2010年12月21日火曜日

47都道府県 つなぎでつなぐリヤカーの旅

47都道府県 つなぎでつなぐリヤカーの旅





目標を立ててそれを達成し続ける人生はもういいや。
計画なんて立てずにその時感じたように動いてみよう。

いろんなモノを手に入れて身につけていく人生も辞めた。
どれだけ手放して生きていけるか。
そしてそこに残ったモノを
本当に大切にして生きていこう。

2011年
4月1日。

埼玉県を出発する。
その次はどうしようかな。
ゴールはなんとなく東京。

これも決めた。
47都道府県をリヤカーで一か月ずつ訪問する。
47か月、約4年間。

旅のテーマは「おいしい」
やったー!おいしいもの大好き!!全国のおいしいもの食べまくるぞー!!
エイエイオー!!

「あなたが心からおいしいと感じた瞬間はいつですか?」
「それは誰とどんなモノをどんな所でどんなふうに食べた時ですか?」

有機の野菜、大切な人と、手の込んだ調理、お母さんの味
こだわり、新鮮、フェアトレード、熟成、山の頂上で、畑で、
旬のもの、運動の後、打ち上げ…

これ以外にも無限にいろんなキーワードが出てくると思います。
でもその一つひとつがすっごく大切なんじゃないかなーって。

僕は思ったんです。
「おいしい」っていう幸せを大切にすると、
自分はもちろん皆でハッピーになれるんじゃないかって。

例えば地産地消の新鮮な野菜は、
みずみずしくて完熟で食べられるから甘さや旨みが全然違う。
しかも輸送で環境に負荷もかけないから、
社会や子どもたちのためにもなる。
そして何よりもおいしい!

例えば仕事帰りに猛烈に腹がへってて、
いつもなら便利なコンビニや、ファーストフードで済ますんだけど、
ふと「あのおっちゃんの店のカレーが食べたい!」と思い立って、
一時間我慢して、そこまで行って食べる。
「やっぱうめぇ!おっちゃんなんでこんなうめーんだ?」
なんて聞くと、おっちゃんは嬉しそうな顔で
「このカレーはな…」って語りだす。
カレーのおいしさに加えてそのおっちゃんの話は
最高にうまい調味料だ。

例えば、友達の誕生日会にケーキを作っていったり
実家から送られてきたミカンを皆で食べたり…

「おいしい」は限界なく追い求めることができ、しかもみんなでハッピーになれちゃう!!

僕はその「おいしい」の奥深さの虜になってしまいました。
そしてその奥深さを少しでも伝えたい。
伝えたいよー!


僕は思った。
「perfumeのかしゆか かわいい。」


僕は思った。
僕がやりたいのは伝えること。
だけどカメラじゃない。ビデオでもない。
書くのだ。書きたいのだ。
言葉で伝えたい。
難しい言葉や、技術なんかじゃあない。
皆の中にある
シンプルな言葉で。

いくらでも書けます。
いくらでも喋れます。



リヤカーで行くことにした。
なぜリヤカーかって?
そこに住んでいる人と同じ速度で歩きたいから。

たくさんのまだ見ぬおいしさとの出会いがきっとそこにはある。
歩いていて畑に人を見つけたら、遠くからでも大声で
「何を作ってるんですかぁぁぁぁーー?」
から始めるつもり。

「うちの地元には何もない」なんて言われるといつもすごく悲しくなる。
世界のどことも比べることのできない
何よりも大切な
「食べ物、自然、仲間」
がそこにはあるのだ。

この3つが僕のサブテーマ。
「おいしい」の大事なキーワード。

「食べ物のおいしさ」
新鮮なモノ、育てるこだわり、調理法とか味付けとか。
「自然のおいしさ」
きれいな海の魚、豊かな森からのおいしい水で育った米、野菜
「仲間のおいしさ」
やっぱり誰と作って食べるかってのはとっても重要なおいしさの要素!

こんな人たちに会いたいです。
食べ物のおいしさを追求している人。
自然を守るために活動している人。
地域を盛り上げようとしている人。

こういう「おいしい」を作ってる人と、未来についても話したいなー。

僕が目指している未来は簡単だ。
その土地で、その山で、その海で、
食べて、笑って、働いて、
飲んで、騒いで、バカやって、
踊って、歌って、喧嘩して、
疲れて、休んで、月を見て、
「perfumeよく分かんねーけど、かしゆかはかわいいよな」みたいな話したい。

10年後も100年後も1000年後も
その土地で、その山で、その海で、
僕らの子どもたちが
「食べ物、自然、仲間」に不安を抱くことなく
「おいしい」ご飯を食べて暮らせるような世界。
やっぱり難しい?


つなぎを着て行きたい。
「つなぎでつなぐ旅」ってちょっとおもしろくない?w

全国の「食べ物、自然、仲間」がつながるきっかけをつくりたいんだ僕は。

すべては大好きなあなたと一緒に
「おいしい」幸せをかみしめる瞬間のために。

1つの県でも、1日でも1時間でも一緒に歩きませんか?
どなたでもかまいません。
ピンと来た人は一緒に「おいしい」幸せ感じる旅をしませんか?

日本一周中の仕事
http://shibaken612.blogspot.com/2010/12/blog-post_5028.html