2014年9月5日金曜日

スコットランドってどんな国?


(スコットランドの民族楽器バグパイプの音色)

スコットランドってどんな国?

スコットランドはイギリスの構成国の一つです。他の構成国はイングランド、ウェールズ、北アイルランド。イングランドとウェールズのあるブリテン島の、北1/3を占めるのがスコットランドです。大小合わせて約800の島で成り立っています。日本の北海道より面積が少し小さくて、人口も520万人で北海道より少ないくらい。日本でいう北海道をイメージするとわかりやすいかもしれません。

スコットランド最大の都市であるグラスゴーの人口は592,820人
首都であるエディンバラは486,120人

日本でいえばグラスゴーが大阪、商業や工業の中心地。首都のエディンバラは京都、旧市街、新市街がいずれも世界遺産に登録されています。スコットランドは関西気質で人がよく、また言葉も英語ですが独特の方言があります。イングランドのロンドンは中央集権化されていて、まさに東京のようなイメージです。

グラスゴーもエディンバラもスコットランドの南部でローランドと呼ばれる、イングランドとの境界に近い。

それに対して北部の方はハイランドと呼ばれています。「ヨーロッパ最後の原生地域」と呼ばれるほど豊かな自然が残っています。人口は少ないのですが、スコッチウイスキーの産地であり、スコットランド独自の言葉ゲール語がまだ残っている、タータンもハイランドで発達した装飾模様です。いわばスコットランドアイデンティティはハイランドから発信されているものが多いのです。

http://www.virginatlantic.co.jp/scotland/topics_fashion_01.phpより

有名なスコットランド料理はハギスと呼ばれる羊の胃袋にオートミールと羊の内蔵、スパイスを詰めて茹でた料理。見た目はあまり美しくありませんが笑、一度は食べてみたいです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3024633?pid=14295392より


映画「トレインスポッティング」もスコットランドの映画として知られています。薬物中毒の若者たちの話。高揚感と絶望感。「薬物、ダメ、絶対。」の後に見たい映画です。教育としてではなく、現実世界と薬物が描かれています。

「ブレイブハート」も見物です。
この映画についてはこちらから↓

スコットランドの有名人といえば
ジェームスボンド役のショーン・コネリー
スターウォーズでオビワン役を演じたユアン・マクレガー
シャーロックホームズを書いたコナン・ドイル
「ハリーポッター」の作者J・K・ローリング
「スター誕生」で一躍有名になった歌手スーザン・ボイル
アメリカの鉄鋼王 アンドリュー・カーネギー
経済学者のアダムスミス
などなど

僕にとっては全くなじみのなかったスコットランドですが「住民投票」をきっかけにいろいろ調べてみるとなかなか面白い。少しはスコットランドを身近に感じてもらえたでしょうか?僕は自然が好きだからハイランドを自転車で駆け抜けてみたいし、パブでタータンチェックのスカートを履いてスコッチウイスキーなんて飲んでみたいです。


参考:
スコットランド政府ホームページ
「図説 スコットランド」 河出書房新書
「スコットランドの原点」松井理一郎 あるば書房