2015年12月15日火曜日

やりたくないこと やめれば?


やりたくない事をやらないというのは、やりたい事をやるのと同じくらい大事。いや、それ以上に大事かもしれません。そして難しい。

「お金を稼がなきゃいけない」
「命令に従っていた方が楽」
「やりたくないけど、やらなければならない」
「友達の頼まれごと、嫌われたくない」

そういう現実や感情と向き合った上で、
「仕事、命令、頼まれごと」を嫌なら断る。

そうすれば、やりたいことをやる時間を確保できるし、好きなことなので、当然パフォーマンスも高くなってくる。だんだんとお金も得ることができます。

「やりたいことが見つからない」という人もいます。そういう人にはこう聞きます。「やりたくないこと、していませんか?」

限られたこの時間を、やりたくないことに費やしている余裕はありません。僕は「この時間、早く過ぎて欲しい」って思ったことはしません。

さて、一昨日の「奔走20代」に しんじょうたかひろ君 という高知で出会った学生をゲストに呼びました。彼はわざわざ、通学に1時間半もかかる日本一人口の少ない大川村に移住を決めて、そこで「狩猟」などをテーマに活動していくそうです。田舎移住の波はとうとう学生にも及んでいるようです。彼は先駆者になるでしょうね。

言葉と表情に好奇心とエネルギーが現れていて、やっぱりやりたいことをやっている人の話はめちゃくちゃ面白い。だから人も情報もそのエネルギーに惹かれてどんどん集まってきます。僕もまた高知に行くのが楽しみになりました。




番組に出た感想をブログに書いてくれています
月曜が来るのは当たり前じゃない。テレビ出演の話。