2014年7月16日水曜日

映画「ブレイブハート」

見ました。メルギブソン。
監督であの役を主演ですか。
演じていて気持ちよかっただろうなー笑。
最後の最後までかっこよかったです。
信念を持って僕も生きよう。


「ブレイブハート」
スコットランドの独立を目指して戦ったウィリアム・ウォレスのイングランドからの「自由」を求める戦いを描いた大作です。史実と違うところも多いようなのですが、映画として、とてもおもしろかったです。スコットランドがこのようにイングランドの支配を受けていた時代があったのですね。そして支配されている国から独立するというのは、こんなにも多くの血を流したり、金や陰謀、裏切りなどを乗り越えなければいけないんですね。


今年の9月に行われるスコットランドの独立をかけた住民投票は、いたって民主的な形で行われます。スコットランド議会もイギリス政府もこの投票を認めているわけです。

実際に独立するかどうかわかりませんが、イギリスとしてはスコットランドが独立してしまっては困るわけです。でも住民投票は認める。こういう民主主義を尊重した議会なり、政府って本当に素敵だと思います。

安倍さんも少しは見習ってくれないものだろうか。集団的自衛権の行使について。解釈改憲なんて卑怯なことしないで、きちんと国民投票にかけるべきだと思います。

さて、そんなこんなでスコットランドの住民投票の取材にいくわけですが。
クラウドファンディングに協力していただけませんか?