2015年6月25日木曜日

「痩せられない」という人が心配。



「痩せられない」ってなんでしょうか。この言葉を聞くと、いつも反応してしまいます。そしてこの文章は「痩せられない」という人にとって、不快なるかもしれません。



これは挨拶のようなものでしょうか。

「痩せたね」→「嬉しい!」

まず、人にはその人の生活にあった体型があります。痩せていればいいというわけではありませんよね。

「痩せている」→「かっこいい・キレイ」

という考え方もありますよね。なるほど。僕はぽっちゃりの人の方が好きですが。気持ちはわかります。



では聞きたい。「痩せられない」という人は本当に痩せる気があるのでしょうか。世の中には、自分の努力だけでは難しい課題と、自分次第でどうにかしやすい課題があります。



いわゆる「痩せる」というのは、とてもコントロールしやすい分類だと僕は思うのです。

・何をどれくらい食べるか、飲むか。
・それを、どのくらい消費するか。

この二つをコントロールするだけで、とてつもなくシンプルで簡単だと思うのですが。
それを達成できない(しない)のはなぜでしょうか。



__________________

ちなみに僕は小学校の時、太っていました。上の写真、かわいいですね笑

なぜ太ったのかといえば、食べる量が半端じゃなかったからです。

食べれば食べるほど、周りのみんなが褒めてくれました。喜んでくれているように感じたのです。もっと幼い時は食が細かったらしく、親は僕がたくさん食べるようになったことを喜んでくれました。もちろん、おじいちゃんおばあちゃんも。そして人の家でご飯をご馳走してもらった時も「けんちゃんは好き嫌いなくて、なんでも食べてえらいね」「こんなに食べる子は初めてだ!」なんて嬉しそうに言われて、僕も嬉しくなっちゃう。そんな小学校時代でした。

水泳や自転車に乗るのが好きで、運動はしていた方だと思うのですが、とにかくカロリー過剰な分だけ太りました。

太った分だけ、身体が思うように動かなくなりました。「逆上がりができなくなった」のは覚えています。それは大したショックではなかったのですが、当時、サッカー少年団に所属していて、レギュラーから外された時のショックは今も思い出すくらい大きなものでした。時を同じくして、僕にも初恋が訪れます。

http://shibaken612.blogspot.jp/2012/07/blog-post_11.html

この時、初めて「痩せたい」と思いました。

それからは
・食事は一人前。
・お菓子は食べない。
・ドレッシング、揚げ物は控える。
・ゆっくり食べる。

プールに行く回数を増やして、ランニングもしました。結果、痩せてレギュラーの座も取り戻し、目的も達成されました。

___________________________

めちゃくちゃ大きなお世話だということは存じていますが、「痩せられない」という言葉を聞くとついつい、気になってしまうのでここに書いています。

・何をどれくらい食べるか、飲むか。
・それを、どのくらい消費するか。

というシンプルなことが自分でコントロールできていないということです。
痩せたいと思っているのに「痩せられない」という人が本当に心配です。



◯まずは「痩せたい」という気持ちは本当でしょうか。

「痩せていた方がいい」という周りや、社会からの圧力があるから「自分も痩せたい」と思うが、本当はそんな気はない。言葉と心と行動の乖離はストレスを生むので、痩せる気がないのに「痩せられない」と言うのをやめたほうがいいと思います。


◯痩せる過程で幸せを感じているでしょうか?

そもそも、痩せることは何かの目標に向かうことです。目標を達成するということは心としてはポジティブな状態になるはずです。ワクワクしていないということはその目標には何か問題が隠れていることを疑ってしまいます。

痩せることは、何かを我慢する、諦める、嫌なことをするということだと思っていませんか?そういうネガティブなイメージでは達成するのは難しい。「痩せたらもっと早く走れる。」「痩せたら好きな人が振り向いてくれるかもしれない」ポジティブなイメージに向かうのは喜びであり、ワクワクした状態が続くはずです。

やせるにしても、筋肉質の身体を作るにしても、理想の自分を追い求められるということはとても幸せなことだと思うのです。

痩せるまでの過程で幸せを感じられないなら、そもそも痩せるなんて考えをやめたほうがいいと思います。嫌なことをするのはストレスを生むので、甘いものが欲しくなったり、お酒を飲みたくなったりするのではっきり言って逆効果です。


◯自己否定に陥っていませんか?

今の自分を否定して、痩せようとするのと、
今の自分を認めて、痩せようとするのは、
スタートとゴールに疑問があります。


今の自分の体型を認められなければ、痩せ続けていくことで自分を認めるような状態に陥る可能性もあります。心配です。実際に痩せたとしても幸せにはなれないかもしれません。「自己否定」をしながら生きていくのはストレスですし、痩せることで自己肯定感は一時的に生まれるかもしれませんが、人は痩せ続けることはできません。痩せる前に今の自分を思いっきり抱きしめてあげてください。

◯痩せても戻ってしまう?
身体は正直ですので、ライフスタイルやいろんな要素で体調や体型が変わるのは自然なことです。気にすることはありません。また痩せたければ痩せればいいだけの話ですし、もしかすると戻った値が適正な体重なのかもしれません。

_____________________

スタイルについてのコンプレックスとストレスが少しでも少なくなりますように。
太っていてもいい。痩せていてもいい。
痩せたい人は痩せられて、太りたい人は太れますように。
どんな体型の人も、みんなが幸せに生きられますように。