2011年11月30日水曜日

脱原発プラスαとしての蓄電 R水素

今日は以前にも取り上げた、「R水素」の
説明会が国立オリンピックセンターで行われます。
ちょっと勉強してきたいと思います。

〜〜〜


R水素=水と自然エネルギーの持続可能なエネルギーのかたち。

このR水素が現在のウラン・石油・天然ガスといった有害で有限なエネルギーにとって代わると、環境問題だけではなく、多方面における社会問題の解決への大きな一歩となります。

現在の社会は有限エネルギーの権益確保のための戦争、そのための軍事費・そこから広がる難民・貧困問題など、数えきれないほどの大きなストレスをかかえています。

原発問題・ピークオイルなど様々な問題が浮き彫りになってきている今、ただ傍観している余裕はありません。

R水素はこれまで専門家の間で、未来の理想のエネルギーといわれてきました。しかしその未来はいつ来るのか?

それは私たちが動き出さない限りずっと未来のままです。

10年、20年後に持続可能な社会へとシフトするために、今、若者の元気と行動力、大人の知識と経験をあわせて、R水素を世界に普及させる必要があります。

そのためには仲間が必要です。エネルギーの問題はみんなの問題。私たちと一緒にActionをおこしましょう!

•参加者の皆様には事前にR水素の基礎知識として代表江原氏のプレゼンをご覧なってください。http://bit.ly/u9IVjK
•R水素の概念を2分でまとめた映像です:http://bit.ly/uck2mc

•日時:11月30日(水)18:30〜22:00 (※18:15開場)
•場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟304号室 (小田急線 参宮橋駅 徒歩7分)
•参加費: 500円(会場代)
•申し込み:http://bit.ly/uOeib6
•問い合わせ:北村秀樹(WorldShift Actions) kitamura3220@gmail.com
•プログラム(予定)
18:15 開場
18:30 Ice Breaking(自己紹介)
18:35 団体紹介(WorldShift Actions / NPO法人 R水素ネットワーク/今回の共同イベントへの経緯)
18:45 「R水素」って何?素朴なギモンQ&A
19:20 海外youth のアクション:R水素学生コンテストの紹介
19:35 水の電気分解の実験による仕組みの説明
20:00 グループワーク〜R水素アクションへのチームビルディング〜あなたのR水素社会VISIONをみんなでACTIONに移すには?
21:00 各グループによるアクションプランのプレゼンテーション
21:30 R水素ネットワークより総評
21:45 WorldShift Actions×R水素ネットワークプロジェクトの今後の流れの説明・メンバー募集
22:00  完全撤収

2011年11月29日火曜日

【イベント】「だつげんぱつのまえに」12月4日

友達のまーぼーの企画です。
僕は行きます。興味ある人は一緒に考えましょ!




『だつげんぱつのまえに』

~若者たちは”今”何を想うのか~

日にち:12月4日(日)
時間:13:00~17:30
場所:eat tokyo

----------------------

3月11日の東日本大震災から始まり、福島第一原発の事故、放射能の拡散、操作される情報…

ある専門家は『直ちに、原発は全て停めるべき』だと言い、

一方、ある専門家は『問題ない』と言う。

あの日から、あらゆる情報が流れ、私たちは本物なのか、嘘なのか、何を信じて、何をしたら良いのか、わからなくなってしまったのかもしれません。

これから30年・50年と生きていく若者たちは、いったい”今”をどう捉えているのでしょうか。

『脱原発って、言い切っていいの?』
『脱原発したら、原発労働者はどうなるの?』
『現実的に節電なんて無理じゃないの?』
『自然エネルギーで日本経済を支えられるの?』
『デモって非効果的では?』
『本当のところ、自分はどれくらい被曝してるのか?』
『脱原発という言葉に抗感があるのは何故だろう?』
『何かしたい。けど、何をしたらいいか分からない』
『どんな情報を信じたら?』

そんな様々なモヤモヤした想いがあるのに、それらは、きちんと語られているでしょうか。

そこで、まずは、若者たちが集い、語り合うことから始めたいと思います。原発に反対の人も賛成の人も中立の人も関係なく、

”だつげんぱつのまえに”お互いの価値観や考えを交換し、一人一人のモヤモヤが晴れるような対話の場を設けたいと思います。

※お一人様や、ワークショップに慣れていない方も大歓迎です。

《以下詳細》

↓↓↓

【日時】
12月4日(日)
13:00~17:30

【場所】
『eat tokyo』
東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F

【アクセス】
渋谷駅から徒歩10分
恵比寿駅から徒歩10分

【google map】
http://g.co/maps/7bqjh

【参加費】
500円(場所代)

【定員】
16名程度

【予約方法】
①facebookのイベントページで参加表明
(PC)http://www.facebook.com/event.php?eid=303255529704359

(携帯)http://m.facebook.com/event.php?eid=303255529704359&refid=25

②メールで参加表明
宛先:maaa.booo★gmail.com(古瀬) ★を@に変えてね。

※両方で予約する必要はありませんが、facebookのアカウントを持っている方は、なるべく、facebookからお願いします。

【プログラム】
13:00 開場
・受付
・名札作成

13:30 開始
・挨拶
・チェックイン(自己紹介)
・6分の映像作品上演
・グループで感想シェア
・OST(オープン・スペース・テクノロジー)
・チェックアウト(最後に一言ずつ)

