2016年1月26日火曜日

アイルランド一周旅行 4 公開レター

アイルランド一周旅行に行った6人の同志へ。


チャビィ、なお、ゆーこ、まりこ様、さやかさん、マイミー。

みんなは帰ってからいかがお過ごし?

帰って体調を崩しちゃったという話も聞くし、iphoneをなくしたり、仕事先で大変な思いをしているという話も聞きます。

旅行が終わってもみんなのアイルランドでのドタバタが続いているようですね汗

僕はといえば、ゴールウェイに引っ越ししました。
みんなで来たホステルや駐車場、Lidlなどを見るたびに、楽しかった日を思い出しています。

夕ご飯を食べたアイリッシュダンスを踊っていたパブには何度も履歴書を持って、足を運んでいるんだけど「3月に来い、それまで待て!」と何度も言われています。でもそんなに待ってられないので、明日もまた行こうと思います。

あと、レストランを求めて歩き回っているときに見つけた、チーズ屋さんにも今日、履歴書を渡してきました。旅行中は、狭い車内で臭いチーズを食べてすいません。

みんなで来たときにCVを渡したホステルで、今はWork and Stay をさせてもらっています。週に16時間働く代わりに住まいと、朝ごはんを提供していただけます。(なんと僕が滞在したかった日に、ちょうど空きが出て、幸運にもそこで働けることになりました。ホステル暮らしのホームレス脱出!)


今朝、初めて仕事をしました。ひたすら4時間掃除。修行です。このままいくと悟りを開けるかもしれません。

_____________________

旅行中のお金、みんなはいくらくらい使った?
詳しい計算も載せようと思ったんだけど、省きます。なおからちゃんと預かったレシートですが、僕が古いものと新しいものをごっちゃにしてしまって訳がわからなくなてしまいました。僕に会計を任せなくて本当に良かった。あの時にみんなで計算した1ユーロも狂わなかったのを信用しています。

一週間の車代は保険代とか、諸々全部込みで
250ユーロほど。(ゴールウェイでつけてしまった傷も、知らぬ間についていたタイヤの傷も、フルカバーの保険のおかげでどうにかなりました。よかった。)

その他、みんなのお金から出したガソリン代、食費、その他雑費を割ったら、フル参加した人でも全部で約100ユーロを超えるくらいだったと思う。
僕はこれにホステル代を加えても150ユーロほど。
お金の面でもみんなには助けられました。




何が良かったかを、言葉にするのはなかなか難しい。

でも参加してくれたみんなが「楽しかった」と言ってくれただけで、企画して良かったって思う。

でも僕としては、ただ「楽しい」だけにしたくなかったっていう本音もあって、それでちょっと口論的な感じになったね。

でも僕はやっぱりそこは譲れなかった。僕は運転手だったし、言い出しっぺでもあったけど、あくまで参加者の1人でありたかった。みんなには、ただの参加者ではなく、役割を持ったチームの1人としてこの旅行を一緒に作り上げて欲しかった。これを始めに行っておかなかったのは、申し訳なかったけれど、ぼくとしてはそういうイメージがもともとあった。

でも最終的には、本当にチームワークも完成してきていて、会計、写真、ナビ、ガイド、食料、宿泊予約、料理など、いろいろやってくれて、感動しました。僕としては、もう2週間くらいかけてブリテン島も周りたい。



走行距離1736キロ
マニュアルで、しかも坂道とかに駐車するのはとても緊張するし、ストレスでした。でも誰かが、パッと外に出て誘導してくれたり、アドバイスしてくれたりした時は本当に嬉しかった。方向音痴な僕を助けるようにだれかが、いつもナビをしてくれた。みんなが運転も僕に任せずに、自分ごととしてやってくれて本当に救われた。


旅行中は、1日が飛ぶように過ぎて、
あっという間の一週間だったけれど、
1日の終わりに半分眠りながら、
毎日振り返ったあの映像も、
いつかまたみんなで見れる日が来ることを楽しみにしています。
そして、あの振り返りがまた、
誰かの背中を押すこともちょっと期待しています。

恋は生まれなかったけど、リアル「あいのり」みたいな感じで、みんなで車の中でワイワイ歌を歌ったり、サプライズで誕生日をお祝いしたり、恋愛観や人生観について話したりしたあの一週間は、間違いなく青春でした。あーゆーの大好きです。僕は、まだまだ大人になれそうになれません。

このアイルランド一周レンタカー旅行を振り返りたいと思ったら、一つひとつの観光地ではなくて、みんなの顔や、思い出が浮かんできたので、公開レターを書きました。

みんな本当にありがとう。そして、これからもよろしく。
いつでもゴールウェイに遊びに来てね。