2016年5月19日木曜日

「いい軍人もいれば、悪い軍人もいる」って話にするなよ。

昨年夏 新基地建設中の辺野古ゲート前にて





ここ数日、気になっていた事件。
最悪の結末を伝えるニュースを読んで、
他にやることがたくさんあるのに。
呆然として、上のツイートをするのに1時間かかった。

いろいろ言いたいことが出てきては消えた。
でも一番言いたいこと。

「いいアメリカ軍人もいれば、悪い軍人もいる」って話じゃない。
他の殺人事件とは全く質が違うことをどれだけの人が理解してるだろうか。

悲しいことに何度も起きている米軍人による被害は構造的な問題で、
「再発防止」や「謝罪」で表面的に繕っても、
基地がある限り解決されない。


何度もなんども。
米軍によって引き起こされた事件。事故。
日本でありながら、日本と同じように裁くことができない。

自然破壊、日常的な危険と騒音。
そんな特権を許してしまっているのは日本。

沖縄は「基地はいらない」と民意も明らかになっている。
それでも沖縄に米軍基地を集中させているのも日本。

表面的には
「悪いアメリカ軍人」が起こした事件だけど。
基地があったから起きた事件だし、
これからも基地を許し続ける限り、
また起きてしまう可能性を持っている。

だからこれはただの殺人事件じゃないんですよ。

米軍基地の存在を許す「日本」によって
引き起こされた事件。
だから日本を構成する「私たち」にも責任がある。

救えたかもしれない。
そしてこれからの被害はなくせるかもしれない。
基地を許していた「日本」を変えることができれば、
「私たち」が変われば。




「平和」とか
「正義」とか
「安全保障」とか
そんな大義名分を掲げて

沖縄の平穏を
犠牲にしてるじゃんか。

なんのための基地だよ。
なんのための軍人だよ。

日本のため?
おれらのため?

なおさら
いらないって。

もう勘弁してくれよ。









なぜ米軍が今も特別な地位で日本に駐留しているのか。
これはわかりやすくてオススメ。