2015年7月15日水曜日

いてもたってもいられない。「安保法制」



アメリカの寿司屋で働かせてもらっています。日本人の多い職場で、従業員はスペイン語を話す人たちが多いという、実は思うように今の所、英語の勉強はできていないのですが、とりあえず仕事を覚えるためにおもいっきり働いています。生きているだけで精一杯です。






さて、日本では安保法制が可決されたようですね。
そもそも安保法制ってなんでしょうか。








「戦争をしたい」っていう人はごく少数でしょう。

でも

「武力行使はしょうがない」
「平和を守るためには誰かが戦わないといけない」

という人は案外多いのかもしれません。
こうして「戦争」という言葉を使わず「平和」の名の下の武力行使されるのです。




テロリストは生まれた時からテロリストじゃない。
独裁者は生まれた時から独裁者じゃない。
神風特攻隊は生まれた時から特攻隊じゃない。

武力行使は不安と憎しみを増殖させ、新たな犠牲者を生み出します。
そして不安と憎しみが増殖させられた時に、また新たな武力行使が起こります。


武力行使は空から降ってくるわけではありません。
武力行使を生み出してしまうのも残念ながら私たちです。








存立危機事態

集団的自衛権を使う際の前提になる三つの条件(武力行使の新3要件)の一つで、「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」。ほかの前提条件として、「国民を守るために他に適当な手段がない」「必要最小限度の実力行使にとどまる」ことがある。-朝日新聞


日本の個別的自衛権はすでに認められてるのに、わざわざそれを集団的自衛権にする。

それによって他の国(アメリカなど)と一緒に戦えるようになる。

それって、つまり?




そもそも憲法違反なんですよ。

僕は自衛隊の存在だってまずは憲法を変えなきゃいけないと思っているのですが、さらに海外に行って武力行使までしちゃうなんて「解釈」なんて域じゃない。憲法9条読んだことあるのでしょうか。



安倍さんは9条を読んだことあるのでしょう。(多分)

そして憲法違反だと知っている。

でも「軍隊を持ちます。武力行使もします。」という憲法改正の国民投票にかけたら絶対に否決されるのは明らか。

だから「解釈」なんて都合のいい言葉を使う。


国民の意見を聞かず、ルールも守らない権力者のことを「独裁者」と言います。



安保法制を許すということは僕らの存立危機事態です。


憲法が無視され、税金が戦費に使われ、自衛隊は海外に行って人を殺し、そして殺されます。兵隊が足りなくなれば、貧しい人が経済的に徴兵されるようになります。




「存立危機事態」より恐ろしいのはこの「安保法制」であり武力行使だと思います。
この法案に反対するために、国会前にたくさんの仲間が集まっています。
僕は行けないけど、できることをするだけ。

#本当に止める