2011年4月25日月曜日

【動画】親が子を思う気持ち。役人が基準を決める気持ち。

福島県では年間20ミリシーベルトが予測される場所で学校が開始されています。
年間20ミリシーベルトとはどんな値かというと、
「管理区域」といって一般の人がその地域に入ることを制限されるような
そんな値なんです。

ちなみに一般の大人の限度は1ミリシーベルトです。
子ども18歳未満は影響が出やすく10分の1以下にすべきと勧告も出ているのに
その一般公衆の20倍が良しとされているのが現状なのです。

許可をした
原子力安全保安院と文部科学省の役人と
子を思う未来を思う大人のやりとりです。





…子どものことを考えて決めたとは思えますか?

一刻も早い撤回を望みます。
撤回を求めている福島の(フクロウの会のブログ)↓↓
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/svh-652a.html