2014年1月18日土曜日

民主主義的に考えて原発って ぶっちゃけどうなの?Viel Leute möchten den Atomausstieg aber?





In Deutschland gibt es viel leute gegen Atomkraftwerke.

Deswegen deutsche Regierung hat sich den Atomausstieg entschieden.


In Japan auch viel leute möchten den Atomausstieg.
aber trotzdem japanische Regierung immer noch möchten des Atomkraftwerke benutzen.



ドイツのベルリンで行われた去年11月3日の住民投票。
原発を擁するバッテンファル電力会社に事業委託をやめて、
ベルリン市民が電力網を買い戻して再生可能エネルギー100%にするというテーマでした。
結果、83% が賛成しました。
結局、絶対得票率にいたらずでしたが、ベルリン市民の意思は示されました。

ドイツはこのような原発に反対する住民投票や、デモで意思表示がされ、
マスコミもそれを報じ、政府や地方自治体もその方向に向かっています。

逆に、ブルガリアは国民投票の結果、原発賛成の声が多く、
ブルガリア北部のコズロデュイに原発増設される見込みです。

民主主義って何でしょうか?

日本は国民の意識と、議員の決定に差異がないでしょうか?

スイスで、11月24日に行われた国民投票で、
議員の決定した、「高速道路の料金値上げ」について、
国民から、反対の声が多く上がり、国民投票にかけられ、
反対が多数を占め、一度決まった法案が破棄されました。

日本で反対の声が多く上がっている、原発、秘密保護法など、
議員の決定は絶対でしょうか?

国民の意識と議員の決定に差異があるとき僕らはどうすればいいのでしょうか?

しょうがないじゃ済ませられない。
選挙だけでは民主主義は完結しません。

国民の意見が反映されていなければ
本当の民主主義とはいえないはずです。

今の日本に必要なのは住民投票や、国民投票などの住民投票だと思います。

明日と、明後日このような話をしたいと思います。
もしお時間あったら、聞きにきてください。

http://shibaken612.blogspot.de/2014/01/3.html