2016年5月7日土曜日

写真で振り返るロンドン2「二人してまさかの食あたり」


落書きまでかっこいいロンドン。
1日目の夕食はイギリス料理のチェーン店で。

見るからにどれも脂っこい感じ笑 

フィッシュアンドチップス ドーン!

チキンパイ

そしてこの夕食を食べた後のことでした…。
なんとも気持ちが悪い。吐き気とだるさ。

そして迎えた2日目
ゆーじと一緒に大英博物館を巡る予定で、
朝から一緒に出かけたのですが、
途中で、立っているのも辛くなってしまい、
止むを得ず自宅待機。
夕方からはかなり元気になって、
大英博物館を楽しんできたゆーじと合流して
外に食べに行くことに。

建物がどれもかっこいい。
荘厳でスタイリッシュ。
このへんは全然アイルランドとは違う。

たまたま通り掛かったお店からアイルランドの音楽が聞こえてきて、
ゆーじを誘って入って見ると。

ビールの種類もたくさんあって、
生の音楽も聞けて、いい感じのお店でした。

でもぼくは昨日の食あたりもあったので、
りんごだけ食べて就寝。


3日目!
しっかり眠ったおかげで、
元気回復。
街に飛び出します。





ぼくの大好きな鉄細工が置いてあるのが、
Victoria and Albert Museum

ここも通りがかりにフラっと入った美術館ですが、
大学の時に授業で鉄細工を作って以来、
ずっと大好きで、
いろんな国でかっこいいものを撮りためていたのですが、
ここに飾られている作品はさすがの一言。
どうやって曲げて、どうやってくっつけて...
たくさんのどうやって?が浮かびます。




___________________

このあと、ミュージアムを歩いているうちに、
ゆーじもぼくと同じようにダウン。

腹痛と吐き気。
やっぱり1日目に2人でシェアした
フィッシュ&チップスが悪かったのかもしれない。

外国で病気になることより、
心細いことはない。
本当に泣きたくなる。
帰りたくなるよね。
「なんでこんな時に」
って思うよね。