2015年3月6日金曜日

COEDO Beer is Beautiful!


先日虎ノ門で行われた川越、いや日本が誇る地ビール「COEDO」のテイスティングパーティーに招待していただきました。地元川越のサツマイモを使ったCOEDOビールの代表格「紅赤」がリニューアルされるということなので、万事を差し置いてお伺いしたわけです。

Beer lead my life.
「ビールは人生の導き」
僕はビールが好きすぎて、ドイツに留学してしまうくらいで、日本でもCOEDOビールが置いてあるのを見つけるとついつい手を伸ばしてしまいます。僕の人生はビールに左右されていると言っても過言ではないかもしれません。

Beer is a diversity.
「ビールは多様性である」
日本ではCMでもおなじみの「ゴクゴク、プハー!」みたいな飲み物というイメージが定着してしまっていて、居酒屋でもビールの選択肢は「生」一択なんて店が多い。本当は「ビール」と一口に言っても、味も香りもいろいろだし、喉越しだけじゃないのに!「ビールは苦手」と思っている人は、好みに合うものに出会ってないだけかもしれない。COEDOビールは特徴の全く違う6種類から選ぶことができます。

Beer is local.
「ビールは地元から」
旅先での楽しみの一つは地ビールをいただくこと。ビールを通じてその地域を感じたい。ローカルな企業を応援したい。そして通常ビールは新鮮なものほど、美味しいのです。ちなみにCOEDOビール「紅赤」は上記の通り、原料に川越のサツマイモが使われていて、それもまた地域を感じられるものになっています。

Beer advance.
「ビールは進化している」
今回「紅赤」がリニューアルされたということで、早速新旧の飲み比べをさせていただきました。旧「紅赤」はサツマイモの風味が前面に押し出されていて、甘めのテイストになっていました。1杯目ではなく、2杯目に飲みたいというか、ちょっと変化球的なビールとして大好きだったので、飲めなくなるのはちょっと残念な気もしますが、新しい「紅赤」もまた美味しい。「無濾過」なのでコクと香りが増していて、麦芽比率も高くなっているので、甘さも抑えられていて一杯目から飲みたいビールになっていました。うん。最高。この旧「紅赤」は数々の賞を受賞しているCOEDOビールの主力の一つでした。それをあえてリニューアルするという選択は、留まらずに進化していく会社の姿勢の表れだと思います。そもそもビールは酵母による発酵の力を借りた「生き物」ですので、ビール自体もまた日々進化しているとも言えるでしょう。


COEDO is awesome!
「コエドビール最高!」
というわけで僕はCOEDOが大好きで、見つけるたびに楽しませてもらっています。先日は栃木県茂木のスーパーマーケットでもCOEDOを発見して、嬉しくなって陳列されていた10本ほど全てを買い占めて、みんなで一緒に楽しんだのでした。また高校時代に通っていた川越は僕の第二の故郷的な思い入れがあり、友達を川越まで呼びつけて観光しつつ、COEDOビールをご馳走するというのが通例となっております。COEDOビールには量販されているビールにはない美味しさと驚きがあります。特に僕が好きなのは「毬花」という爽やかで最後に苦味をフッと感じるシトラス系ビール。これを初めて飲んだ時は本当にびっくりしました。

社長の朝霧さんとは共通の知り合いも多く、川越高校卒の先輩であることもあって「紹介するよ」という話もあったのですが、なかなか達成されず、とうとうこの日初めてお会いすることができました。お忙しそうだったので挨拶しかできませんでしたが、思いをこめて丁寧に話す人だと感じました。


工場で働いている方も会場にいらしていて、その方達からも製造過程や原料についての話を聞かせていただき、飲む時に思い出す物語ができました。「もっと知りたい、もっと飲みたい、そしてもっと広めたい」ビール好きにとって、こんなビールに出会えたことは幸せ以外何物でもありません。

Beer Beautiful.
「ビールは素晴らしい」
これがCOEDOビールのコンセプト。HPも覗いてみてください。
COEDO ビール HP
http://www.coedobrewery.com


_______________________

報道まとめ
埼玉新聞
無ろ過で繊細、芳醇に コエド「紅赤」リニューアルで試飲会
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/03/05/09.html

Fashionsnap
コエドの三ツ星クラフトビール「紅赤」がリニューアル モルティな味わいに http://www.fashionsnap.com/news/2015-03-02/coedo-beniaka-renewal/

ニュースフィア
「危険なほど飲みやすい」 日本のCOEDOビールが海外で話題
http://newsphere.jp/ippin/20140529-6/




あ、COEDOビールの工場が来年から東松山に移転してくるらしいです。なんたる運命。笑