2014年3月31日月曜日

矢部会!ありがとうございました。Ich habe erstemal in Japan über Deutschland und Demokratie gesprochen.



Ich habe erstemal in Japan über Deutschland und Demokratie gesprochen.
Viele Leute mochten hören, was ich in Deutschland mit Freundin gespieren habe.
Aber ich habe das nicht gesprochen haha :)

Ich spreche am 19.April und 26.April in Tokio wieder über Deutschland.
Ich soll Artickel bis 10.April über Schönau im Schwarzwald schreiben.

ich freue mich über diese große Schonce.
Ich spreche gerne ueber meine träume Land Deutschland.

日本に帰ってきて初めて、
ドイツやヨーロッパで勉強してきたことについて
お話をさせていただきました。

「世界の女性について話してほしい!」
という熱烈な会場の世論を無視して(笑
「時には原発の話をしようか」というテーマで極めて真面目な話をしました。

僕は、この「民主主義」と「原発」をテーマにした話が大好きなのですが、
このように誰かに話すときには「なるべくわかりやすく」ということを念頭に置きます。
30分という時間設定だったのもあり、すこし複雑な話はこちらから僕からしづらいのです。

しかし、話している途中で、いろいろ質問してもらえたので、
(特にブルガリア国民投票の話など)より立体的な話をさせてもらえて嬉しかったです。
参加者に友達が多かったというのもありますが、あんなに話しやすい場は初めてでした。
結局1時間くらいになっちゃいました。

主催は矢部寛明さんで僕の人生をいい意味でも悪い意味でも変えてしまった友達です笑
彼自身めちゃくちゃ活動的でおもしろいのですが、
ブログ参照→「人生がギャグ」 http://hiroakiyabe.wordpress.com/
彼の周りに集まる人たちも、本当に個性的な人ばっかりで、
「俺もおもしろいこと、思いっきりやろう!」って思わせてくれます。
高知から来ていた参加者の大地君が、
高知で話の場を作ってくれるそうなので、大好きな四国にまた乗り込みたいと思います。


本当にありがとうございました。

次は4月19日に下北沢で「ドイツの脱原発に至った経緯」について、

4月26日には全国町村会館(東京)で「ヨーロッパの民主主義について」お話しさせていただきます。
http://shibaken612.blogspot.jp/2014/03/426ich-spreche-ueber-ergibnis-von.html

2014年3月28日金曜日

ドイツの報道から見る日本の恥ずかしさ。ZDF hat eine lustige Kurzgeschichte über Fukushima gezeigt.

ZDF hat eine lustige Kurzgeschichte über Fukushima gezeigt. 
Ich bin beschaemt ueber Japanische Regierung.


ドイツのNHKのような存在の
ZDFやARDでフクシマのこと、秘密保護法のことなどで取り上げられています。

僕はこんな風に報道される日本が本当に恥ずかしいです。


「FDP」と言って盛り上がっているのをちょっと解説すると
FDPは Freie Demokratische Partei の略でドイツの自由民主党です。
ドイツの中道右派で新自由主義的な立場の政党である。
昨年の総選挙では大敗している。







安倍さんのように口だけではなく、
本当にフクシマが「管理下」におかれ、
ジャーナリストが自由に取材をし発表できるように
なる社会になることを切望し、
そのために活動していきたいと思います。


2014年3月27日木曜日

ブルガリアでのアンケートをまとめています。


ich war in Bulgaria.
ich habe Umfrage ueber Volksabstimmung gemacht.

腰が痛いのと、花粉症がひどいのはちょっとしんどいけど、
時間があるっていうのは本当に嬉しい。

ブルガリアでの国民投票のアンケートをまとめています。


2014年3月26日水曜日

大きな3つの無駄が僕をコンビニから遠ざけている。 Ich moechte nicht KONBINI gehen.



Als ich noch ein Kind war, bin ich oft ins KONBINI gegangen. KONBINI ist ein typisches, japanisches Geschäft. Obwohl das Geschäft sehr klein ist, kann man dort viele Sachen kaufen. Das ist zwar praktisch, aber es ist teuer und die Qualität ist schlecht. Deswegen gehe ich dort gar nicht mehr einkaufen.



昔は一枚一枚レシートをとって保管していました。
そしたら出てくる、でてくる、コンビニのレシートが。
昔はコンビニに、よくお世話になっていたようです。

いいところもある。
トイレを貸してくれる。
コピー機や公衆電話とかあって便利(今、携帯ないので)
でも僕はもうコンビニでは買わない。

理由は3つ

○無駄の多い商品
保存料やら、着色料やらが入っている商品が多く並べられており、
「保存料、着色料、無添加!」などと宣伝していても化学調味料が入っていたり、
なるべくそういう添加物などを食べないようにしている僕にとって、
コンビニでは食べたいと思うものを見つけるのは今や一苦労です。

個包装、使い捨ての容器、箸、袋等

○無駄の多い店舗

無駄に清潔だし。
まぁそれはいいとして。

24時間営業はムムムです。
便利だけど、それだけ夜に休むことができない人を増やしているのが、コンビニの店舗である。
しなくてもいい夜の労働を増やしてしまっている。

