2015年11月7日土曜日

嫌われる勇気があるか、幸せになる勇気があるか。



話題の「嫌われる勇気」を読みました。

なんで、みんな幸せにならないのか不思議でたまらなかったのですが、どうやら不幸でいることを選んで生きている。人もいるのかもしれないという可能性を知りました。

僕は「自由」と「好奇心」を合言葉に生きているのですが、衝撃的な言葉に会いました。

「自由とは、他者から嫌われることである」

ぬおーーーー。
嫌われてもいいからどんどん自由に生きてやるぜ。

この本はアドラーの心理学の解説本のような感じなのですが、共感するところも多く、わかりやすい言葉で書かれていて、どんどん読み進んでしまいました。

今、読んでいる岡本太郎の本にも通ずる、「過去や、未来などない、今なのだ」というメッセージも。



「いま、ここ」を真剣に生きること、それ自体がダンスなのです。

そう、ダンスなのだそうです。まさに僕がいつも踊っているように。
http://www.oshibakentaro.com/2015/11/blog-post.html

この本おすすめです。どっきょこの本を紹介してくれてどうもありがとう。