17:30 終了

※ワークショップは流動的ですので、当日、プログラムに変動がある可能性もあります。

【OSTとは?】
OST(オープン・スペース・テクノロジー)とは、参加者主体の話し合いの手法です。参加者がテーマを出し、グループに分かれて話し合いを進めていきます。

【こんな方にオススメ】
〇純粋に、同年代の若者が、いったい何を考えてるのか、知りたい。
〇知識はないけど、自分の考えを話したり、自分の考えを深めてみたい。
〇反対や賛成の立場は関係なく、一人一人の考えを共有し合いたい。
〇原発に関するモヤモヤした”何か”をスッキリさせたい。

【主催】
NGOグリーン・アクション東京スタッフ(早水,古瀬)
【問い合わせ】
古瀬 maaa.booo★gmail.com(古瀬) ★を@に変えてね。

2011年11月28日月曜日

国からの委託事業ってこうやって決まっていくのか。

再生可能エネルギーを環境省の委託を受けて作る法人向けの説明会に行ってきました。

みんなスーツ着てたんですが、僕一人だけ汚い私服(笑)

実績や、市町村との連携、採算性などを考慮して決定されるそうです。

委託費は程度により2000万円から1億円。

大きな仕事なだけに、皆さんピリピリして聞いている様子。

早口で説明する環境省の役人。

僕の知らないところで、こういう説明会が開かれていて、業者が決まって事業が進められていってるんですね。

2011年11月26日土曜日

東日本復興支援会議

東日本復興支援会議という名のパーティー(笑)

日本の形をしたグラタン。

集まった若者で原発のこと緑の党のこと、くだらない話。いろいろしました。

奇跡のリンゴ

夢にまで見た
木村秋則さんの奇跡のリンゴ。

友達のましゃが貴重な一個をくれました。

ちょうど15人くらい集まった日があったのでせっかくなので、みんなで頂きました。

「美味しい!」と絶賛。
無肥料無農薬の自然栽培のりんご。皮まで食べられるのが嬉しい。

「心からおいしい」という言葉を掲げてから、もう2年近くになりますが、この言葉が当てはまる。

それを食べることで、関わる全員が幸せになれる。そんなおいしさを追求していきたい。と改めて思わされたリンゴでした。

実るまで10年近く、りんごを信じて貫いた木村さんの信念。
stayhungry stayfoolish
だ!

物語と一緒にいただきました。

ありがとうございました。

ご馳走さま。

奇跡のリンゴ 木村秋則

R水素っておもしろいかも。

R水素っておもしろいかも。

前にも少し紹介したけれど、脱原発の社会について改めて考えると
R水素の可能性を感じる。

可能性というか、期待と希望だ。

少しでも多くの人に知ってもらいたい。



上の動画を見て
ちょっとでも興味を持った人がいたら
こちらもぜひ。







ここでお話をしているハルさんから話を聞かせてもらった。
R水素広めたい。素敵なものを広めるのが俺の仕事だ。

「脱原発 Yes R水素」

2011年11月25日金曜日

映画「僕たちのバイシクル・ロード」



世界一周自転車で旅をした二人の男のノンフィクションストーリー!

この映画恵比寿にある
東京都写真美術館で12月4日まで公開しています。

なんと中学生以下無料みたい。
誰か一緒に行きませんか?

公式サイト
http://bicycleroad.jp/

埼玉県加須市 けやきファーム

無農薬自然栽培のぬかで、糠漬けを作っている
「ケヤキファームひやりかわ」
にお邪魔させていただきました。


おばあちゃんちって感じ!
広い畳と、縁側。こんなおうちに住みたい!



2階は乾燥室。太陽の光で冬はポカポカ。



ここの主人は古橋さん。

普段みんなが騒いでいる時は静かなんですが
みんなが静かになると、オモシロいことをつぶやきはじめるお兄ちゃんです。


ここでは、糠漬けを作っています。
塩分を減らして、うまみを増やしているから
管理が大変なんだそうです。



この日は庭の草刈りと、大豆の種取りをさせていただきました。


その糠漬けを帰りにお土産として頂いてきました。

おまけ、近くにある雨読晴耕村舎さんにお邪魔させてもらって
ツリーハウスからワラへ飛び込み!

高野秀行さん講演会@青学 11月26日

「幻獣ムベンベを追え」



この探検を著書につづった高橋秀行さんの講演会が
明日。青山学院大学であります。

16:20~17:50

1144教室です。
一緒に行ける人いたら行きましょう!!

高橋秀行さん
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをし、誰も書かない本を書く…をモットーにしています。最新刊『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)。ブログはこちら。
http://aisa.ne.jp/mbembe/」Twitterより

埼玉県飯能市名栗の紅葉はどうよー?


