2014年4月26日土曜日

新しい住民投票の波〜波の行方〜



 

帰国直後に頂いたお話で、ずっと準備をしていたイベントが終わりました。
http://shibaken612.blogspot.jp/2014/03/426ich-spreche-ueber-ergibnis-von.html

今日は永田町の全国町村会館で
ジャーナリストの今井一さんからお話をいただきまして、
長野県佐久市 柳田清二市長
埼玉県北本市長 石津賢治市長
そして社会学者の宮台真司先生

という、そうそうたる方たちとのパネルディスカッションに参加させて頂きました。
いつもは「民主主義っていうのは…」なんて偉そうに喋っていた僕ですが、汗
まだまだ勉強が足りないことを痛切に感じました。
そしてそれと同時に、こんなに政治と社会が身近に感じられる「住民投票」というのは改めて「力がある!!」と確信して、もっともっと伝えていきたいと思いました。

日本の「住民投票」を牽引している、
今まさにトップランナーの方々とお会いして、
いろいろな話を聞かせていただけた僕は次の波を起こしたい。

刺激的すぎて、咀嚼する時間が必要ですが、
この最先端の議論を僕だけ知っていてももったいないので、
今日の話をまた、いろんな人にお伝えしたいと思います。

そして今日来てくださったみなさん、
本当にありがとうございました。