2016年4月22日金曜日

ゴールウェイで 寮から一人部屋に引っ越して感じたメリットデメリット



今まで住んでいた家は、エアスクエア近くのゴールウェイ市内の中心地。
スペイン人、アメリカ人、カナダ人、ドイツ人、ブルガリア人、
フランス人、イタリア人たちとの13人での共同生活。
一軒家で、6人部屋、4人部屋、3人部屋のシェアルーム。

おもいおもいの目的で、
ゴールウェイにやってくる。
大学の学生や英語の習得、旅。

2週間に一人くらい別の土地に旅たって行き、
そして誰かまた新しい人を迎える。

夜勤の人もいるし、日勤の人もいる。
ぼくらはホステルで週に16時間働く。
その代わりにぼくらはこの家に住ませてもらっていた。

誕生日会やお別れ会で、
不定期に家でパーティー。
そのあとはクラブに踊りに行って、
天気がいいと朝から散歩に出かけたり。
昼は一緒にサッカーをしたり、夜は一緒に映画を見る。



今の家は仕事場の2階。
こちらも立地は市内中心部の最高の立地。
窓から海が見える。
朝は海まで行って、ラジオ体操をする。

シングルルームでプライベートのある快適な生活。
2人でキッチン、トイレ、シャワーなどをシェアしてる。

家賃は週に125€で安くはないけれど、
たった2ヶ月で住ませてくれるところはなかなかないし。
他、水道料金とか電気代、wifiも込みでありがたいです。

___________________

メリット
・自分の時間が確保できるようになった。
なにしろ13人で一緒に住んでるので、
「元気?」「今日の予定は?」「仕事見つかった?」
っていう話をみんなとするのは楽しいんだけど、
それで、ちょっと気疲れしていたのはあった。

・夜にぐっすり眠れるようになった。
家はクラブの目の前にあって、
週末は夜中の3時頃までドンドンやってて、
よく眠れなかったので、今は本当に快適に寝られてます。

・職場が近いので、通勤時間ほぼ0。
これは正直、大きくて仕事以外の時間を最大限使える。


デメリット

・友達がいなくてさみしい。
やっぱり引っ越したさみしさは常に一緒にいた友達と別々の生活。
でも「いつでも遊びに来て!」って言ってくれてて、時々遊びに行っています。
ぼくはこれくらいの距離感でいいのかも。

・英語を日常に置く環境
嫌でもコミュニケーションをとっていた状態で日常生活は完全に英語。これくらいやらないとやっぱり英語は身につかないわな。ちょっとこれを改善したい。

・家賃がかかる。月500€。
これは必要経費。でもそれ以上に稼がせてもらっているので、これもありがたい話。