道路沿いの紅葉もきれいだけど、
やっぱり、川だとか、神社には立派な広葉樹がたくさん植わっている。

燃えているようにも見えれば
寂しく枯れているようにも見える。

最近寒くなってきたなぁ。
とか、女の子の服の色がおとなしくなってきたな。
くらいにしか思わなかったけど、

山は夏に来た時とは様相を変えていました。


帰りに「手づくりケーキ工房 綵珠(アズ)」に行ってきました。
http://nagurikankou.com/cake_azu.html

ここのケーキはきちんと、ここで焼かれたものらしいです。
元気で感じのいいおばちゃんが接客をしてくれます。
チーズケーキとモンブランを頼みました。



オススメの
コーヒーはちょっと僕個人的には
ちょっと味が薄いように感じたけど。

ケーキはやさしい味。
やっぱり、手作りってのがいいよね。
とっても美味しかったです。

お店の人は
「一度会ったら友達、毎日会ったら兄弟だ!」みたいな感じの
フレンドリーな方。

店も自分たちで改装して作ってるみたい。


無農薬ブルーベリーのジャムも販売していたので、
友達にプレゼントしました。

2011年11月24日木曜日

Do It Yourself な生き方

学童のキャンプ引率でお世話になっていた指導員の方のおうちにお邪魔させていただきました。

コツコツとなんでも手作りで作っていて、
とにかくあたたかくて居心地のいいおうちでした。

勢い余って囲炉裏小屋まで作ってしまったみたいです笑
(写真は指導員さんのブログより)


バーベキューしたり、囲炉裏小屋であったまったりして
楽しかったです。
ありがとうございました。

お世話になった指導員さんの書いているブログ。

http://blog.canpan.info/kikorisan/archive/11

2011年11月22日火曜日

11月19日「すべらない話大会」ありがとうございました。



いろいろプログラムを考えたんですが、
全くその通りにならなかった

結局、ずっとみんなで「すべらない話」で笑いっぱなしでした。


普段、口数があまり多くない人だって
「おもしろい話なんてないよ。ないよ!」
何て言ってた人でも
話しだすとおもしろかったりする。


フリートークの笑いとは少し違う、
一人ひとりがバッターボックスに立って
三振かヒットかホームランかの真剣勝負。

くじ引きで決まる話者。
「すべらない話」というプレッシャー、
喋りだすときの緊張感、
聞いている側の高まる期待

それらが全部はじけて
みんなで笑う一体感。

たまらないなぁ。

高校の同級生や、
懐かしい再会、
いつものメンバー。

皆さん。
ありがとうございました。


2次会では参加してくれた人の誕生日もお祝いした。
僕の手違いで、サプライズのつもりがすでにバレてたみたいだけど、
その辺はご愛嬌ということで、つめが甘かったのも僕らしいということでw

通販生活 2011年秋冬号 巻頭特集「原発国民投票」



「通販生活」より。
原発、
いつ、やめるのか、

それとも
いつ、再開するのか。


それを決めるのは、

電力会社でも
役所でも
政治家でもなくて、


私たち
国民一人一人。


通販生活 秋冬号の
巻頭特集は、
「原発国民投票」
~~~~~~~~~~~~~~~~

これはすごいことになりそうだ。

2011年11月21日月曜日

原子力に反対する100 個の十分な理由fromドイツ

ドイツの自然エネルギー発電の会社が作った
「原子力に反対する100個の十分な理由」の日本語版です。
無料で読むことができるので、興味ある方は是非読んでみてください。

原子力発電の問題は多岐にわたっています。

まとめていえるのは
「安全じゃないし、持続可能じゃないし、安くない」




http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf


もしこの100個の理由を解決できるのであれば、原発を許してもいい。


目次

#1~#11
燃料とウラン採掘
#12~#19+#102
安全基準と健康被害
#20~#41+#103~#107
事故と大災害のリスク
#42~#65+#108~#113
核廃棄物と処分
#66~#71+#114
気候保護と電力供給
#72~#79
権力と利権
#80~#87+#115
自由と民主主義
#88~#93+#116
戦争と平和
#94~#100
エネルギー革命と未来

2011年11月20日日曜日

【動画】サプライズはこうでありたい。



ディズニーが大好きな女の子の話。

2011年11月17日木曜日

埼玉県 加須の有機農家 谷川さん

埼玉県加須市で農業をされている谷川さんのところにお邪魔させていただきました。


谷川さんは、「yahoo キッズ」で有機栽培のコメ作りでも紹介されています。

http://meta.yahoo-streaming.jp/webevents/yahoo/kids/syokuiku/ch201111_1m.asx

30前の若い方。
農業は4年目だそうですが、有機農家を転々としたり、
千葉の援農宿舎の管理人をされていたりしたそうです。


そんな谷川さんと、大豆の種取りを一緒にやらせてもらったんですが
その時の谷川さんから楽しそうというか嬉しそうというか、充実感というか
そういうものが伝わってきました。

100年先の風景を描きながら作るお米は
無農薬で有機栽培。肥料は米ぬかと雑草の緑肥のみ。
牛糞や鶏糞も入れてないようです。

援農の受け入れもされているみたいなので
一緒に行きたいという方いましたら、連絡ください。

2011年11月16日水曜日

映画上映会「地球交響曲 ガイアシンフォニー」

友達が映画「地球交響曲 ガイアシンフォニー」の上映会をやっています。
すいません。今日でした(泣)
でも12月もあるので興味ある人は是非。

~~~~~~~~~

みなさん
あろは~~◎

『水曜日は映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」!』
ということで映画の自主上映会を行います。

