2015年3月23日月曜日

LUMINEのCMに思うこと





LUMINE(ルミネ)の働く女性たちを応援するCMがひどすぎて批判殺到。
http://matome.naver.jp/odai/2142680705459267201


LUMINEのこのCMがこのところ話題になっていますが、皆さんはどういう印象をお持ちでしょうか?


上司役の男性が「需要が違う」という言葉を使って、女性に対して「単なる仕事仲間であって女性としてみていない」とさらっと「女性としての」存在の否定しつつ、さらに「女性として見られるように努力すべき」という、いわゆるセクハラCM。


つい先日、電車の中で若い女性が友達らしき人にこのCMについて話をしていたのを、漏れ聞いてしまいました。



「LUMINEのCMありえないよね。あんな風に言われても絶対に変わろうと思わないし。むかつく。イケメンだったらいいけど。」

…えっ?イケメンならいいの?


ちょっと待って、ちょっと待って、お姉さん!
よくないでしょ!笑

電車の中で見知らぬ女性に突っ込みたい気持ちになりましたが、ほどなく電車を降りて行きました。


イケメンだったら許されるのか…。容姿に頓着しない僕には衝撃的な一言でしたし、そのようにあのCMを見ている人もいるのかと驚きました。それにしても本当に容姿ってすごい力を持ってますね。


確かに僕も容姿が良い人の方が好印象を持ちますが、あんなに堂々とセクハラ発言をする人は、いくら容姿が良くてもちょっと僕は許容できません。


ただ、もし僕があの状況にあったらどう思うのか少し考えてみました。例えば上司に朝から「顔色悪い、センスがない、男としてみられない」って言われたらどうするかなと。「どうしたらいいですかね?」ってこちらもまた聞いてやりたい。その中でもし、僕のライフスタイルに合うものがあったら実践したいし、やってみたい。上司からも評価されたい。誰からも「カッコ悪い人」と思われるより「かっこいい」と思われたい。ただ、あのCMの様子だと「ムリムリ、どうしようもない」「自分で考えな」みたいに言われそうですね。そんな上司とはやっぱり仕事したくないです。



「変わりたい?変わらなきゃ」
CM中で変わらなければいけないのは、セクハラ上司です。そして、そんなセクハラ上司に女性を適応させようとして商売をしようとしたLUMINEですね。



そして、削除される動画


表面上は謝っている。
だが、何が不快なのか。どのようなことがないようにするのか。うやむやなままです。LUMINEではセクハラが起きていないでしょうか。女性が働きやすい職場でしょうか。これを機に徹底的に調査をして、改善して公表したらいかがでしょうか。

ぼくも川越駅前のLUMINEにはよくお世話になっておりました。

「セクハラ」という社会問題に油を注いでしまったのは事実です。炎上した炎を消えるのをただ待つのではなく、積極的に火の元の消火にあたって欲しいと思います。