2014年4月4日金曜日

アラバマ物語見ました。

「東京マヨカラ」という番組でお世話になっていた、
尊敬しているディレクターの方からDVDを頂き拝見しました。

マヨカラとは↓
http://shibaken612.blogspot.jp/2012/07/tokyo.html

1930年代のアメリカ アラバマ州で
黒人差別に立ち向かう弁護士とその子どもたちの物語。

子どもの世界から大人の世界を見る。
世界は、恐怖にあふれているし、汚い世界だし、
でも、冒険心を持って、好奇心に従って、
何に対しても、真正面からぶつかる。

そうすればおのずと道が開ける
というか、気持ちは伝わるし、親切な人も現れる。
そして真実に近づいていく。

お父さんから教わった言葉を、
最後に自分の中の哲学に落とし込む子どもの成長が見える、
気持ちのいい映画でした。

もし見たいという人がいたら一緒にみましょう。