深夜に店が閉まっていても、
事前に準備しておいたり、
何かで代用したり、
朝まで待つこともできるだろう。

無駄に夜の休息時間を奪われているのではないかと思う。

○無駄に高い価格

身体に不必要な添加物、
売れないであろう大量の仕入れ代、
そしてそれらを捨てるゴミ処理代、
客がいなくても照らされる電気、
深夜の労働者への賃金、
無料で配られる箸やビニール袋、
そしてそんな無駄の多いコンビニをさらに広げて行くための
本部(セブンイレブンなど)への上納金(ロイヤリティー)も含まれるわけですね。

これらの無駄が全部価格に上乗せされて払わされるということなんです。

逆に僕はこんなところが好きです。

生活クラブ
生協の一つ。添加物や農薬の使用を極力減らした、安心な食材を提供しています。
放射能の基準も国の基準より厳しく設定されています。
http://www.seikatsuclub.coop/

無印良品
無駄が嫌いな僕はシンプルなMUJIへ。
http://www.muji.net/

地域密着のお店
コンビニなどが台頭する前は、
個人商店でいろいろ扱っていてそれなりになんでも揃っていて、
十分便利でした。夜はちゃんと閉まるし、無駄なフランチャイズ料はかかっていません。
その代わりにここに貼れるリンクもありません笑

別に値段が高いのはいいんです。
大事なのは、なぜ高いのか、なのです。


2014年3月25日火曜日

過去との対話 ich spreche mit alte mir.


中学時代から貯めていた膨大な数の新聞や雑誌の切り抜きを、
読んでファイリングするか捨てるかの作業。

小学校教育→伝統工芸→有機農業→反原発→民主主義
と興味が変化していった軌跡が見えてとってもおもしろい。

そして、27歳までほとんど本を読まずに生きてきてしまったと思い、
後悔めいたものをしていたけど、
こうして過去のストック(切ってダンボールにいれただけ)を見ると、
新聞はよく読んでいたようだし、大学在学中も卒論のために読んでいたようである。
読んでいたことは忘れているからしょうがないのだが。

でもこのストックは過去の僕が、
未来の僕、つまり今の僕のために、
と思って貯めていたもの。

天野祐吉さんのコラムが好きだったらしくきれいに切り抜かれて、
よくストックされていた。

時を経て、2011年に僕は原発国民投票の市民運動に関わるようになる。
そこで、天野祐吉さんが会の賛同人になってくださっていることを知った。

天野さんは将来、そんな風に背中を押してくれる人だよ
って過去の僕に教えてあげたい。

2014年3月21日金曜日

「闇の子供たち」批評



映画「闇の子供たち」を見ました。
おもしろいっていう内容ではないと思うんだけどさ。
啓発になってるのかな?
宮崎あおいちゃんはかわいかったけど、
彼女の情熱がなぜあぁまでなのかわからなくて、引いちゃう。
最後も納得いかない。
純粋なドキュメンタリーの方が僕は響くけどそれはきっと難しいんだろうね。

一応この映画を賞賛しているコメントも載せておきます↓
http://movie.maeda-y.com/movie/01152.htm


「引っ越しします」日記 2014.3.21 Tagebuch 





Das Bild habe ich auf der Hauptstraße in Heidelberg aufgenommen. Dieses Buchgeschäft ist sehr bekannt in Heidelberg. Es gibt dort wirklich viele und schöne Bücher. Gestern habe ich einen Freund besucht. 
Er hat mich zu sich eingeladen und wir haben uns über Deutschland unterhalten.


写真はハイデルベルクの有名な古本屋さんです

読みたかった本を読み漁っているここ最近です。

明日の夜中、
故郷の埼玉に引っ越します。

埼玉のみなさんよろしくお願いします。

親が名古屋に来てから4年がたつらしいですが、
僕は、東京やドイツなどにいることが多かったので
ドイツに行く前から合計しても多分1か月くらいしか、
名古屋にはいなかったと思います。
なんだか、両親がいるのに実家にいるような気がしなくて、
なんかいつも「お邪魔します」みたいな感じでした。
どこに何があるかさっぱりわからないし、
ちょっとした旅行先という感じでした。
名古屋を案内してって言われても、
名古屋城にすらガイドブックか何かなければ、
いけないでしょう。


でも素敵な友達に会っています。

昨日はひっさしぶりに東京にいた時の友達のかっちゃん(高木克彦君)に会った。
彼は今、名古屋でシェアハウスを運営している。

ビールとか日本酒とかをふるまってくれて、
「原発」国民投票の話とか、ドイツの住民投票の話とかを
させてもらいました。

かっちゃんは前は「取締役社長」なんて肩書を聞いて、
失礼だけど、なんだか板についていない感じがしたけど笑

昨日は、前に会った時より洗練されているというか、
シュッとした感じがして、びっくりした。

ってか、いつもみんなでバカな話しかしてないから、
こうやって真面目に話をしたのが初めてだったからかもしれない。
なんか普通にかっこいいなっておもった。
悔しいけど、僕がドイツでビール飲んでる間にみんなすげー進化してる。

