2016年1月28日木曜日

アイルランドで1ヶ月生活して驚いたこと Best7!



アイルランド生活もあっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。なんとか生きています。アイルランドの下調べをほとんどせずにやってきてしまったのですが、住めば都。どんどん好きになってきています。帰れなくなるかも笑

それではどうぞ。



ドアがかわいくて萌える


どのおうちも、お店もドアの色がカラフルでかわいい!
街を散歩していて、かわいいドアに出会うたびに、写真を撮っていたのですが、さすがに飽きてきて、最近は撮っていません。聞いた話によるとパブで酔っ払って帰った時に、似たような家が並んでいるので、間違えないようにという理由で広まったのだそうな。アイルランドならではですね。


バスが多くて怖い


とにかくバスが多い。
アイルランドは電車の本数が少なく、首都ダブリンには路面電車があるけれど、アクセスがあまり良くないので、バスが主な交通手段になってる。狭い道を二階建てのバスがガンガン走っていくのは観光客としてはとても興奮するけれど、住んでいると毎日危険と隣り合わせのようで怖い。



地面が乾く暇がない



アイルランドで、地面が乾くことはありません。
っていうのは言い過ぎだけど、とにかく雨がよく降ります。日本のように一日中ザーザー降ることはありませんが、その代わりに1日のうちに一度も雨が降らない日はまずないです。晴れたと思ったら、雨が降って、しばらくするとまた晴れたりします。そんな天気だから、虹も良く見れます。そういえば、昨日も今日も虹を見たなー。ちょうど、隣にいた人に「虹が出てるよ!!」って言ったら「あ、そうね!」ってニコってしてくれた。幸せ。



驚くべき速さで歩く

アイルランド人は歩くのが早い。特にダブリンの人は速い。観光客かダブリナーかを見分けるには、歩く速さを比べればいいでしょう。そして歩行者は信号を守りません。隙あらば大きな通りでも関係なく渡っていきます。僕も信号は基本、守りませんが、やっぱりなんか申し訳ないような気がしているのですが、彼らは信号無視も堂々とやります。もはや清々しい。そして、彼らの足のギアがマックスになるのは、雨が降りだしたときです。この時の彼らの歩くスピードはぶつかったら大怪我するレベルですので注意しましょう。


東京より暖かい

アイルランドって寒いイメージがあったんですけど、そんなことありません。寒いのが苦手な人は、アイルランドに来ませんか?っていうのは冗談だけど、自転車も手袋なしで乗れます。アイルランドは北海道より、北にありますけど東京の方が寒いです。雪も降らないし。雨が多くて、風が強くて、日が短いけど、東京よりは暖かいです。イメージ先行で、全然下調べしてなくてすいません。



緑に包まれている



アイルランドは緑に包まれています。広葉樹は枯れるけれど、雨がよくふるのもあって、一年中牧草の緑に覆われています。そして、お土産やさんは緑色だらけ、ポストも緑、国旗も緑が入っていて、シャムロックと言われる、三つ葉のクローバーがアイルランドの象徴として、使われているのも緑。スコットランドにいた時は、水色ばっかりの国だなーって思ってたのが、お隣は緑の国でした。



アイルランド人はとにかく優しい

やっぱりこれですよ。みんな親切にしてくれて、もう本当に幸せ。彼はブレンダンっていうのですが、僕が宿無し生活をしていたら「うちにおいで」って声をかけてくれて、4日間お世話になりました。しかも「またいつでも来ていいからね」って。

仕事探しをしていても「今のシーズンは仕事ないんだ。ごめんね。」いやいや、謝らなくてもいいです。こちらこそすいません。こんな時期に来ちゃって。みたいな。

「どんな仕事したいの?あそこなら雇ってくれるかも」みたいに断るだけじゃなくて、アドバイスもくれたり。あー。こういうコミュニケーション好きだな。どこでも笑顔で接客してもらえるのも、嬉しい。世界で一番ヒッチハイクしやすい国とも言われているみたいなので、ちょっと暖かくなったらやってみよう。