2010年12月30日木曜日

「食べる」は物語。

友達のゆか
からもらった北海道のほっけ。

妹と一緒においしく頂きました。

このほっけは、ゆかの実家から送ってくれたものみたい。そんな大事なほっけをくれたゆかの思い。

本当にありがとう。

そのほっけは、柔らかくて、脂のっててとってもおいしかった。

ほっけそのものもおいしかったけど、

北海道の自然の恵み。
ゆかの家族の思い。
ゆかの思い。
作る僕の思い。
妹と一緒に「おいしい」と言える幸せ。
「おいしかったよ」って一言ゆかに伝える幸せ。
それを感じながら食べるおいしさや幸せも格別でした。

感謝とおいしいと幸せを感じる心でこれからも食べて行きたいと思う。

「食べる」は物語。