2016年5月30日月曜日

イギリス 国民投票 キャンペーンはどのように展開されるのか

投票日まで1ヶ月を切って、賛否が拮抗していることもあり、
どちらのキャンペーンも白熱しているようです。

キャンペーンを率いているのはこの二つのグループ

「Britain Stronger In Europe」

http://www.strongerin.co.uk/

こちらはEU残留派のリーディング グループ。
「イギリスはEUの中でこそ力強い」


「Leave EU」

こちらは離脱派のリーディング グループ
「EUから離脱しよう」です。

_____________________

リーディング グループって何?

リーディング グループとは、
国民投票のキャンペーンを行う主になるグループ。

このグループは法律に基づき、選挙管理委員会によって、
「残留」「離脱」に1グループずつ選ばれます。


このリーディンググループに選ばれると、
・700万ポンド(約11億3000万円)までお金をかけて
 キャンペーンを行うことができる。

ポイントは「無制限ではない」ということ。このようにリミットを設けることによって、金銭的な優劣が、結果に直結しないように配慮されている。これはスコットランドで行われた独立住民投票と同じである。

・60万ポンド(約9200万円)は、
公的基金から受け取ることができる。

こちらも金銭的な公平性を保つため。
事務所の開設、運営ほか、キャンペーンに関わる最低限のお金は、国から受け取ることができる。

ほかにも、無料でダイレクトメールを送ることができたり、国営テレビの放送も保証され、公共施設を無料で自由に使う権利も与えられる。

_____________

リーディング グループの選び方

お金を使って活動するグループは事前に申請が必要であり、
その申請がされているグループなら、
どのグループもリーディンググループに応募することができる。

「残留」「離脱」
両派で一つずつ選ばれるが、
立候補がなかったり、
キャンペーンに必要な十分な資料や、根拠の提出がなければ、
どちらか一方のみしか選ばれない可能性もある。

応募が複数あった場合には、
必要な資料、キャンペーン方法などを考慮して、
どこのグループが一番影響力を持つかを、
選挙権利委員会が2週間かけて判断し、
一つに決定される。

ちなみにリーディンググループではなくても、
登録された団体は70万ポンドまで予算を使うことができる。

__________________

完全な自由ではなく、このような国からの最低限の保障、
及び、予算のリミットを設けることにより、
より公平なキャンペーンが展開されることになる。


直接民主主義の国、スイスは両派の予算の使い方は完全に自由であるが、
スイス政府から配られる資料には、
両派からの意見が表記されており、
こちらも公平を期するために配慮されている。