2014年11月24日月曜日

昨日はどうもありがとうございました。「スコットランド報告」東松山


昨日は地元東松山で「スコットランド報告」をさせていただきました。
感想を頂いているので、紹介したいと思います。

大芝健太郎さんのスコットランド独立運動の報告会良かったッス。
やっぱり、日本の、それもTVしか見てないと絶対に分からないことがあることを痛感。
国民投票中、町中いたるところで独立賛成派と反対派のディベートが行われながら、それが一切ケンカに繋がらない。
賛成派も反対派も違う考えが存在することを許容しているということにびっくり。みんな結果よりもそうやって話し合うことを尊重しているんだって。日本人はどうしても勝ち負けにこだわるし感情的になる。
だから無理だ。
というのではなく、日本人も大人になってスコットランドの人たちに近づいていかなきゃ。
そう思えただけでも十分な収穫でした。

ありがとうございます。
「議論は勝ち負けを決めるものではなく、正しさを押し付けるものでもない。」
「理想があれば、目指すべき未来も描くことができる。」

日本とスコットランドは違う国で、違う過去を持っていますし、直面している現実も違います。でも未来に向かって 良いところをまねすることはできます。

3連休の中日、忙しいところ準備をしてくださった方、 遠方から来てくださった方、本当に どうもありがとうございました。

今後の報告会の予定等はこちらからご確認いただけます。
http://shibaken612.blogspot.jp/2014/11/11.html