2016年3月19日土曜日

「原発都民投票」懐かしい写真と動画が出てきた。



2011年から12年にかけて、
ぼくの全精力をかけてやっていた
「原発」稼働の是非を問う住民投票のための市民運動。
毎日ヘトヘトでボロボロだったけど、充実感にあふれていた。
ぼくの青春時代でもありました。

誘ってくれたどっきょ。

東電 原発事故の後、いち早く脱原発を決めたドイツに亡命しようとしていたぼくは
どっきょに引き止められて、あの活動に参加したわけだ。
リトアニアの「原発」国民投票の取材も楽しかったね。
どっきょ自身はただおしゃべりで、おしゃれなイケメンなだけでなのに。
どっきょといるとなぜか自分の能力以上の力が出せちゃうんだよね。
人をやる気にさせたり、大事なことに気づかせたりする天才だよね。

あれ以来、住民投票や国民投票を追いかけてアイルランドまで来ちゃったよ。
どっきょのせいで人生が変わっちゃいましたよ。どうしてくれるんだ。

高校生だったニコラス!

元気?


毎日のように都内を駆け回り、事務所にも来てくれて、
バカなことたくさんしたけど、カナダに行って以来一回も会ってない。
会いたいな。気が向いたら連絡ください。いつでも待ってるよ。

今井一さん

ことあるごとに声をかけてくださって、
いつも応援してくださってどうもありがとうございます。
イギリスで6月にお会いできることを楽しみにしております。
今井さんがいらっしゃると聞いて、プレッシャーに押しつぶされそうですが、
張り切って準備してお待ちしたいと思います。よろしくお願いいたします。

ひろみさん

あにきー!
緑の党の事務所に行けばいつでも会えると思っていながら、
なかなかお伺いできませんでしたね。いろいろ勉強会などで仕事をくださってどうもありがとうございました。いつもひろみさんの投稿を拝見して勉強させてもらっています。
アイルランドでも緑の党の選挙の手伝いをしてました。
帰国して、また何かできることがあったら教えてください。
整体も是非。

泰良!


久しぶり。まさか、また取材させてもらう日が来るとは、やっぱり何が起こるかわからないね。中学生だった泰良が今は大学生なんて!時が経つのは早いな。やっと投票権を持って、投票できる日が近づいてきたね。そんな今の泰良のリアルな気持ちを聞かせてもらえたら嬉しいです。また連絡するね。