彼のシェアハウスをちょっと宣伝。


住んでる人も個性的で、自分の価値観しっかり持ってて、
まだまだ話したりなかったわ。アメリカ人もいてちょっとびっくりした笑

「誰の人生を生きるか」
自分の幸せをとことん見つめていくと、
環境とか、周りの人に振り回されずに、
自分の人生を生きることができる。

環境や、周りの人の影響はもちろん大きいけど、
自分の人生や幸せは自分で決めたい。

シェアハウスの個性的なみんなと話している中で
僕はこんなことを考えていました。


今まではこういう、
誰に会ったとか、どんなことしたとか、日記的な日常はおもしろくないと思って
なるべく書かないようにしようと思ったんですが、
友達のブログを読んでいて、個人的なことこそ!おもしろいような気が、
最近してきたので、ちょっと日々の日常的なことも書いていこうと思います。


2014年3月20日木曜日

ビュッフェレストラン 「白鳥物語」  

ich habe ein Restauran besucht.

おすすめ!スローフード ビュッフェ と、
なんだか、矛盾の共存したおいしいお店です笑

http://shiratorimonogatari.jp/

2014年3月19日水曜日

服装と髪型にこだわらない僕の3つの譲れない理由 Ich interesiere michnicht fuer Fashion, weil...




僕は、服装や髪型にこだわりがない。
理由が3つ。

「めんどくさい」
僕にとって
服の着こなしは僕にとってあまり重要ではない。
髪型もそんなに重要ではない。
着こなしを考えたり、
髪型を整える時間があったら
1ページ本を読み進め、
10秒ストレッチをしたい。

「出来る限り自然な姿でありたい」
とは言っても服は着るし、買う。
その時は、そのものの物語を大事にする。
例えば、オーガニックコットン、ハンドメイド、フェアトレードすれば、
それを好んで買ったりする。NPOの支援などのために購入することもある。
でもその着こなしにはあまり興味がない。
寒すぎず、暑すぎず、動きやすいということが最も重要。
髪をいい感じに切ってもらうのはすごい嬉しいけど、
染めたり、何か整髪料をつけることにも、とても抵抗がある。 
それが自然ではないと思うから。

服にはこだわりがあるけど、服装にはこだわりがない。
髪にはこだわりがあるけど、髪型にはこだわりがない。


「外見以外が問われる」
服のセンスが悪くたって、
髪型がぼさぼさだって、
おもしろい人の話はやっぱりおもしろいのだ。
ファッションを研究したり、
髪型を綺麗にするのが好きな人はそうしたらいいと思う。
僕は写真を撮ったり、こうやって文章を書いたり、
話したりするのが好きなので、
服装や髪型ではなく、そういうことにこだわっていきたいと思う。


ドイツ語 auf Deutch. In German.

Ich interesiere mich nicht fuer Fashion.
aber ich mag Kleidung.

ich trage als ich kann moeglich aus biologisch-dynamisch Baumwolle.

Ich habe nicht so viel Kleidung.
aber ich schone Meinekleidung.

Ich interesiere mic nicht fuer Frisur.
aber ich freue mich sehr was meine Haar geschnitten lassen.

Ich benutze garnicht Haarwachs.
eigentlich das ist egal fuer mich.
das ist naehe von Natur ich denke.


Eigene Leute moegen wie das.
das ist auch schoen.

aber ich mag Fussball spieren Artickel schreiben und Foto machen.
Ich benutze Zeit fuer diese Dinge.


2014年3月18日火曜日

Cro Whatever 日本語訳 auf Japanisch




Ich mag Cro sehr.

Viel Deutsche Lied wuerde schon uebergesetzt.

aber Das Lied ist noch nicht.

deswegen Ich habe uebergesetzt mit Freunden.

Special Thanks Ibuki, Laura, Jonathan, Jens ... etc





今、ドイツで注目されてるパンダマスクをかぶった歌手Cro

彼の曲の中で一番大好きな歌がまだ邦訳されていなかったので
訳を付けてみました。





CRO Whatever

今週はマジで 人生最悪

いっそ寝てた方がましかも

どうせやることもないし

別に全部が くそみたいなもんだし

こんなふざけたことってある?

気づいたときには 財布は空だし

彼女には浮気されるし

Uuah, Whatever!


