2016年4月23日土曜日

「愛してもいい」という許し



なんか他のことが全く手につかないんだけど、毎日幸せ。

今までも幸せだったけど、もっと幸せ。

この状態がずっと続くことはない。
でもそんな未来に不安や悲しみを抱きたくない。

幸せな今の感情を味わいながら
書き留めておきたい。


「愛してもいい」という許し
人って愛したい生き物なんだと思う。
それも思いっきり愛したいんだと思う。

本当は愛したい、
本当は優しくしたい、
本当は許したい、
本当は分かち合いたい、
誰かのために何かをしたい。

逆に愛する人に愛されないこと、
愛することを拒否されることは、
とても辛いことで、
愛するのを諦めたくなる気持ちもわかる。


今、ぼくは愛することを許されていて、
「好き」って言っていい。
愛していい。
優しくしていい。
許していい。
分かち合っていい。
その子のために何かしていい。

それができるか、できないかは関係ない。
「愛してもいい」という許しが、
今のぼくを幸せにしている。




「男」のことはよくわかってるけど、
自分のことはよくわかってない女の子。