2014年1月9日木曜日

日本と、ドイツのクリスマス、大晦日、新年の過ごし方 Unterschied zwischen Deutschland und Japan an Weihnacht, Silvester und Neujahr.

日本と、ドイツのクリスマス、大晦日、新年の過ごし方

 

Unterschied zwischen Deutschland und Japan an Weihnacht, Silvester und Neujahr.

Ich habe auf Deutsch ganz unter geschrieben. Kock mal J

 

クリスマス

ドイツはクリスマス4週間前から日曜日にはロウソクをともしたり、クッキーやケーキを焼いて、クリスマスカードを書いたりして準備をします。子どもたちは、アドベントカレンダーと呼ばれる入ったお菓子の入ったカレンダーをもらいます。毎日、子どもたちはお菓子を少しずつ食べながら、24日が来るのを楽しみにしています。また、126日は聖ニコラウスの日です。子どもたちは前日の夜、長靴をきれいに磨いて、玄関の前に置いておきます。するとよい子には聖ニコラウスが来て夜中にチョコやクッキーなどのお菓子を入れてくれます。24日、夕方には家族みんなが集まって一緒にご飯を食べます。子どもたちはそこで、クリスマスプレゼントをもらうことができます。その後、教会に行きます。25日は祝日なので教会から戻った後も、家族とゆっくりと過ごします。教会は鐘をたくさん鳴らします。

 

日本ではクリスマスは恋人や友達と過ごす人が多いです。晩にはローストした鶏肉などがよく食べられます。ケンタッキーに行く人も多いです。ワインや、シャンパンなどを飲む人も多いです。夜はイルミネーションを見に行きます。大通りや、公園、テーマパークなどがクリスマス用に美しくライトアップされます。その後、カップルは「ラブホテル」という日本の独特なホテルに行きます。そのホテルはカップルが愛し合うためのホテルです。駅の近くや、インターチェンジの近くの交通に便利なところに建てられています。部屋ごとにいろんな特徴があります。ピンクを貴重にしたかわいらしい部屋や、アジアのリゾート気分を味わえる部屋まであります。クリスマスは、どこのラブホテルも値段が高いですが、それでも満室になってしまいます。

 

年末

ドイツでは1月、2月までクリスマスの装飾が残っているところも珍しくありません。しかし、日本では、クリスマスが終わるとすぐにクリスマス用の装飾を片付けてしまいます。年が明けるまでに片付けないと少し恥ずかしい思いをします。また、新年に向けて年賀状を書いたり、年に一度の家中をきれいに掃除する「大掃除」も年末に行います。また忘年会という「その年にあったことを、忘れよう!」というパーティーもたくさん行われます。

 

大晦日、新年。

ドイツでは、大晦日はとてもにぎやかです。友達やパートナーと一緒にクラブや、花火や爆竹などを使って盛大にお祝いをします。大通りから小さな通りまでいっせいに個々人の花火が打ち上げられます。車はクラクションや音楽を鳴らして走り回り、本当ににぎやかな年末、年明けです。日本では、大晦日は家族や、親戚と過ごすことが多いです。大晦日にはそばという日本の麺類を食べます。そして、こたつに入ってみかんを食べながら紅白歌合戦を見ます。お寺では鐘を108回打ちます。遠くの寺からの金の音が聞こえるほど、ドイツに比べて静かな大晦日です。

 

元日

ドイツでは大晦日に思いっきり騒いで、元日は疲れきって寝て過ごすようです。お店もお休みです。

 

日本では、お正月は新年の挨拶をした後、「おせち料理」という新年の特別な料理を食べます。どんな料理かは地域によって大きな違いがあります。僕は「栗きんとん」という、栗を煮て裏ごしして、甘く味付けした料理が好きです。それと「ぞうに」というお餅の入ったスープを食べます。子どもたちは「お年玉」と呼ばれる現金の贈り物を保護者や親戚からもらえます。僕もそろそろ、いい年なので甥や、姪にお年玉をあげなくてはなりません。新年の料理を食べた後、私たちは神社にお参りに行きます。そこで、「おみくじ」というその年の吉凶を占う紙を買います。

「あなたは今年、結婚できます」

「あなたは今年、健康に気をつけたほうがいいです。」

「あなたは今年、仕事がうまくいきます」

などということが書いてあります。でもこれをまともに信じる人はほとんどいません。

 

Weihnachten!

Ich möchte euch heute die japanische Weihnacht, Silvester und das Neujahr vorstellen.

In Deutschland verbringen viele Leute Weihnachten mit der Familie.

Das ist eine ruhige und besinnliche Zeit.

In Japan hingegen verbringen viele Leute Weihnachten mit ihren Partnern oder Freunden.

Wir essen etwas Besonderes oder zu KFC.

Viele gehen extra in die Stadt um sich die Beleuchtung anzusehen.

Die Straßen, Häuser, Gebäude und Parks sind festlich beleuchtet.

In Japan gibt es besondere Hotels, Die „Love Hotel" heißen.

In diesen Hotels können Paare Liebe machen.

An Weihnachten sind „Love Hotels" teuer und voll.

In Japan werden schon am 26. Dez fast alle Weihnachts-Beleuchtungen und Dekorationen abgehängt, weil es für uns peinlich ist, wenn man Weihnachtssachen bis Neujahr hängen hat.

Außerdem müssen wir alles für Silvester vorbereiten.

Zum Beispiel schreiben wir Neujahrkarte, und putzen Ganzen Haus.

 

Silvester!

In Deutschland verbringen die Leute Silvester mit ihren Partner oder ihren Freunden mit viel Feuerwerk.

In Japan verbringen die Leute Silvester mit ihren Familien und Verwandten.

Wir essen zusammen Japanische Nudeln, während im Fernseher ein besonderes Musikprogram ansehen.

Bis Mitternacht schlägt Glocke 108 Mal.

Im Wergleich zu Weihnachten ist Silvester ruhig.

Danach folgt Neujahr.

 

NeuJahr in Japan!

Ein typisches Essen ist Fisch oder Suppe mit Reiskuchen und süße Bohnen.

Normalerweise wird von den Eltern und Verwandten den Kindern „Otoshidama" gegeben.

„Otoshidama" ist ein Geld-Geschenk.

Da ich schon 27 Jahre alt bin, sollte ich meinen Nichten und Neffen ein „Otoshidama" schenken.

Nach dem Neujahres Essen gehen wir zum Beten in den Schrein.

Danach kaufen wir eine Vorhersehung für das kommende Jahr.

Sie zeigt einem ob das kommende Jahr gut oder schlecht wird.

Kaum einer glaubt daran, aber es gehört zum Neujahrs Procedere.