4月に石巻を訪れた際に、偶然行動を共にしたのが、この「地球交響曲」のプロデューサーの方でした。

それからもご縁があり、今回の企画が実現しました。

今回の企画は、通常だと高い費用とノルマがかかる上映会を

映画代1人500円+
お気持ち(気仙沼での活動費)
という形でやらせていただきます。


映画の内容はあえていいません。内容は本当に美しく素敵なものです。どうしても気になる方は「地球交響曲」のHPをみてみて下さい。


◆場所
青山学院大学青山キャンパス
11号館

(正門入って10メートルぐらい右奥)
7階
1173教室



◆日時(プログラム)
11月16日(水曜日)

17時50分開場

18時10分上映スタート

20時30分シェアタイム

21時上映会終了



◆お金
500円(映画代)+
お気持ち(気仙沼での復興支援活動費にさせていただきます)



◆連絡先
上映会来ていただける方は下記アドレスにメール下さい

その際、名前、参加日を必ずのせて下さい。

worldoysters3@gmail.com




なお
『水曜日は「地球交響曲」』は
12月以降も続きます。
「地球交響曲」は現在では一番から八番まで作られています。毎回でてくるゲストは異なるので、内容も違います。

12月7日水曜日
地球交響曲第二番

12月14日水曜日
地球交響曲第三番

12月21日水曜日
地球交響曲第4番(予定)


場所、日時は原則的に同じ。
変更の際は連絡します。


予定開けておいてね。


是非
めちゃめちゃ良い映画なので、
友達から知り合いから何から何まで誘って見にきて下さい!




底上げJAPAN

天貝祐樹

2011年11月12日土曜日

学芸会のお手伝い。

ちょっぴりだけどお世話させてもらってた子達の歌や演技に感動(泣)

底上げJapan 読売新聞に発見。

震災後 就職先に謝って、内定を辞退し、気仙沼でずっとボランティアを続けている友達の矢部さんが、読売新聞全国版に取り上げられている!

2011年11月11日金曜日

久しぶりの学校給食

小学校の学芸会のお手伝いに行ってきました。

そこでお昼に給食をいただきました。実費ですが、たったの260円。

もりもりの野菜と、少し脂っこい味付けがとっても懐かしい(笑)

瓶牛乳の習慣は全くなかったので、子ども達に教えてもらいながら飲みました。紙の蓋を開けるのがなかなか難しいのです。

小学生の頃を思い出して、おかわりまでしちゃいました。

ご飯なくなっちゃって、ハヤシライスのルーだけで食べるなんて、こんなことも懐かしい(笑)

おいしかったです。

このおいしい給食を毎日食べるには小学生に戻るか、学校の先生になるかしかないw

2011年11月10日木曜日

TFT企画 MOEカフェ


今日の朝日新聞にも掲載された話題の 「MOE CAFE」 に行ってきました。

歌や踊りや演出も本格的な「メイド喫茶」という入り口なんだけど、中身は手の込んだヘルシースイーツや汗だくエクササイズ(笑)日々の食生活診断、カロリークイズ…など真面目な内容。

しかも参加費の一部は発展途上国の給食になるという。僕らも発展途上国の子ども達もダブルで美味しいTFTの企画でした。


TFTとは?
「Table For Twoの略
直訳すると「二人の食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトです。」TFTホームページより。
http://www.tablefor2.org/index.html

何よりメイド姿のかわいー子達がデザートや飲み物を運んできてくれるだけで、萌モエな3時間でした(笑)

めっちゃ美味しくて楽しくて、ちょっと考えさせられる。とっても良い企画でした!

彼女たちのホームページ
http://moecafe.jimdo.com/



続編を求む。

【動画】僕の好きな笑えるやつまとめ。

11月19日のイベントで流すつもりなので
来られる予定の人はちょっと見るのを我慢してね

バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない。


こういう映像 俺も作りたい。


ハプニングにかなう面白さはないね。


このおじいちゃんおばあちゃんおもしろすぎる。


売春と間違えられる。どっきり。


アンタッチャブルの漫才

2011年11月9日水曜日

「ちょっとしたcafe」のクッキー

国産の小麦粉、バター、砂糖、卵だけで作られてる。

売り上げの一部はNPO「Good Day」に寄付されるみたいです。


「添加物の入ってないお菓子を探すのがたいへんだ」と前も書きましたが。

本当に安心して美味しく頂けるのは嬉しい。

作っている岩間さんもとっても素敵な人。
でもお店にはまだ行ったことがない。
どんなお店で作っているんだろう。
今度行ってみよう。


ちょっとしたcafe
http://www.patieco.com/

映画「ふるさとがえり」無料上映会12月7日

面白そうな映画を教えていただきました。
「ふるさとがえり」


今働かせてもらってるHITOTOWAの荒さん曰く
「今年一番の映画!」だとも。

昨日その映画を作っていた方の話も聞かせてもらって
本当におもしろそう。僕は行けませんが。興味ある人は是非!



12月8日(木) 奇跡の市民総参加型映画「ふるさとがえり」を観る・語る 一般公開・入場無料!

