2014年4月25日金曜日

27年間我慢してきたけど、もうやめます。



Das Bild habe ich im Vietnam geschossen.

Ich werde beruehmt, weil ich mehr Artickel schreiben will.





僕は自己顕示欲が強いので、
「目立ちたい!」
「俺ってすごい人間なのに、なんでこんなに評価されないんだろう。」
「有名になりたい!」っていつも思っています。

でも
「それを抑えなきゃいけない。」
「他にも僕よりすごい人なんか、めっちゃたくさんいるし。」
「目立ちたがりってかっこわるい。」
そういう気持ちもまた、いつもありました。

でも昨日、
「世界を自転車で旅する記事や、エッセイなどを書きたい。」
とプロのライターさんに相談しました。

そしたらたった一言。


「有名になりなさい」


僕は、今まで
「有名になるなんてくだらない。そんなことは目的になりえない。
きちんとした文章を書いていけば、勝手に名前もついてくるものだ」


と、自分の「有名になりたい」という気持ちを戒めて、抑えて、
「まじめに写真を撮ったり、文章を書いたり読んだりすることに専念しなければならない」
と思っていました。
…と言っても周りの人は僕の気持ちに、もちろん気づいていたと思いますが笑

しかしプロのライターの言う
「有名になれば書ける」
というのは僕の今まで考えていたものとは、逆転の発想でした。
きちんと書くということは当然ですが、
しかし僕にとって禁断の果実だった「自己顕示欲の開放」が許される日が来たわけです。
こんな日がまさか来るとは。
僕は冒頭に挙げたように、
「目立ちたい!」
「評価されたい!」
「有名になりたい!」
という衝動をできるだけ抑えて生きてきました。
健太郎君、よく27年間我慢してきたね。お疲れ様。

でもこれからは抑えなくていいんだ。
というか、世界を自転車で旅しながら書くには「有名になる」ことが一つの方法らしいです。


「なんだ、有名になっていいのか。」