは毎年、自分の畑で種取りをしている。
とても手間はかかるのだが、そうすることによってその土地に合った作物が遺伝によって品種改良されていく。
…種についてはまだ僕も勉強中だ。

裸足で畑に入る。
土の上で感じる。
圧倒的な自然の前で
人間の力はあまりにも小さい。

自然を相手にしている人は見ているものが違う。
器の大きさが違う。
僕の段取りの悪さや、3時間の寝坊。
僕が気にしてるようなことは
きっとまったく明石さんは気にしていない。

明石さんの軸は二つ
「生き物はみんな違っていい」
「種を残し続ける」

明石さんは揺るがない。
現状を悲観も楽観もせず
今、何をするべきかを常に考え続けている。

今日の朝ご飯。

今日はオリーブオイルと出汁でドレッシング作ってみました。

ジャガイモとサツマイモの味噌汁は皮ごと入れるのがいー。めちゃくちゃおいしいし。栄養や美味しさは皮のすぐ内側だから、皮を厚く切っちゃうともったいない。だけど、直射日光にあたって緑色になってるじゃがいもの皮は毒だから気をつけてねー。

明石農園体験
書き出し中ナウ

2010年7月9日金曜日

テレビ東京撮影!

出演者のみんなと、写真撮ったよー。僕は食について、エコについて語って来ました!放映日が決まったらまたblogにアップさせて頂きます。

言いたいことを言うのは難しい。

かっこよく見せようとするとやっぱりうまくいかないですね。周りの雰囲気を感じながら自分が感じたことをそのまま話すのが良いですね。

2010年7月5日月曜日

明石さんの芋掘り会!

昨日は、無農薬無化学肥料農家の明石さんのところにお邪魔させて頂きました。

写真はちょっと待って下さいね〜。

昨日は芋掘り大会でした。

小さいお子さん達も入れて50人ほどで梅雨の間の熱い日差しを浴びながら、じゃがいもをホリホリしました!

子どもは途中から土で遊び始め、休憩にもぎたてのきゅうりを食べ、みんなで収穫の喜びを分かち合いました。

明石さん。
畑のお世話をするだけでも大変なのに野菜を購入する人との交流をとても大切にしています。

安全、安心と言うだけでなく、実際に見てもらってこそ信用に変わるんじゃないかと思います。

参加者からは
「普段できない体験」「子どもも楽しそう」「遠くから来ました」と言う声もありました。

純粋に
土に触れるのは楽しい。気持ちいい。
そして感じる、食べ物ができる不思議、喜び、感謝。

今日も明石農園で作業をさせて頂きました。

雨でも外に出て作業をしなければならない。

今日は草取りと、ズッキーニ、ネギ、だいこん、きゅうりの収穫。サツマイモの苗植えをさせて頂きました。

驚いたのは雑草の性格。
種類によって、抜き方が違うんです。みんなどの雑草も子孫を残すためにいろいろな方法で生き残ろうとしているんですね。

今日明石さんはおっしゃっていました。

野菜も食べられるために生まれてきてるんじゃない。子孫を残すために生まれているので、その命を頂く時には「いただきます」の精神が必要。

…本当にその通りだと思います。当たり前の「食」から、ありがとう。いただきますの「食」へ。

2010年7月1日木曜日

今日はキャンドルナイト

たまには良いですね!