【内 容】 1) 映画「ふるさとがえり」上映

2) 林弘樹監督 / 脚本家栗山宗大 / 萩原なつ子(21世紀社会デザイン研究所 教授)によるスーパートークセッション

13市町村が合併した岐阜県恵那市を舞台に展開された映画づくりで絆を結ぶ、
えな「心の合併」プロジェクトの6年半の軌跡をもとに、「ふるさと」とは何か、
ひとりひとりがつながり、支えあいながら安全・安心に暮らせる地域社会を
創出していくうえで大切なものは何かについて議論する。

【場 所】 立教大学 池袋キャンパス8号館8201教室

【時 間】 18:20~21:00

【主 催】 21世紀社会デザイン研究所

2011年11月7日月曜日

笑いたい人。笑わせたい人。とにかく集まれ。

みなさん。
僕が2か月前から
ひそかに温めていた企画がついに解禁です。
ただ笑うためだけの会。



【日時】
11月19日の土曜日
17:00~21:00

【場所】
池袋 ホーホーハウス 28階
パーティールーム
(来たいという方に詳しい場所をお教えします)

【参加費】
1000円(アルコール、軽食、場所代)

【プログラム】
「ど素人によるすべらなぁーい話」
「厳選すべらなぁーいyoutube動画上映会」
「feeling コンビ&コント」など未定w

みんなを楽しませたくてうずうずしてるそこの君!
君のためにあるような企画(笑)

ただ笑いたいだけの観客での参加も歓迎!
笑ってくれる君がいないと始まらない(笑)

【問い合わせ】
しばけんまで
09096702832

もし来られないという人は
こちらでお楽しみいただけるかもしれません。
僕のオススメ面白動画
http://shibaken612.blogspot.com/2011/11/blog-post_10.html

「めぐりの森」植林

昨日は神奈川県湘南国際村の「めぐりの森」というところで植林してきました。300人で3000本。

NPO goodday のイベント。いつも楽しみです。

CO2削減、貯水、生物多様性…森林の効果を上げればキリがありません。

何より森林って気持ちがいい。

山積みの社会問題を
楽しく目の前から少しずつ解決していきたいですね。

僕のインターン先のHITOTOWAの荒さん(NPO GoodDayの代表でもある)のブログ読んでから書いたらなんか文章がちょっと似てるw?
http://hitotowa.jp/

囲炉裏のある生活「農ライフタウン」




千葉県鴨川の
「農ライフタウン」
http://noulife.com/blog/archives/1151
というところに行ってきました。

古民家で全くの素人が米や野菜を作って生活をしてます。



「こんな生活してみたいな。」
と思っていたまんまの生活をしている人。やっと会いに行けました。

ガスを引いていないので、暖房も料理も火をおこしてるんです。

火の力ってすごい。

身体の芯から暖まるような熱。

なんだか落ち着く小さな火。

気持ちが高ぶる大きな火。

闇を照らす。

飽きの来ない炎のゆらめき…

何よりも囲炉裏で料理すると100倍、美味しいのだ。



ほっけ

ししゃも

ご飯

ソーセージ
バームクーヘン
ナッツ
柿の種(笑)…

おいしすぎる食事。
火のある生活の喜び。
大切な仲間との時間。

深い幸せに包まれて言葉の数が減った。このシンプルな喜びに難しい言葉はいらない。


うまい。ヤバい。幸せ。


また行きたい。

P.S
ここのオーナーのマサーヤンが運営している
農のある暮らしを提案するウェブマガジン
「nou life style」

2011年11月3日木曜日

塩羊羹

添加物の入っていないお菓子を探すのってけっこう大変な今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

友達のましゃが、無添加の塩羊羹を買って持ってきてくれました。

これが美味しいのなんのって。

僕があんこが大好きなのは皆さんご存知の方もいるかも知れませんが、本当に大好きです(笑)

甘さ控えめで塩もほんのりきいてます。甘すぎないからたくさん食べられちゃいます。(甘くてもどんどん食べちゃいますけど)

羊羹はどうやって固まってると思いますか?

寒天です。

って知ってますねw
寒天が多いと煉羊羹
寒天が少なくて柔らかいのが水羊羹という。
寒天の量で名前が変わるんですね。


「ましゃ。いつも美味しいをありがとう!」

名古屋 学生ボランティア団体「リフードア」

名古屋に「リフードア」という学生団体がある。

名古屋にいる時は2度ほど通わせてもらったが一旦終了していた。
それがまた復活したらしい。
名古屋の人は是非行ってみて!

ブログも内部事情全然知らなくても楽しめるクオリティーの高さ。

以下プロフィールより。
http://profile.ameba.jp/refoodoor/


名古屋の学生が運営する期間限定のチャリティカフェです。
飲食店や生産段階で捨てられるはずの食材を使い、私たちが美味しい料理に蘇らせます。
お値段設定はお客様がご自由に決めて頂けます。
料理の売り上げは全額、東北復興支援に当てます。

@なごやかふぇ こころひとつ
愛知県名古屋市中区大須1-7-5 アクセス175 1F
交通手段 地下鉄鶴舞線 大須観音4番出口から徒歩2分
営業日 火、水、金、土曜日
営業時間 11時30~14時30分

大人会でロックアップへ。

「大人会」とは
子どもの宿泊学習に引率した指導員でボランティアした大人(学生)同士で集まる会のこと。

一緒に一週間子どもと格闘した仲間に会うのはやっぱり楽しみ。

池袋に「ロックアップ」というお化け屋敷の要素を取り入れた居酒屋がある。

みんなその店に行ったことがないみたいだったので、みんなを驚かせてやろうと思ってそのお店にした。

料理にボリュームあるし、カクテルも面白いのがいろいろあって、時々お店が暗くなってモンスターが来たりしてみんなも、楽しんでくれたからよかった。

モンスター本当に怖いよ!

