2016年2月12日金曜日

あした、なにして生きていく?



自分が本当にしたいことにアクセスできているであろうか。

「お金が無限にあるとしたら」
「時間が無限にあるとしたら」
「親や友達が応援してくれるとしたら」



今、僕はお金を稼ぐために仕事を探している。
でもその仕事はお金がもらえなくても、やりたいだろうか。

仕事がなかなか、思うように見つからず「どんな仕事でもいい」と思っていた。

そしてやっと見つかった仕事。
ホテルのジャパニーズレストラン。
面接も無事に済んで、試し(トライアル)に1日働かせていただいた。
スタッフの人も親切ですし、賄いも美味しい。
全てが順調に思えた。


…僕は仕事に何を求めていたのか。
トライアルを終えて1日、いろいろ考えた。
何か新しい世界が見えてきただろうか。

否。

仕事ができればいいわけではない。
僕の時間を切り売りするために、仕事をするのではない。

何か、お金以外のものも得たい。
震えるほど面白い世界に触れたい。
僕にとってはそのための「仕事」

幸いアメリカの寿司屋では、毎日が刺激的でそして、充分と言えない間に3ヶ月が終わってしまった。

しかし今、アイルランドでこれからまた新しく、寿司レストランで働きたいかといえば、それは違うと思った。これが正直な気持ち。


好奇心が震えることをしたい。新しい世界に飛び込みたい。旅がしたい。ビールが飲みたい。英語をマスターしたい。文章を書きたい。写真を撮りたい。美味しい食べ物が食べたい。素敵な女性と遊びたい。社会とつながりたい。社会をもっとよくしたい。バカになりたい。音楽に浸りたい。映画の世界に落ちたい。友達と踊りたい。自分の可能性を信じたい。

僕が「旅」をしたいのは、僕の想像を超える何かにいつも出会えるから。

僕が「住民投票」や「国民投票」を追っているのは「自分が世界を動かしている」と感じる力があるから。「社会とつながっている」という力があるから。

時間は有限、可能性は無限。
本当にやりたいこと以外をしている時間はない。
僕は僕を信じてる。