# サビ
Bye (Bye) 俺は自由だ

もう家に 戻りたくない

これからのことなんて ぶっちゃけどうでもいい

グラスを片手に 俺は叫ぶ


なぁお前 鏡の中の奴に つぶやいた

俺はお前 以外いらない

二人ならきっと うまくいく

俺にはお前がいるし お前には俺がいる

もしもどっちか いなくなったら

それは金だか どこかのオンナの せいだろう

とにかく自由だ(自由だ)

いつまで俺は 寝てるんだ

引きこもるのは もうやめた

ナイキの靴に 飛び込んで

空に向かって ひとり叫ぶ

怖いものは 何もない

クラブに入った瞬間 永遠の時間(とき)が動き出す

土曜の夜 だからだんだん 目が冴える

最初の一杯 俺のおごりだ

どうした? Cro 見ろよ これが俺の世界だ

趣味は えっと こづいたり 足をかけたり

ソファーの上で ゴロゴロすること

時には一人で 時にはオンナと

やっぱり俺は クラブにいる そう 家にたどりついてない

日が昇るまで 騒ぐつもりだ

Yeah!

# サビ

目を覚まして 見回したけど

ここがどこだか わからない

家中オンナで あふれているし

みんなすっかり 寝ちまってる

ズボンはボロボロ 車もオシャカ

まずは ジム(Jimbeam)入りの コーヒー淹れて

座って アプリ(Whatsapp)にあいさつ

俺はここ 生きてるみたい

すぐにお前のとこ行くよ

OK もし誰か

今夜なんかあるのを 知ってたら

とにかく連絡くれよ

だってそういう気分なんだ だから家には帰らない

問題なんて 安いワインで まぁ解決

一口くれ もう一口 もう一口 もう一口

OK いい感じ

さぁ くれ くれ くれ 俺にビール

飲んで 飲んで 飲んで 飲みまくる

おまえんとこの 帽子をかぶったガキ

ウイスキーかっぱらって逃げたぞ

# サビ



2014年3月14日金曜日

贈り物 Geschenk!


誰に届くでしょうか :)

wer bekommt das :)

2014年3月13日木曜日

震災から3年経って考える、今後3年間。 wie geht es mir? nicht so gut.

Ich habe Kreuzschmerzen und Heuschnupfen.
Ich kann nicht Sport.
Mein name ist KENTARO.
Der Name bedeutet gesunder staerker Man.
aber ich bin jetzt sehr schwach.


ドイツで我慢していた腰痛が、日本に帰ってきて激痛に変わり、
ここのところ、自宅で療養中であります。

それに花粉症にもやられっぱなしで、
くしゃみと鼻水が止まらず、目もかゆい。

「竜馬がゆく」を読み進めています。

竜馬は焦らず、天運(時勢)を待ちました。

僕は竜馬ではありませんが、
僕も今の状況でできることを少しずつ行っていきたいと思っています。

やっぱり健康が第一。
体調が良い時も無理しないように。
今日のことを忘れないようにしなきゃ。

いつ身体が動かなくなってしまうかわからない。
それこそ、いつ死ぬかもわからない。

最近何度も言っていますけど、自転車で世界中を走り回りたい。
あと3年経てば僕も30になります。30になる前には出発したい。
特に30歳に意味はないけど。

そのために、仲間を集めて、計画を立てて、英語を身につけて、
そしてどうお金を工面していくかを考えていくつもりです。

僕は頭に浮かんだ妄想をすぐ、誰かに話してしまう。

そしてそのしゃべったことををいつも実践できるわけじゃない、
実践できていないことの方が多いかもしれない。

でもこれが、今日の今の僕の正直な気持ちなので、
その気持ちは、ここで表しておこうと思います。

3.11を機に「生きる」ってことを考える。

何している時に生きている感じがするかっていうと
知らない場所を自転車のペダルをこいでるときなんです。
僕ってそうやって生きていきたいみたいなんです。


さて、来月には故郷の埼玉に帰って、
東京のおじいちゃんとおばあちゃんの介護を手伝いながら、
ドイツやヨーロッパの民主主義や、原発についての考え方を
日本のいろんなところに出かけて行ってお話しさせていただきたいと思っています。
原発のこと、民主主義のこと、世界のこの問題を解決しなければ
誰でも生きたい世の中を生きるのが難しくなってしまう。

そう、僕のように自転車で旅をしたいと思っても、
原発が動いていたり、公正な民主主義国家でないような軍事政権になっていたり、
多様性を排除したり、言論統制が行われたりする国は、
自転車で旅するには恐ろしいと思うわけです。

ただ純粋に生きたい。
っていうそういう気持ちで、ずっといます。
そしてそのためには、よくばりですが、
自転車も脱原発も本当の民主主義も外せないんです。

2014年3月11日火曜日

4月26日ヨーロッパ滞在の成果を全てお話しさせていただきます。Ich spreche ueber Ergibnis von Deutschland.




Ich spreche ueber Ergibnis von Deutschland.
Halbes Stunden habe ich zu sprechen.

Ich soll viel machen zu schaffen.
aber ich freue mich sehr, weil ich war in Deutschland wegen wie diese Event!!




