2016年3月20日日曜日

イギリスのEU離脱を問う国民投票の前に知っておくべきこと 1

さて、とうとう3ヶ月後に迫ってきたイギリスのEU離脱の是非を問う国民投票。
基本的なことから、いろいろと日本の皆さんと情報をシェアしていきます。

日本でも近いうちに行われるかもしれない「国民投票」
いいところを真似しつつ、
問題があれば、そこから学んでくる予定です。

まずは、BBCの記事がわかりやすく
とても参考になるので、翻訳しました。

※は筆者注



この記事はなんのため?

イギリスの首相、デビットキャメロンはイギリスがEUにとどまるべきか、6月23日に国民投票にかけると宣言しました。この記事は簡単に理解できるようなガイドラインになっています。また他にも質問受け付けており、随時回答がページ下に追加されていきます。

※どんどん更新されていくみたいなので、ぼくも合わせて更新していく予定です。

そもそも「国民投票」ってなに?

国民投票とは要するに、規定の年齢に達した全員(もしくはほぼ全員)による投票によって、通常は「賛成」か「反対」が問われ、どちらか投票者数の過半数を獲得した方の意思が尊重される仕組みです。

※イギリスの国民投票は法的拘束力を持ちません(政府は国民投票の結果を無視してもいい)が、結果が尊重されるのが常です。

ヨーロッパ連合(EU)ってなに?

ヨーロッパ連合とは、28カ国のヨーロッパの国々が参加している経済的、政治的な連携のことです。第二次世界大戦後、経済的に協力し、成長を促進することで、互いに輸出入している国同士は戦争を避けるようになる、というアイデアから生まれました。それ以来、加盟国の間では基本的にモノや人の移動を可能にし、「単一市場」に成長しました。EUは独自の通貨として現在19カ国で流通しているユーロを有しています。EU議会はEU全体に関する環境、交通、消費者の権利、さらには携帯の充電器に関するものルールに至るものまで制定しています。

この動画ではEUについて2分で説明されています。(英語)


国民投票の設問はどうなるの?

投票用紙(仮)


どんな国民投票でも設問はとても重要です。選挙委員会は「イギリスはヨーロッパ連合にとどまるべきか、それともヨーロッパ連合を離脱するべきか?」を問い、投票者は「ヨーロッパ連合にとどまる」か「ヨーロッパ連合から離脱する」を選択する、という提案をして、イギリス下院にて承認されました。

※通常は「Yes」「No」で問われることが多いのですが、今回は厳しく公正を期すため、文言を選ぶという形で国民は問われます。キャンペーンがどのように行われるかも楽しみなところです。

Brexit(ブレグジット)ってどういう意味?

ブレグジットとは「イギリスがEUを抜ける(Britain exit)」の略です。ギリシャの時は同様にGrexitと呼ばれていました。


だれが投票できるの?

ブリテン人(イングランド・ウェールズ・スコットランド)か、アイルランド人、あるいはイギリス連邦に市民権を持つ18歳以上であり、のイギリスの住民。もしくは海外在住のイギリス人で、過去15年以内に選挙人名簿に記載されている人。通常の選挙とは違い、貴族院のメンバー及びジブラルタルの市民も資格を持ちます。しかしアイルランド、マルタ及び、キプロスを除く、EUの市民は投票権を持ちません。

※この辺はややこしいですよね。

どうやって投票するの?

他の投票と同じような制度で行われます。まず、あなたが投票するための登録が済んでいるなら、あなた宛に券が送られてきます。そこに6月23日に何時にどこで投票するべきかが書かれています。6月23日に投票所に行くと、あなたはこの国民投票の設問の印刷された一枚の紙をもらいます。その紙を持って、記載するための鉛筆のあるブースに行きます。そして、どちらかあなたの意見を表す方に「X」を記入して、その紙を投票箱に入れます。代わりに、郵便で投票することもできます。

訳 大芝健太郎


キャメロン首相がEUと新たに合意を得たものは?
誰が、どうしてEUを抜けたいと思っているの?
経済はどうなるの?

など次回に続きます。

___________________



イギリスのEU離脱を問う国民投票:知っておくべきこと 1
BBCニュースより


以下 原文

The UK's EU referendum: All you need to know
By Brian Wheeler & Alex Hunt
BBC News
1 March 2016


What is a referendum?
A referendum is basically a vote in which everyone (or nearly everyone) of voting age can take part, normally giving a "Yes" or "No" answer to a question. Whichever side gets more than half of all votes cast is considered to have won.


What is the European Union?
The European Union - often known as the EU - is an economic and political partnership involving 28 European countries (click here if you want to see the full list). It began after World War Two to foster economic co-operation, with the idea that countries which trade together are more likely to avoid going to war with each other. 

It has since grown to become a "single market" allowing goods and people to move around, basically as if the member states were one country.

It has its own currency, the euro, which is used by 19 of the member countries, its own parliament and it now sets rules in a wide range of areas - including on the environment, transport, consumer rights and even things like mobile phone charges. Click here for a beginners guide to how the EU works.
Here's a video explaining how the EU works in less than two minutes
Jump media playerMedia player helpOut of media player. Press enter to return or tab to continue.
Media captionHow does the European Union work?


What will the referendum question be?
The question is always crucial in any referendum. The Electoral Commission proposed the wording, which has been accepted by MPs: "Should the United Kingdom remain a member of the European Union or leave the European Union?" The options for voters will be 'Remain a member of the European Union' and 'Leave the European Union'. Read more: Does the wording of a referendum question matter?

What does Brexit mean?
It is a word that has become used as a shorthand way of saying the UK leaving the EU - merging the words Britain and exit to get Brexit, in a same way as a Greek exit from the EU was dubbed Grexit in the past.


Who will be able to vote?
British, Irish and Commonwealth citizens over 18 who are resident in the UK, along with UK nationals living abroad who have been on the electoral register in the UK in the past 15 years. Members of the House of Lords and Commonwealth citizens in Gibraltar will also be eligible, unlike in a general election. Citizens from EU countries - apart from Ireland, Malta and Cyprus - will not get a vote.

How will you vote?
It will be a similar system to that during other elections. Firstly, if you have registered to vote, you'll be sent a card telling you when voting takes place and where you should go to vote on 23 June. On that day, when you go to the polling station you will be given a piece of paper with the referendum question on it. You then go to a booth, which will have a pencil in it for your use. You then put a X in the box which reflects your choice and put the paper into a ballot box. Alternatively you will also be able to opt to vote by post. Read more: Electoral Commission's guide to applying to vote by post.