2012年8月31日金曜日

パリのお土産

パリに行ってきた友達からのお土産。

写真ぶれちゃってごめん。

一つずつ色も味も違う。さすがパリ。おしゃれだよね。

柑橘系のいろんな香り。

ありがとう。

ファミレスバーミヤン。

ファミレスにはめったに入らないんだけれど、友達と一緒だったから久しぶりにバーミヤンへ。

豆乳タンタン麺。
めっちゃうまかった。

夏はやっぱり味の濃いぃやつが食べたい。

今なんか、めちゃくちゃ屋台のラーメンとか食べたい気分だけど、断食中だから食べられないっていう。

蜂の巣発見。

茂木の家の軒先でせっせとハチ達が巣を作っていました。

初めて見た。

ヒッチハイク。





僕は行き先を書いたスケッチブックを持って
親指を立てる。

名前も年齢もわからないどこかの誰かの車に乗せてもらおうとしている。

知らない人の車に乗るというのはリスクを伴う。
しかし乗せる方にはもっと大きなリスクがある。

そのヒッチハイクする側の小さなリスクのために、
ヒッチハイクをする人口が減っていると聞く。
しかし大きなリスクを裏腹に、たくさんの方が乗せてくれる。
トラックの運転手さん、家族連れ、カップル、学生、
営業帰りのサラリーマン、定年退職後の人など千差万別だ。

皆さんとても親切で、乗せてくださるだけでなく、
ご飯をご馳走してくださったりすることも少なくない。

どうやって恩返ししたら良いのか。
自分が車に乗っていたら、
乗せてあげるのはもちろんなのだけれど、
お礼に何かを渡そうとしても、
受け取ってもらえないことが多い。

他に僕にできることは何か。
清潔な格好で臨む。
乗せてもらう前に、きちんと名前を伝える。

乗せてもらったら、運転手さんに合わせて、
エンターテイナーになったり、話の聞き役になる。

そして降ろしてもらったら
丁寧にお礼を述べて、見えなくなるまでお見送りする。

乗せて下さった方に
「この子を乗せてあげてよかった」
と、喜んでもらえるようでありたい。

乗車中の話もとってもおもしろい。
「26歳の時、何をしていましたか?」と質問する。
するとその人の、人生の哲学が飛び出す。

初対面で、何の利害関係のない、そして
また会えるかわからないという一期一会の関係で
「やりたいことをやった方がいいよ。」
「正直が一番。」
「きちんと親孝行しなよ。」
と語ってくれる。
「ファームステイをしたい」と僕がちょっと相談したら、
乗せてくださった方がカナダのファームステイ先を
紹介してくれて、実際に滞在させてもらったりもした。

お互いのスベらない話や、
下ネタ合戦みたいなバカ話を延々とする時もあるけれど、
不思議とヒッチハイクで出会う人たちから
その時の自分にぴったりの情報や、
アドバイスをいただく事が多い。

ヒッチハイクはただ「お金をかけずに移動する」ということではない。
お金を払っても得ることのできない驚きと喜び、偶然と呼ぶにはあまりにも運命的すぎる出会いがあるのだ。

さぁ次はどこに出かけようか。
どんな人に出会えるだろうか。




水口農場のすいか

 
おいしそうでしょ?
昨日まで栃木県茂木で僕らで植えた田んぼの草刈りをしてきました。
このすいかは休憩時間にみんなで食べたすいか。
前にも少し紹介させてもらった
有機農家の水口さんちのすいかです。
水口農場
http://www.mizuguchi-farm.com/index.html
ありえない皮の薄さ、そしてみずみずしさ。

のどが渇いていたことも相まってか
人生で一番おいしいすいかでした。
完食!
皮も塩を付けて食べたりしたけど
皮はあんまりおいしくなかった。
その後、すいかの皮を切って重ねていく。
どこまでできるか。

 
なかなか難しい。
けど、ここにある皮をすべて乗せられたら完成ということに決めた。

 
そして、完成!

 
って何やってんだ俺。
さて、
9月23日にはみんなで植えた田んぼの稲刈りをします。
僕は仕事で長野に行って、別の田んぼの稲刈りしてます。
残念…
だけど超オススメのトトロとか出てきそうな
場所だからぜひ遊びに行ってみて!
詳細はまた後日。
告知PV作ってみました!