尊敬するジャーナリストの今井一さんから声をかけていただきまして、
パネルディスカッションの前座を務めさせていただくことになりました。

かつて、都民投票のイベントで、
ゲストとしてお呼びした社会学者の宮台真司さん、
http://shibaken612.blogspot.jp/2012/02/blog-post_21.html

そして、わが故郷、埼玉県で住民投票を行い
一躍有名なった北本市市長の石津賢治市長。
埼玉に帰ったらインタビューに伺おうと考えていたところでした。

そして長野県佐久市の2010年に行われた住民投票時の
市長の柳田清二さん。

そうそうたる方たちの前で、
ひえーな感じですが頑張りたいと思います。


以下詳細↓


パネルディスカッション

住民投票の新しい波
New wave 2014

と き:4月26日(土)14時〜17時
ところ:全国町村会館 第1会議室

「原発」「基地」「産廃」「ダム」・・・、かつては反対派が「最終の武器」として実施を求め、推進派の首長や議会の多数派がそれを拒むというパターンが多かった住民投票。だが、近年、反対派ではない首長、議員がすすんで住民投票の実施を提案し、執行する新しいパターンが出現。

彼ら(首長、議員)はなぜ住民投票を肯定し活用したのか。

「反対派の武器」から「市民自治のツール」として広がる可能性をもち始めた住民投票について、当事者を交え語り合います。



パネリスト
石津賢治(埼玉県北本市長)
市費によるJR新駅建設の賛否を問う住民投票を提案、執行。

柳田清二(長野県佐久市長)
合併特例債による豪華な文化会館建設の住民投票を提案、執行。

宮台真司(社会学者、首都大学教授)
「原発」都民投票条例の制定を求める直接請求代表人

大芝健太郎(ジャーナリスト)
スイス、ブルガリアの国民投票やベルリンの住民投票などを現地取材

14:00〜 大芝氏の特別報告
14:30〜 パネルディスカッション

主催[国民投票/住民投票]情報室
参加費:¥1,500(定員40人)
申込はEメールまたはFAX
TEL 080-3866-3037
FAX 06-6751-7345
E-Mail : ref@clock.ocn.ne.jp
URL : http://ref-info.net/

全国町村会館

東京都千代田区永田町1-11-35

■地下鉄■
有楽町線・半蔵門線・南北線
「永田町駅」3番出口徒歩1分

丸ノ内線・銀座線
「赤坂見附駅」徒歩8分

3.11から今日までの3年間。 3Jahre verging nach dem 3.11

Ich war am 11.3.2014 in Taiwan.
Folgentag am 12.3. wuerde ich von Orner der Hotel.
Orner hat mir gesagt "Du musst fernsehen jetzt!"

Ich habe gesehen und ich konnte nicht sagen.

danach bin ich nach Japan Zurueck geflogen.
aber ich habe nicht gewusst was sollte ich machen.

dann ist Atomkatastrophe passiert.

Ich bin Demonstration ueber Atomausstieg teilgenommen.
aber japanische Regierung hat gesagt "wir benutzen wieder nur sicher Atomkraftwerk..."

Deutschland hat sich fuer Atomausstieg entschieden.
Ich wollte unbedingt nach Deutschland fliegen.

deswegen ich war in Detuschland letzte Jahr.

Jetzt bin ich in Japan zurueck.
und ich spreche ueber Deutschland und Deutsche Atomausstieg.

Ich will Atomausstieg in Japan machen wie Deutshcland.
das ist nicht einfach aber, ich denke das ist am wichtigsten fuer mich und ganzen Welt.




「生きる」っていうことを考えたときに。

食べ物さえどうにかすれば生きていける。
と思っていた。そう思っていた。
日本の自給率をなんとしても100%にしたいと思っていた。

しかし、

3年前の今日、地震が起こり、原発が爆発した。
半永久的に耕作できない農地ができてしまった。
海にまで放射性物質がばらまかれた。
福島浜通りの知り合いの蜂蜜農家も移住を余儀なくされた。

3年もたった今も、
その高濃度の放射性物質が含まれている水は今も、
海に流され続けている。

NHKの震災の特集を見た。
原発の被害額、現時点だけで11兆1600億円。
もしこれだけのお金が、原発事故の補てんではなく、
被災地の復興に使われていたらどうなっていただろうか。

原発事故による放射能がなかったら故郷を離れずに済んだ人がいただろうか。

原発さえなければ…という話をしてもしょうがない。

原発事故の後、生きるために一番大切なものが、
「食べ物」から「脱原発」に変わった。
原発がある限り、人、農地、植物の種が常に危険にさらされていることになる。

僕は原発による、さらなる悲劇はなんとしても避けたい。
しかし、政府は「安全」が確認された原発の再稼働を急いでいるという状況だ。

原発事故以降、デモに参加したり、中部電力に直談判をしたり、
「原発」都民投票、「原発」国民投票 を求める運動に参加したが、
当時の議員は市民の声に耳を傾けようとしてくれなかった。

事故が起こる前から危険性が指摘されていた日本の原発が、
その指摘通りに地震と津波により事故が起きてし待ったにもかかわらず、
日本政府はまだ原発を再稼働させることに必死だった。

そんな中、日本の原発事故をきっかけに、
次々と脱原発を決めていくヨーロッパを見て、
なんとも歯がゆく、日本政府を恥ずかしく思った。
どうして日本の議員は「原発再稼働に反対」という国民の民意を聞き入れないのだろうか。