俺はびっくりしすぎて、膝をぶつけて負傷したっていうオチ(笑)

俺は海でも山でも墓でも一人で野宿したりできる自信あるけど、お化け屋敷とかホラー映画とかは全然ダメ。

まぁ、たあいもない話をして、笑いまくってたら3時間があっという間に過ぎて、最後は楽しくプリクラ撮って帰りました。
今度はもっと落ち着けるところにしよう。

ロックアップ行きたい人は一緒に行きましょう!…って言いたいところなんだけど。俺は飲みすぎか、怖すぎてか知らないけど途中からちょっと気持ち悪くなっちゃったから、当分はいいです(笑)

2011年11月2日水曜日

TPPに早く参加表明をしてもルール作りには参加できない。

環太平洋連携協定(TPP)交渉について、米通商代表部(USTR)の高官が、日本の参加を認めるには米政府・議会の非公式な事前協議が必要で、参加決定に時間がかかるため「受け入れが困難になりつつある」との認識を示していたことが、日本政府の内部文書で分かった。正式協議を合わせると米議会の参加承認を得るのには半年間程度が必要な見込みで、早期参加表明しても来夏にまとまる予定のルール策定作業に実質的に加われない可能性も出てきた。

 日本に有利な条件を得るため早い参加が必要、というTPP推進派の主張の前提条件が崩れかねない状況だ…

東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011110290070328.html

TPPに急いで参加表明したって、ルール作りは一緒にさせてもらえないことがこれで明らかになっている。TPPは関税だけの問題じゃない。TPPで規制緩和させられる分野は多岐にわたる。僕たちの食べ物の安全性、医療制度、雇用問題、公共事業…国内での議論が足りていないというか「全くされていない」に近い状況で急ぐ必要は全くない…。

アメリカの機嫌取りのために急ぐ必要はそもそもないのだ。
国益を考えれば、拙速だと言わざるを得ない。

サルでもわかるTPP
http://shibaken612.blogspot.com/2011/10/tpptpp.html

「自由」僕の僕による僕のための日記【過去日記】

表現し続けよう。
ブログは俺のキャンバスだ。

2009年10月の日記。
大学では人間関係に悩んでいた時期があった。

そんな俺もかわいいw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自由にやるよー
いや、今までもずっと自由であったのに
何かに縛られてるかのように感じていたのは
勝手な僕だー

そうなんだ。

枠を壊すぞー
ちょっとずつ
何回か続けたい

「やればできる。」

意味がわからないかもしれません。
つまらないかもしれません。

まぁ大目に見てくらはい

何が言いたいかって
僕は自由なんだ。

僕が自由に生きていく中で、
君に与えてしまう僕の印象は
僕には自由にすることはできなくて、

自由にできない
君に与えてしまう僕の印象は

やはりまた
君の自由なのであって

何が言いたいかって
僕も君も自由なんだ。

そうなんだー

過去の俺を見て、俺の全てを知ってるかのようなことを言うじゃねーぞー。
ましてや俺の未来は今、俺のこの手の中にあるんだ!!
うぉーーー
やりたいこと全部やってやるんだ。俺は自由だぁーーーー。

大丈夫。あいつがもし本当にお前を嫌ってるとしても、お前がお前のことを嫌いになる必要はないんだかんねー。嫌いになりたいやつには自由にそうさせておけばいいのさー。あいつはどうせお前の自由にならないんだから。

大丈夫。お前が何をしたって、何もしなくたって、俺はお前を嫌いになったりしないから。大丈夫。こう勝手にお前のことを思うのも俺の自由だから許してねー。

…今日大学でコンドルズのライブを初めて見てこんなこと思った。
超最高だった。僕の枠を1つまた壊してくれた気がする。

でもなんかノリきれなかった。なんか大学の友達の前だと遠慮しちゃうんだ。
えっと
俺も周りをかなり気にしてるじゃんw
なんかみんなと関わりたいように関われてないのも
ちょっとずつ改善できればいいなー

一応友達に向けて書いたのに
読み返したら自分にも当てはまっちゃってびっくり

まぁ何にしても
これからもきっといろんなモノが俺の常識を
ぶっ壊してくれるんだろーなー
俺も誰かの常識を
ぶっ壊せたらいいなぁ

それがすごい楽しみ。
めっちゃワクワクするぜー

はい。おしまい。
いつもありがとう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

樽詰ギネス

たまには美味しい本物のビールを飲みたい!


時々
一人、
一杯のビール
を目指して飲みに出かけたりします。

その日の一杯は
「樽詰ギネス」アイルランドの有名なビール。

本物のギネス。

普通のビールは炭酸ガスのみですが、
樽詰ギネスは、窒素ガスと炭酸ガスの混合ガスを使用してるそうです。

そんな樽詰ギネス。

もう、とにかく泡が最高です。こんななめらかできめの細かい泡は初めて。

僕はビールの泡が特に好きな泡人間なのですが完全にやられました。うますぎます(笑)

一杯500円の価値…あり。

樽詰めギネスについてはこちら
http://www.bar-noi.com/blog/archives/256

「いのちの林檎」11月2日上映会 明治学院大学 

よさそうなの発見!!

