2013年8月27日火曜日

ウルズラスラーデックさん。



映画「シェーナウの想い」のウルズラ・スラーデックさんにお会いしてお話を聞かせて頂きました。

アポなしだったので、アポをとろうと思ってシェーナウ電力会社の事務所に行き
「スラーデック夫人に会いたいのですが…」
と言うと、受付の人から
「日本人?シュミットさんからお話は聞いていますよ。ハイデルベルクから自転車で来てるのよね。」
と言われ
「…今、スラーデック夫人を呼びました。間もなく来ますよ。」
と。心の準備もままらないまま、ご本人がいらっしゃって


「コーヒーがいい?紅茶がいい?」と。
それから「あんまり時間がないけど…」と前置きをした後
いろんな話を聞かせて下さいました。

僕はドイツでの国民投票、日本での「原発」国民投票について質問しました。
スラーデックさんは
「国レベルでは難しいでしょう。私たちは2度の住民投票で、たくさんの、たっくさんの人と話をしました。それを国レベルでやるのは非常に難しい。ましてや日本のような人口の多い国では、もっと難しいでしょう。賛成派はお金をたくさん使える。そして広告などをたくさん出し、その影響がとても大きい。それに対して反対派には資金が少ない。住民投票より国民投票の方がはるかに難しいでしょう。」

そこで僕は
「難しくても、もし仮に負けるかもしれなくても、
その過程で原発への関心が高まり議論が深まる。
これこそ民主主義だと思うのですが。」と言うと。

「もちろんそうね。やっちゃいけない理由はないわ。」

それから福島の汚染水のこと。
自民党が大勝したこと。
日本は原発の電気がそもそも必要ないこと。
被曝はチェルノブイリのようにこれから先にどんどん現れてくること。
…など、日本のことをとても心配して気にかけて下さっていました。

そして、たくさんのいろんな資料を頂きました。
それをちゃんと読んで、また半年後の冬に来ることを約束して別れました。

最後にスラーデック夫人は
「次はアポをとってね。もうちょっとゆっくり話しましょう。」
と優しく微笑みながら言って下さいました。


☆参考資料
原子力に反対する100個の十分な理由(日本語版)

http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf



2013年8月25日日曜日

夢のシェーナウに着きました。

映画「シェーナウの想い」で有名なシェーナウについにたどり着きました。

すでに何人かの取材を終えたので、少しずつアップしていきたいと思います。

2013年8月22日木曜日

学校の前に三泊!

学校は夏休みで誰も使っていないので、使わせてもらってます。
こんな素敵な軒下を空けておくのはとてももったいない。

単焦点レンズ

カシャミちゃんが治療を終えて戻ってきて単焦点レンズをついに買ったんだけど、

使いこなすのマジでムズイ。
ズームがないから、手元で調節できなくて
いい構図を求めて、近づいたり下がったり…

でも暗いところでこういう写真が撮れるのは嬉しい。

あー幸せ。
いつの間にかカメラの魅力にとりつかれている。

2013年8月19日月曜日

ありがとうございます10万PV

「しばけんの100%ブログ」が10万アクセスを超えていました。

偏に読者の皆様のおかげです。
そもそも日本の自給率を100%にしたいと思い開設したブログ。
放射能汚染もあり一筋縄では行きませんが、これからもよろしくお願いします。

2013年8月18日日曜日

旅中

南ドイツのSchwartswald(黒い森)を自転車で走りまくっています。

なかなかブログを更新できなくてすいません。
なかなか Wifi をつなげるところが少なくて。

そしてカメラが故障中なので、画像の荒い写真ですいません。

ブレーキが壊れて死ぬかと思いましたが生きていますので、ご心配なく。

夢のフライブルク、シェーナウへ。

2013年8月5日月曜日

モッツァレラトマトバジル!

モッツァレラチーズが安売りしてたので、買ってきた。
育てているバジルを摘んで、Bioのトマトを切って、
そして…普通はバルサミコ酢とオリーブオイルをかけるところですが、
醤油とごま油をかけて、頂きました。
アジア人だなぁやっぱり。

午前中から買い物に行って、料理できるなんて最高!

あぁ美味しかった。

お父さんお母さんが遊びに来てくれた

お父さんお母さんが遊びに来てくれた。
先週の水曜日のことだ。
親戚のおじさんとおばさんと一緒に。

ドイツツアーの途中で、数時間しか会えなかったけど、嬉しかったなぁ。
家族と会う喜びってどこからきてるんだろう。

いつも一緒にいるのが当たり前だったけど、離れて暮らすようになって愛おしくなって、
でも東京と名古屋だから会おうと思えばいつでも会えると思ってたけど、
今はドイツと日本で、会いたいと思っても簡単に会えない。

おじいちゃんとおばあちゃんも、ドイツには来てないけど僕のことを思ってくれてる。
僕にはいつも「ここではないどこか」に飛び出したい衝動があって、いつも心配ばかりかけてるけど、こんな僕を愛してくれている家族と親族がいることに改めて喜びを感じ、感謝したいと思います。

日本のお菓子やら、カップ麺をたくさん持って来てもらいました。
ハイデルベルクのみんな、一緒に食べましょう。

meine eltern sind aus japan gekommen.
wir haben immer zusammen wohnen.
aber wir wohnen jetzt nicht andere stadt.

meine familie haben viele japanisch essen gebracht.
ruf mich an bitte.
ich möchte zusammen essen.

2013年8月3日土曜日

ショーシャンクの空に

みんながすごいイイって言うので、
すごい期待をして見たんですが、僕の中では、うーんでした。
でもカメラワークがきれいだったなぁ。


星三つ ★★★☆☆

ハッピーエンドで幸せになれたので、良いとしましょう。

希望と根気。
これさえあれば、どこにいても道は開ける。



http://www.youtube.com/watch?v=6hB3S9bIaco&feature=youtube_gdata_player

晴れの日はカメラを持って、ただ散歩をしたい。

いつの間にか、こんなにもカメラを愛していた。

最初は、文章を補助するものとして、買ったつもりでいたのに。
いい写真が撮れると何か書きたくなるような、今はそんな気持ちです。

カメラが壊れてから、シャッターを押したい瞬間に幾度も出会いました。

当たり前だったことができなくなったことで、
いかに今まで自分が幸せだったかがわかるという愚かな気づきがありました。

新しいカメラを買うか、修理に出すか迷いました。

修理は高いし、新品には保険が付く。

どのカメラ屋さんに行ってもそう言われました。
ドイツでは、使えるものは長く大事に使うと聞いていたので、
少しショックを受けました。

でもフィルムカメラを主に扱う、小さなカメラ屋さんでは、
拙い僕のドイツ語をよく聞いてくれて、
カメラの電源が入らない原因を一緒に考えてくれました。
このお店で直してもらうことにしました。


僕のカメラはのeos kiss x3です。
名前は何度も登場していますが「カシャミちゃん」と言います。

最後に撮った写真がこれ。
早く戻ってきて欲しいなぁ。

一緒に夏のハイデルベルクと、ドイツを旅したいです。

2013年8月2日金曜日

僕のやってるドイツ語はこんな感じです(笑)


part 2 もどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=1YQAYEmwBvs&feature=youtube_gdata_player

part3には適当な日本語も登場(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=hDWw_0deJ3c&feature=youtube_gdata_player