日本という国に嫌気がさし、僕はドイツにわたった。
そして、ドイツを中心にヨーロッパの民主主義と原発の現状を目の当たりにしてきた。
国民投票や住民投票で示される国民の一人ひとりの意思と責任。
それに付随した情報公開と、専門家を招いた一般市民からの質疑応答。
間接民主主義の上にあぐらをかいて、原発の問題を議員に任せっきりにするのではなく、
直接民主主義を通じて、一人ひとりが原発のことについての未来を選択することの必要性を改めて強く感じた。

原発事故以降。
原発に懐疑的な人が日本では多数派である。

2014年3月9日づけの東京新聞によると、
「原子力規制委員会で安全性を確認した原発を再稼働させる安倍政権の方針に対し、賛成は40%、反対は54%だった。賛成の理由は「電力不足が心配」が50%で最多。反対は「安全対策が不十分」が47%だった。
 原発の今後に関しては「即時ゼロ」「段階的に減らし、将来はゼロ」を合わせた脱原発派が69%を占めた。「段階的に減らすが、一定の比率は維持」「震災前の比率にする」などの容認・推進派は29%だった。」
引用元
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014030902000128.html

原発国民投票を行っても反対派が上回るとは限らない。
賛成派が上回り、日本政府が国民投票の結果を楯に堂々と再稼働するかもしれない。
僕は、再稼働には反対だが国民投票の結果は尊重したい。

そして、もし反対派が上回った暁には政府はその結果を尊重し、
原発の稼働をあきらめるべきである。主権者である国民が下した決断なのだから。

夢だった日本リヤカーの旅をあきらめて、
原発と民主主義をテーマに据えて飛び回った3年間だった。
懐かしのリヤカーの旅計画↓
http://shibaken612.blogspot.jp/2010/12/47.html


「生きる」ためにやっぱり生きたい。
これからの3年間についても書こうと思ったんですが、
長くなったのでまた今度書きます。

被災地には2011年に行ったきりだ。
友達もいる。今年はどうなっても必ずまた訪ねようと思う。




黙祷


2014年3月9日日曜日

【途中】「竜馬がゆく」を読んでます。

Ich lese diese Tages viele Bücher.
"Ryoma ga yuku" ist für mich am Besten.
Das Buch wird von Shiba Ryotaro geschrieben.

ドイツにいた時に日本の本を読みたくて読みたくて仕方ありませんでした。
とりあえず、手当たり次第に読みまくってるんですが、
やっぱり「竜馬がゆく」がしびれるほどおもしろい。

全部読んだらまた感想書きます。
ドイツまとめとかの文章も続けてますが、
日本語の力が足りないことを日々痛感していて、
おもしろい本をとにかく読み漁ろうと思います。

いろんな本を紹介してくださる人もいて、
嬉しいです。少しずつ読んでいます。
ありがとうございます。

引き続き、オススメの本、
映画等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。


2014年3月7日金曜日

日本の選挙制度は欠陥だらけな気がする。ドイツの選挙制度との比較してみた。Ich denke deutsche Wahlen System ist besser als Japans.



Das ist Wahlzettel, du weisst :)
Deutsche Wahlen System ist viel demokratischer als Japans.
des Wegen LDP in Japan letzte Jahr gewonnen hat.
Ich moechte aendern.
Diese scheisse System.
Unsere system ist schwer um die oeffenliche Meinung auszudruecken.  

写真はドイツの投票用紙。
政党名や、候補者の名前を書くのではなく、あらかじめ印刷されている場所に
「×」印を書き込むタイプである。
左側が小選挙区で地域の議員を選ぶ。
右側が全国区の比例代表で政党を選ぶ。


ドイツの選挙制度

ドイツの議会制度は連邦議会(下院)と、連邦参議院(上院)に分かれている。
日本でいう衆議院がドイツの連邦議会にあたる。今日は日本とドイツの国の方向性を決める大事な議員を決める「衆議院議員選挙」と「連邦議会選挙」の仕組みについて、比べていきたい。

日本とドイツの大きな違いが3つある。
それは「供託金」「選挙年齢」そして「選挙制度」だ。

一つ目は供託金。
日本には供託金というシステムがあり、衆議院選挙の場合、小選挙区に立候補するのに300万円、比例区で立候補するには600万円を国に預けなければならない。選挙活動資金とは別に、である。供託金は一定の得票があれば返還されるのだが、これはお金を持っている人しかそもそも立候補できない仕組みになってしまっている。供託金は売名や、選挙妨害を防ぐために設けられたものだが、これは参政権への侵害である。自由な被選挙権は選挙権とともにあらゆる有権者に平等に与えられなければならない。収入の差が政治参加の差につながってはならない。
一方ドイツには供託金がない。そのためか立候補する政党も実に多い。去年2013年9月に行われた選挙では、実に25の政党が候補者を出している。日本は「新党乱立」と言われた前回の2012年の衆議院選挙でもドイツの半分以下の12の政党が候補者を擁立した限りである。