化学物質過敏症を救った
無農薬の自然栽培の「奇跡の林檎」


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

「いのちの林檎」上映会やります!!



明治学院大学の学祭で上映会を開催します!!

ブログでの告知遅れました。。。

11月2日です!!

明治学院大学、白金校舎3101教室にて

13:00より開催します!!(12:30より開場)

学生無料/一般1000円

監督・プロデューサー他、CSの有識者によるパネルディスカッションもあります!

ぜひぜひご参加ください!!

[当日の流れ]

12:30 開場          

13:00-13:10 主催者のあいさつ

13:10-15:10 上映(120分)  

15:30-17:30 講演会            

藤澤勇夫監督・馬場民子プロデューサー

相根昭典 氏(天然住宅代表)      

村田知章 氏(真鶴町町会議員)     

紹介元
http://changethecampusctc.blogspot.com/2011/10/blog-post_13.html

Yahoo!きっずに、お世話になっている農家さんが!




Yahoo!きっずに、お世話になっている農家さんが紹介されていますー!

埼玉県 入間郡 無肥料 無農薬 自然栽培 明石農園さん!

http://meta.yahoo-streaming.jp/webevents/yahoo/kids/syokuiku/ch201110_1m.asx

埼玉県 富士見市 無肥料 無農薬 自然栽培 渋谷農園さん! 
http://meta.yahoo-streaming.jp/webevents/yahoo/kids/syokuiku/ch201109_1m.asx

どちらも援農者(ボランティア)の受け入れをしてくださっています。

もし行きたいという方いらっしゃったら一緒にお邪魔させていただきましょう!

2011年11月1日火曜日

京都のちりめん山椒

とってもおいしかったので、ご飯に混ぜておにぎりにして友達にも召し上がってもらいました。

評判もいい感じで、嬉しい。

いつものことですが
着色料や保存料などの添加物の入っていないものを基本的には選んでます。


やっぱり山椒のしびれる辛さも好きだなぁ。

最近は、わさびも美味しいと思えるようになったし、少しずつ「辛さ」という、大人の美味さを感じられる年頃になって来たかもしれないなぁ(笑)

でもなんだかんだ言って、甘口カレー、サビ抜き寿司の方が好きだけどね!

2009年に考えていた旅の企画書 テーマは「伝統工芸」②【過去日記】

懐かしき大学時代の企画書。
ログとしてアップしておきます。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
企画書って感じではないけど、思いは入りました。

伝統工芸の取材を1週間から2週間に増やしました。
そこでインプットしたものをその地域でアウトプットする報告会やワークショップをしたいと思っています。

ワークショップでは元日本代表の中田英寿さんとコラボレーションしたいと考えています。
今スポンサーの方に交渉してもらっています。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
伝統工芸を体験しながら日本縦断

 私、大芝健太郎は3年間にわたって、日本の伝統工芸を巡りながら「地元大好き!きっかけづくり」の旅に出ます。

○「地元大好き!きっかけづくり」
 みなさーん!突然ですが、「地元は好きですか?」僕は地元が好きじゃありません。嘘です。今は地元をめちゃくちゃ愛しています。でも昔は好きじゃなかったです。それは本当です。「知名度」「歴史」「便利さ」…ないものを求めるばかりで、地元に劣等感を持っていました。そのくせ、他の町を見ても、「この町、名前は良く聞くけど何もないじゃん」とか「歴史なんて興味ないぜー」とか「便利だけど住みたくないなー」と思ったりしていました。自分の町も愛せない。他の町も愛せない。

 でも何かの「きっかけ」で地元を好きになり始めるとひがみではなく、隣町の素敵なところがいっぱい受け入れられるようになってきたんです。「どっちの町の方が歴史が古い」とか「うちの町の方が交通事故が少ない」とか町ごとに競争してるようなことはどうでも良くて、どっちの歴史も素敵だし、交通事故を減らそうと頑張っている人が素敵だと思う。そして、いつの間にか面白い歴史があったり、素敵な人がいる隣町も好きになる。隣の隣の町も好きになる。そうやって広がっていくと今度はそんな素敵な町の集まった自分の住んでいる都道府県が好きになってくる。今度は自然に他の都道府県の素晴らしいところが見えてくる。さらに広がって日本が好きになる。

 地元好きがいつの間にか「日本っていいね」という気持ちにもなっていったのです。「愛国心」という言葉がありますが「国を愛せよ」という号令のもとで教えられたものではなく、自分の内側から湧いてくる「日本っていいね」という感覚。この「日本っていいね」という感覚は「地元好き」がきっかけでした。その「地元好き」のきっかけづくりを僕はやりたいと思ったのです。

「みなさん地元は好きですか?」

○きっかけはどうやって作るの?
 まず、自分の町を知るということが、自分の町を好きになる、誇りに思うきっかけになると思うのです。

 私は、埼玉県東松山市という伝統もない田舎の不自然に整備された住宅地の一角に住んでいます。高校までは自分の住んでいる町が好きではありませんでした。「東松山ってどんなところ?」と聞かれる度に、答えられない自分の町にどこか劣等感を感じていました。