2012年8月30日木曜日

花開かば…

花開かば
蝶おのずから来たり。

遊んでいるように見えて

遊んでいるように見えて、遊んでいない。

byひろくん。

じゃがいもを乾燥させています。

2012年8月28日火曜日

一つ一つは小さな存在だが、集まると原発を止めかねない。

今日の新潟日報の転載
元記事はこちらから
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/



盆を過ぎるとクラゲに刺されるよ。幼いころ言われたものだ。幸い刺されたことはないが、旧友いわく「電気が走る」感覚を体験した方も多いだろう
▼漢字で書くと「海月」や「水母」。ピリピリの元凶とは思えぬ優雅な文字面である。古事記にも「久羅下」の名で登場する。人とのつきあいは長い。透き通った体で海中をぷかぷか漂う姿を眺めるとストレス解消に効果があるとの学説もある
▼山形県鶴岡市の加茂水族館は、展示するクラゲの種類で世界一を誇る。ギネスに認定された。ほの暗い館内で青白い光が水槽を照らす。水中に再現される小宇宙を「クラネタリウム」とは言い得て妙である。夏休みには行列ができた
▼加茂水族館が脚光を浴びたきっかけは、人寄せにと12年前に開いた「クラゲを食べる会」だった。酢の物によし、あえ物によし。漁師の嫌われ者、エチゼンクラゲを調理したのが話題になった
▼一方、煮ても焼いても食えない厄介者もいる。東京電力柏崎刈羽原発では1999年、大量発生したミズクラゲが取水口をふさぎ、発電出力が一斉に下がった。一つ一つは小さな存在だが、集まると原発を止めかねない。骨なしの侮れない底力だ
▼柏崎刈羽原発の再稼働は是か非か。県民投票で決める条例を請求する署名が4万人を超え、投票に一歩近づいた。実現すれば県民一人一人が意思表明する機会 となる。小さな声でも束ねたら大きな力だ。クラゲの比ではない。為政者はどう出るか。民意を見誤るといつか痛い一刺しが待っている。お忘れなく。

新潟日報2012年8月28日



単なる世論調査ではなく、だれの責任で原発を動かすのか。
メリットもデメリットも抱える新潟県民の一人一人の投票によって
原発をどうするか決めたい。決めてほしいと思っています。