二つ目は選挙年齢。
日本の被選挙権は25歳から、そして選挙権は昨今、国民投票法改正の協議で選挙権を20歳から18歳に引き下げる協議が行われているが長らく日本は20歳からと定められている。
ドイツは選挙権、被選挙権ともに18歳以降から認められている。
日本は、ただでさえ高齢化が進み有権者の平均年齢が上がっており、若い人未来を担う人の意見が反映されづらいという現状がある。この状況を打開できるのが投票年齢の引き下げである。さらに被選挙権は25歳以降となっており、こちらもまた参政権を妨げることになってしまっている。参政権への門戸を開き、多様な選択肢から選ばせるというのが本来の民主主義の形である。ドイツのように18歳に引き下げられれば、今までより2年早く投票に参加することができ、有権者の平均年齢も下がる。筆者は投票権は義務教育が終わる16歳からでもよいのではないかと考えている。

3つ目は選挙制度である。

日本とドイツでは投票制度がちがう。
ドイツは小選挙区比例代表併用制だが、日本は小選挙区比例代表並立制。
この二つの選挙制、名前は似ている。どちらも、小選挙区と、比例で2項目投票することになる。しかしその集計結果の使われ方が違うのだ。
ドイツは簡単に言うと、比例の結果をもとに政党の割合が決まる。それに加えて、小選挙区で1位になった人は議員になれるという仕組みである。そのため議員定数を上回ることもしばしばある。また阻止条項という制度があり、小党乱立を防ぐために比例で5%以上獲得するか、小選挙区で3人以上議席を取らなければならないという条項がある。これにより、比例代表制で起こりやすい小党乱立によるリスクも軽減される。

実際ドイツの前回の選挙の結果がどうだったかと言えば、

比例代表制の得票率と議席占有率↓
党派  比例得票率 議席占有率
CDU     34.1% 40.5%
SPD     25.7% 30.5%
LINKE    8.6% 10.1%
GRUENE 8.4% 10.0%
CSU       7.4%   8.9%
その他   15.8%   0.0%

得票率と、議席占有率がほぼ一致しているのがお分かりになると思う。
阻止条項により、海賊党などの得票率が5%に及ばなかった
その他の政党への票が5つの政党の議席占有率を少しずつ押し上げている。

一方、日本の小選挙区比例代表並立制は、小選挙区と比例代表が同時に行われるということだ。衆議院議員480議席のうち小選挙区で300議席、比例区で180議席が決められるということだ。この二つの選挙は投票結果がどのように行われているのだろうか。
前回2012年末に行われた小選挙区における衆院選での得票率と議席占有率の割合を見てみよう。

         小得票 小占有 比例得 比例占有 合計占有
民主党          22.8%    9.0%      15.9%    16.7%      11.9%
自由民主党      43.0%   79.0%   27.6%    31.7%       61.3%
日本維新の会   11.6%     4.7%    20.3%    22.2%       11.3%
公明党            1.4%     3.0%    11.8%    12.2%        6.5%
みんなの党         4.7%     1.3%    8.7%       7.8%       3.8%
日本未来の党      5.0%    0.7%    5.6%       3.9%       1.9%
日本共産党         7.8%    0.0%    6.1%       4.4%       1.7%
社会民主党         0.7%    0.3%    2.3%       0.6%       0.4%

小=小選挙区
比例=比例区
得票=得票率
占有=議席占有率
合計占有=全体の議席占有率


結果は以上のとおりである。分かりづらいと思うがすべてに目を通す必要はない。
注目すべきは小選挙区では得票率と議席占有率が、必ずしも対応していないということが、良くわかる。自民党は小選挙区の得票率は50%以下なのにもかかわらず、議席占有率は75%実に4人に3人は自民党ということになっている。公明党は得票率は1.4%だが、議席はなんと2倍の3パーセントを占めている。一方、共産党は7.8%の得票率なのにもかかわらず、議席占有率は0%である。

では比例はどうであろうか。こちらは先ほどのような問題は少なくなっており、概ね得票率と議席占有率が対応している。

この二つのグラフを比べると分かる通り、
小選挙区は死票が多いため世論の声を反映しづらく、大政党や公明党に有利な選挙制度なのである。その制度のもとで62.5%にあたる300議席が小選挙区で決められてしまっているので、結果自民党圧勝という結果が生み出されたのである。もしドイツのように世論がきちんと反映される選挙制度が行われていたら、もっと違った結果になっていただろう。

2014年3月6日木曜日

ここのカフェはどこの国のカフェでしょう。Wo steht das Café ?


ich mag das Café sehr.
Das Café steht in Bulgaria Sofia.

Speisekarte ist wie Bilderbuch!
sehr schön und Suß!



