2015年8月14日金曜日

夏になると思い出す。「子どもキャンプ」

大人と子どもを一番意識するのが一年のうちのこの4日間。
大学一年生の時からとても大事にしている子どもと過ごす時間です。

この子どもキャンプは子どもたちが何を食べるか、どう生活するのか。自分たちで計画し、そして実行していきます。

決まっているのは3食用意することと消灯時間だけ。

朝起きて何をするのか。自由すぎる時間と森と川に囲まれた空間が用意されています。

子どもに付き添いつつ、自分も一緒に遊ぶ。川でダムを作ったり、少し高い岩に登って深いところに飛び込んだり、ラーメンやカレーを作ったり。花火をしたり。

学校行事ではないから、決められたプログラムもない。ボランティアがどうするべきなのか。というマニュアルもない。学校行事ならするべきこと、見るべきポイントをきちんと押さえるのが仕事で、子どもは子どもの論理があるので、勿論それも簡単ではない。


自由な環境で子どもの安全を考えつつ、子どもの好奇心を煽りつつ、恐怖心を和らげて、新しい一歩に結びつける。いや、そんな偉そうなことを考えることもナンセンスかもしれない。自分の少年時代を振り返りながら、こういう兄貴がいたらいいな。みたいなことを考えたり。

夜には大人の反省会があって、子どもにどういう態度で接したのか、言葉をかけたのか、徹底的に話し合う。どうすればよかったか。これからどんな言葉かけをするのか。

「時間」という概念を持たない。無尽蔵の体力。浮き沈みする心。

生きていく上で「欲望」とはなにか考えさせられる。
認められたいとか、褒められたいとか、好かれたいとか。
でも怒られても、好きなことしたいとか。

今年はいけないのが残念だけど、暑くなるとあの「子どもキャンプ」を思い出します。

デモインは日本のように湿度が高くないのでとても過ごしやすいです。


2015年8月4日火曜日

【しばけん通信】2015年8月号「アメリカというかアイオワ」

7月からアメリカに来ています。いやアメリカと言うより、アイオワというアメリカ50州の一つの国に来た。という感じです。働きながらで、しかも3ヶ月しかないので、この街にどっぷり浸かってみようかと思います。

さて、週に6日間働かせてもらっていたのを4日間にしてもらい、英会話や現地を少し歩き回ったりする時間をやっと持つことができています。あ、自転車もお借りしたので東西南北少しずつ探検しながら自分の頭の中で少しずつ地図を作っています。

アイオワ在住のアーティストの英文から日本語への翻訳を頼まれ、日本語と格闘しています。翻訳は日本語力ですね。

日本は暑い日が続いているようですが、アイオワはとても涼しい。日差しは強くても、湿度が低くて、とても過ごしやすいです。

毎週土曜日は相変わらず、ファーマーズマーケットでローカルの新鮮な野菜や果物をゲットしてニンマリしています。先週はバジルを苗ごと買ってきて、陽の当たるところで飼っています。

地元の野菜や、オーガニックのものを置いているスーパーも教えてもらって、そこで買い物するのも楽しみ。地ビールが美味しいという噂を聞いていたのですが、種類も醸造所も豊富で個性的なデザインのボトルも素敵。350mlのボトルで1.5ドルほど。200円くらいですね。

図書館でボランティアが運営している英会話教室に1時間ずつ2回通っています。1対1で英語をみっちり教えてくれて、しかもコーヒーまで入れてくれます。ありがたや。

それに紹介してくださった日本語を学んでいる学生3人との勉強。英語を教えてもらいつつ、日本語のお手伝いをさせてもらっています。

日曜日には太鼓を体験させていただきました。まさかアメリカで太鼓のレッスンを受けられるとは。これからも時間が許す限り受けたいと思っています。胸のあたりに響く感じや独特のリズムと一体感が気持ちいい。


アイルランドのワーキングホリデービザの申請が通ったので、来年はアイルランドです。ギネスビールです。イェイ!イギリスのEU離脱を問う国民投票の実施は来年6月か。



【8月】
13〜23日 アイオワ州祭り
29日 アイオワ日米協会 夏祭り

【9月】
30日 米粉特集記事 原稿一次締め切り

【10月】
6日 一時帰国予定
14日〜16日 泊まり込み仕事
19日〜25日 群馬県片品村 泊まり込み仕事

【11月】
1〜3日 日本スリーデーマーチ

【12月】
アイルランドに出発。

【2016】
アイルランドに滞在予定。