「県民投票を直接請求」静岡知事、賛成へ。

新潟日報一面です。

静岡の川勝知事も賛成の意見を付けて条例案を議会に提出します。

これで静岡県議会の、可決、修正可決で、県民投票の実施が決まります。

静岡県は自民党が過半数以上を占める。自民党をいかに攻略するかが鍵。武器は集まった署名の数。

新潟県民投票のことも書いてあります。

けれどもそこに「署名簿を9月3日に一斉提出」とありますが、西蒲区の署名を続ける可能性もあります。

西蒲区の署名を続ける場合、

西蒲区のみ


10月22日~11月3日(予定)の13日間、署名活動が再開されます。

そして西蒲区はその後の提出となりますので
よろしくお願いします。


詳しくはこちら
http://ng311.info/

海を臨む海岸

砂浜を歩く。

なるべく足跡のないところを歩きたい。

2012年8月26日日曜日

キャンプ行ってきました

埼玉県飯能市名栗。

子ども達15人。

決まっているのは、消灯時間のみ。

何時に起きても良い。何をしてもいいし、何を食べても良い。

川遊び、ダム作り、飛び込み、釣り、魚突き。

子ども達は自分達で何を食べるか考えて買い物をして、火を起こして、料理をする。


カレーは水が多すぎだし、ハンバーグは固まらないし。だけど飯盒で作るご飯はこの子達はなれてるからかとってもおいしく炊けてる。

ダム作りや釣りなど大人が教える遊びもあれば、

子ども達から遊びを教わることもたくさん。石を投げたり、おもしろいポーズで飛び込んだり、自然や見えているものからの遊びへの発想がおもしろい。

少し黒くなって、
少し若返って、
少し太って、
帰ってきました。

2012年8月22日水曜日

子どもキャンプ引率

大人隊は野菜多すぎ焼きそば

2012年8月16日木曜日

新潟日報「足元の活動に目を向けて」


8月11日の「新潟日報」さんの記事

「原発のリスクと利益を実感として知る県民が「3・11」という体験をどうとらえ、将来像を描くのか。新潟の選択に対する関心は高い」

政府や、電力会社の「安全宣言」を
東京電力、原発爆発後も信じて
リスクに目をつぶりながら走り続けるのか。

原発国民投票に向けてのアクションも広がってきていますが
今、住民投票を行える具体的で、確実な一手。

これが、新潟原発県民投票です。

8月16日現在

22,865筆

法廷署名数は40000筆なので、
50000筆は必要です。
あと6日間しかありません。

これから、署名簿が続々と返ってくるだろうことが予想されますので
この数字に絶望することはありませんし、


新潟市西蒲区での署名を12日残していることはありますが、

この最後の6日間が勝負なのは間違いありません。




新潟県民の方
新潟県に知り合いがいるという方。

問い合わせは
事務局 025-211-4848
or
僕へ 090967602832

新潟再来。

今回もヒッチハイクで新潟まで連れて来て頂きました。

写真は高坂から、越後川口まで乗せてくださった小林さん。

その後は、家族連れのなんと目的地の白山駅まで連れて来て下さいました。

ありがとうございます。
17日まで新潟県民投票のお手伝いをしてます。


iPadから送信

2012年8月13日月曜日

「違いを超えてつながる~33万人に広がった原発都民投票のメッセージ~」

原発都民投票について受けたインタビュー記事が発行されます。8月15日発売の月刊「市民運動」389号です。

赤坂事務所スタッフだった、どっきょと、山田桃子さんと3人の記事です。
「違いを超えてつながる~33万人に広がった原発都民投票のメッセージ~」

よろしくお願いします。

2012年8月12日日曜日

下山しました。

甲府のNHKにて。

富士山!

ミズガキ山の鷹見岩から見る富士山。

ミズガキ山!

鷹見岩から見るミズガキ山山頂!

2012年8月11日土曜日

フルーツティー

富士見平小屋ではフルーツティーが飲めます。

紅茶に、リンゴとキウイとレモンが入ってます。

昨日は大切な人たちに手紙を書いた。きっと喜んでもらえると思う。

2012年8月9日木曜日

僕はTPPに反対です。

富士見平小屋の夕ご飯。

24時間以上煮込んだスペアリブと低温で茹でた鹿肉。モツの味噌汁。デザートに桃のコンポート。
もはやこれは山小屋のご飯ではない。山のレストランだ。

電車もない。駐車場もない。車や自転車の通れる最寄りの公道から歩いて一時間。

電気はないけど、ランプがあるよ。水道はないけど、湧き水はあるよ。電波はないけど、それがまた良かったりするよ。

いかが?

2012年8月8日水曜日

アサンテサーナカフェ

恵比寿にある有名なオーガニックレストラン。

アサンテサーナ。

今日は写真だけ。

家に帰ったら、URLとか貼り付けますね。

バスのパンク

「早く山から降りたい」と言っていた人が、やっと帰れるという時に来たバスのタイヤがパンクしていた。

しばし山に、足止め。

バスのパンクを初めて見た。人生何が起こるかわからない。

だからおもしろい。

富士見平小屋

富士見平小屋。
ミズガキ山山頂へ2時間で登れる標高2012mのところにこの小屋はある。

昔ながらの、面倒見が良くて優しくて厳しいご主人がいる。

近くから湧き出る水で作ったオーガニックコーヒーはすっきりとした美味しさ。

富士見平という名前の通り、この小屋からはキレイに富士山が見える。



また来たい。
また来よう。

携帯から解像度の高い写真のアップの仕方がわかった。

今回のアップは
そのテストでもある。

2012年8月7日火曜日

今日のミズガキ山

夕焼けがきれいでした。明日は朝焼けを撮影します。

おやすみなさい。

2012年8月6日月曜日

原発都民投票への差し入れ。

原発都民投票への差し入れ。本当にたくさん頂きました。ここに載せてるのは携帯で撮影したわずかです。

皆様ありがとうございました。

全廃パン。

おもしろいパン屋さんがあるんですね。

他にも
「反核」とかそういったメッセージの入ったパンとかもあるそうです。

原発都民投票をやっていた時のいただきものでどこにあるお店だったかな…

徳島産鳴門金時

おいしそうな焼き芋には目がありません。

鳴門金時。
照り輝く金色の芋。

しっとり甘い。

焼き芋なのにスイートポテトかのようなサツマイモでした。

2012年8月4日土曜日

居酒屋炙縁

池袋にある居酒屋炙縁はビールにこんな風に、絵を描いてくれます。僕の似顔絵(というかメガネ)とかも描いてくれます(笑)

2012年8月3日金曜日

おいらの似顔絵

友達が描いてくれた
おいらの似顔絵!

かわいい!(笑)


ふーかちゃんありがとーお。

2012年8月2日木曜日

スパイダーマン現る!

と思ったら、俺や!

あさぎまだら

キレイなちょうちょ発見!

2012年8月1日水曜日

ミズガキ山に来てます。

すいません。山の電波状況でなかなかブログアップできずにすいません(泣)

山梨県で毎日尋常じゃない量の汗をかきながら仕事してます。

1日の仕事が終わってからのビールが、最高に美味い。