2015年3月29日日曜日

4月2日〜11日 台湾 取材概要





4月2日から11日まで台湾に行ってまいります。

写真は4年前のもの。「台北101」という101階建てのビルの前の写真。前回、行った時は一ヶ月くらいかけてゆっくり観光と、「粗食」と呼ばれるベジタリアン文化、完結型エコビレッジの見学したりしたのですが、今回は10日間のタイトな日程です。


今回のテーマは3つ。

「3月18日の学生による立法院の占拠」
昨年の3月、日本でも大きく報じられた学生らによる立法院の占拠。立法院は日本でいう国会。国会を学生が占拠したのである。この動きに関わった方々にインタビューをしてくる予定。占拠のきっかけになったのは「サービス貿易協定」と呼ばれるもので、簡単に言うと台湾と中国の貿易の障害を取り払おうという法案の審議がされていた。この法案に国民党(日本の自民党と仲のいい政党。日本語のサイトもあるhttp://2014.kmt.org.tw/japan/)は賛成していたが、野党の民進党は反対。多くの学生も反対を表明しており、それに反対するデモの延長で立法院占拠が起こった。これらの動きに関わった学生たちにインタビュー予定。


_________________



「11月29日に行われた台北市長選」
昨年の11月に行われた台北市長選、日本でいう都知事選のような重要な選挙で、長く1998年から続いていた国民党の候補者を破って、無所属の医師 柯文哲 (か・ぶんてつ) さんが当選した。これは単なる市長選の結果にとどまらない。というのも、総統になる人は必ず台北市長を経ているからだ。つまり今後、2008年以来の国民党ではない総統が生まれ政権交代も起こりうるということだ。去年のこの歴史的台北市長選に内部で関わっていた方にインビューを調整中です。

※安西さん情報提供ならびに、ご紹介どうもありがとうございます。

_____________
「政治意識と現在の日本政府」
今、大きく動いている台湾の政治。来年には台湾の大統領にあたる総統選も予定されており、このような流れの中、台湾人、特に若い人はどのような政治意識を持っているのか。また「親日」と言われる台湾だが、現在の「歴史修正主義」の日本政府についてどのように思っているのか。

______________________

主にこれらをどう捉えているのかを調査してきたいと思っています。今、少しずつアポイントを調整させてもらっているところです。紹介してくださった方々どうもありがとうございます。とにかく、街で出会った人からもとにかくいろんな話を聞きまくって、そしておいしいもの食べまくってきたいと思います。上のテーマでピンとくる方がいらっしゃいましたら、紹介していただけたら嬉しく思います。

これらの取材成果はこのブログと、インターネットテレビ局デモクラTVの「デモクラ紀行」で発信させていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。