 しかし、ある日友達が「動物園あるよね」と言ってくれたんです。うちの裏には県営の大きな動物園があるのです。動物の鳴き声が聞こえるような近さで、遊ぶところがなくて友達や家族とよく行っていました。私の町の子どもたちにとっては当り前の遊び場所の動物園が、「遠足で行った!」「家族で行った!」などと埼玉の共通の話題になると知ったのです。

 他にも「小中学校が休みになってみんなで歩くスリーデーマーチという大会がある」という話をすると、それもまた友達は驚きました。どこでもあると思っていた「歩く大会」はなんと、世界で3番目の規模の国際ウォーキング大会だったのです。

 単純ですが、自分の町についていろんな人の共通の話題になったり、驚かれたりすると嬉しくなってまた話したくなる。そんなことを繰り返すうちに不思議と自分の町のことを段々好きになってきたんです。

 自分たちの町では「当り前」だと思っていたことが、外の人からは「時間やお金をかけてでも体験したい」ことだったというのはよくあることだと思うのです。よそ者、バカ者、若者の僕がその地域では「当たり前」だと思っているような素敵な物の再発見するようなきっかけを作ります。テーマは「伝統工芸」です。

○どうして伝統工芸なの?
 よくぞ聞いてくれました。地域文化の最たるものが伝統工芸だと思ったのです。伝統工芸とは、地域の原材料を使い、地域の気候に合ったものを、地域の人の手を通して作られる、100年以上その地域に根付いたものだからです。だから「地域好き」のきっかけとして伝統工芸を選びました。

○そもそも僕は伝統工芸が好き!
 「見たい!」「知りたい!」「触りたい!」100年以上続く産業というものはどんなものなのだろうか?「モノには物語がある」と思うんです。物語を知るとそのモノを使っていて幸せになるんです。ただのモノではなくなるんですよね。豊かさってなんでしょうか?大量生産、大量消費もいいと思うんです。でも人間の手作りの、地域に根付いた材料で、時間をかけてつくられたモノにこそ、僕は豊かさを感じるのです。

 身の回りにあるものにどれだけの愛着を持って接しているでしょうか?別に使い捨てだっていいと思いますよ。でも大切な「1つ」を持つ。という喜びもいろんな人に感じてほしいのです。値段が張るかもしれません。でもそのモノは「時間、手間、愛情、技術、自然、歴史、気候」が最終的に「人間の手」によって融合させられた「モノ語」の主人公だと思うんです。そんな主人公たちを僕は一人ひとり(一つ一つ)丁寧に取材したいんです!

 そしてその感じた良さをまず地元の人に伝えたい。別に偉そうなことを言うつもりはありません。外から来た僕がその地域の伝統工芸を「素晴らしい」と思った!素直な気持ちを伝えたいと思っています。そしてその気持ちがうまく伝わるようなワークショップや報告会を企画したいと思います。

○どのように伝統芸能をめぐるのか?
 2010年4月に埼玉を出発し3年間かけて南の方から歩いて日本一周していきます。海上はフェリーで移動します。伝統的工芸品が210(平成20年8月現在)ある中の各都道府県1つずつ選びます。そして1つの伝統工芸につき2週間にわたって、住み込みで伝統工芸の取材、体験、手伝いを伝統工芸士の方と寝食を共にさせてもらいながら、体験したことや感想などをブログやメルマガでアップしていきます。

 そして、最後の週末に地域の人へ向けた報告会、ワークショップ等を企画します。例えば「和紙」で子どもと一緒に紙芝居をつくったり。提灯に好きな絵を描いてもらったりなどを予定しています。どのように集客するかというと、2週間のうちに、地域の小中学校、ラジオや新聞、役所の広報課に営業しに行きます。また元日本代表の中田英寿さんにも「revalue NIPPON」の一環としてワークショップに来てもらうことを予定しています。
http://journey.nakata.net/jal2.html

 一週間で次の伝統工芸士のところへ移動します。このように3週間で1つずつ周っていくことになります。

○どんな影響を与えることができるのか
 ・日本の素晴らしい工芸品や地域文化を再発見する
 ・「地元好き」のきっかけにする
 ・伝統工芸の売り上げに貢献する
 ・伝統工芸士の跡継ぎ探しをする
 ・伝統工芸品の過去の価値ではなく、今現在の価値を伝える
 ・マスメディアではない生の声で伝統工芸を宣伝することができる
 ・伝統工芸に新鮮な風(感想、意見、人材)を送る
 ・1つのモノを大切にする喜びを伝える
 ・報告会やワークショップを通じて地域の人々の交流のきっかけをつくる

○これからの予定
スポンサーの「メイドインジャパンプロジェクト」http://mijp.jp/とのミーティング
カメラの購入
「岐阜提灯」でプレワークショップ
文章能力向上のためメール、Mixi、メルマガで絵文字、顔文字、記号(★、♪等)を使わないようにする
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

岡山の新米頂きました。

いつも岡山の植林でお世話になっている末国さんからです。山の一番上の一番養分のある水で育った無農薬のお米です。

ありがとうございます。

もうすぐ、福岡のお米も届く予定です。
楽しみ!

お米が美味しいとなんでも美味しい