最近はカフェとかで日本の本を読みまくっています。
オススメの本がありましたら教えてください。


写真は僕が行ったヨーロッパのカフェの中で一番お気に入りの場所です。
メニューが一冊の絵本になっていて、
オーガニックコーヒーとか手作りケーキとか。
手打ちのパスタとか。こだわっていて美味しくって。
何度も通って忘れられないカフェです。



正解はブルガリアの首都ソフィアの
「ハンドメイドカフェ」?だったかな。
みたいな名前のカフェです(笑)
めっちゃオススメです。

2014年3月3日月曜日

家入一真「15歳から、社長になれる」「Mann kan ab 15 Jahre CEO werden.」


Ich habe ein Buch gelesen.
ich mag Kazuma Ieiri.
Er ist Frei und Glücklich und Aktiv!
ich will wie Ihn werden.

社長っていう肩書きは置いといて、
一般企業で働くという道以外を教えてくれました。
情熱と根拠のない自信とホンの少しのお金があるなら起業してもいんじゃない?
っていう本です。

まさにこれから僕に必要な本だと思って手に取りました。

具体的な例が載ってて分かり易かったのもあるけど、
家入さんの考え方すげー好き。

最後のページの谷川俊太郎さんからの4つの質問はかなり共感しました。
特に「何が一番嫌ですか?」という質問への答え。
どこかの誰かがつくったわけのわからないルールを押しつけられること、そしてそのルールを何も考えずにただ信じ込んでいる人たちと接すること。」
うん。俺、家入さんの他の本も読んでみます。

ドイツで日本語渇望症にかかっていたので、ここ1年くらいは絶賛読書期間です。
このブログを読んで下さってる方も何かオススメの本がありましたら教えてください。


2014年3月2日日曜日

3月8日東京に帰ります→孫崎享・飯田哲也対談『原発と安全保障を語る-都知事選を終えて-』

Ich bin in Tokyo nur am 8.Mai.
Ich hilfe ein Event ueber Atomausstieg.



3月8日に一日だけ東京に帰って、このイベントのお手伝いをさせていただきます。もしお時間ある人いたらご一緒しましょう。

孫崎享・飯田哲也対談『原発と安全保障を語る-都知事選を終えて-』
3月8日(土)開場15:30  開演16:00 終了予定18:00
・会場 YMCAアジア青少年センター 9F (JR水道橋駅徒歩5分)
・参加費 700円
・定員 150名
・主催 「原発」都民投票の会
・申し込み:Email:tomintouhyouunnei-owner@yahoogroups.jp


主催 「原発」都民投票の会
協力 みんなで決めよう「原発」国民投票

出演
孫崎享さん(外交評論家)
安全保障政策専門家、東アジア共同体研究所理事、元外務省国際情報局局長
飯田哲也さん(エネルギーイノベーター)
原子力・環境エネルギー専門家、NPO法人環境エネルギー政策研究所所長

詳細はこちら↓
http://gennpatutominntouhyounokai.jimdo.com/

日本でやりたいこと。 was möchte ich in Japan?


das Bild ist sehr bekant Werbung Parodie.

@ ich möchte erzählen über Deutschland.
zum Beispiel Atomausstieg, Demokratisch, Bio und Bier!
und Viel Leute waren sehr nett. und haben Sie mir sehr geholfen.
ich möchte an Alle danken.

@ ich arbeite als Journalist.
ich möchte schreiben über Europäische Demokratie oder Deutsche Umweltschutz :)

@ Ich vorbereite ich will mit dem Fahrrad ganzenwelt reisen.
Ich mag kein Plan aber ich vorbereite daüber.

@ ich habe zu viel Sache und Angst.
des wegen ich möchte etwas nicht wichtig Sache wegwerfen.

@ Ich möchte was andere Etwas am Besten enpfehelen möchte, lesen, hören, oder essen.
Aber nur Eins können Sie Empfehlen.
Auf Deutsch oder Englisch Egal :)
ich möchte empfehle Sie Etwas ich für mich Besonderes meine.


⚪︎ドイツのまとめ
駆け回っていた1年だったので全くまとまっておらず、ひどいもんです。
お世話になった人とかにお手紙とかゆっくり書きたいです。
ドイツと日本の違いをアップしていきます。

⚪︎お仕事します
これは今まで通りご要望あらば、どこでも飛んで行きます。書きます。
「民主主義と原発」がテーマです。

⚪︎世界一周自転車旅行の準備
僕はやっぱりこの夢を諦めきれないみたいなので、
ちょっと計画を立てていきます。

⚪︎27年間の清算
振り返る暇あるなら、前見ろって思われるかもしれませんが。
今の僕には必要のないものが多すぎるので。
後ろを振り返りながらいらないものを捨てていく作業をしたいと思います。
それと同時に温めていた企画とかをやり切りたいと思います。

⚪︎本気鑑賞
みたいなのやりたい。
「あなたの人生に欠かすことのできない魂の一冊」を本気で読む。
そういう企画をずっとあたためていたけど、それをやりたい。
映画でも歌でも、本でも、絵でも。
あなたの魂を震わせたナニカをたった一つ選んで教えてください。
それを本気で僕も鑑賞したいと思います。僕の魂を震わせたものもまた紹介していきます。