2016年6月30日木曜日

イギリスの国民投票を巡る日本の報道のレベルの低さ


昨日は労働党の党首で、現在不信任案が提出されているジェレミー・コービンさんの支持者の集会に行ってきました。

「住む家を確保すること、教育を無料にすること、社会保障を充実させること、まだまだ道半ばである。」と言っていました。

キャメロンさんの辞任で、次期首相が誰になるのか。
そして、野党第1党の労働党も党首選が行われることになります。

さて、表題の件です。


以下 読売新聞より
 英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めたことを巡って28日、閣議後の記者会見で、国民投票がポピュリズム(大衆迎合主義)に陥る危険性を指摘する声が相次いだ。
 河野国家公安委員長は「離脱派の公約があまり正確ではなかったとも言われている。ポピュリズムに陥らないよう、民主主義で物事を決める難しさを再認識する必要がある」と語った。英国では再投票を求める署名活動が広がるなど、離脱決定を後悔する動きが出ていることを踏まえたものだ。 麻生副総理兼財務相は「議院内閣制を良しとする英国で、代議員制度ではなく直接投票を選んだのはいかがなものか」と述べ、議会で冷静に議論を進めるべきだったと強調した。
「国民投票がポピュリズムに陥る危険性」なんて当たり前の話で、
「車が交通事故を起こす危険性」みたいな話ですよ。

国民投票を歴史上、一度もしたことのない日本。
その国の政府は未だにこんなことを言っているんですか。
悲しくなってきます。

「正確な情報が出てこない」なんて、
これもまた何を言っているのか、
何も言っていないのと同じというか。

何が正確かは、国民一人ひとりが判断するんですよ。
選挙だって、難しいんですよ。
誰が本当のことを言っているのか判断するのは。
国民投票だって一緒。

「直接投票ではなく、議会で議論を進めるべき」
というが、代議員はあくまで国民の代わりであって、
EU離脱など特に国民に大きな影響を及ぼす事案においては、
主権の存する国民に直接問うのは至極当然のことである。

もし、EU離脱を進めてきたイギリス独立党が
単独与党の政権をとったからといって、
議会制民主主義だからといって、国民に問わずにEUを離脱することは、
同様に許されないことである。


いずれも「国民投票」自体にありもしない理想を抱いているのか、
それとも「国民投票」を触れてはいけない醜悪なものだと思っているのか。
「国民投票」をめぐる政治家や、メディアの論調にがっかりしています。





離脱を進めるイギリス独立党が、当時直近のEU議員を選ぶ選挙で第1党になり、
国民から、離脱を求める声が少なくなかったのが事実。
たしかに、キャメロンさんには勝算があった。だから国民投票を実施した。
でも負けた。国民の本音を読み切れてなかった。
彼は国民投票の結果を尊重すると言った。
そして「後悔してない」と言った。

でも記事では
本音は「国民投票をしたことを後悔している」と言わせたいかのようです。
そんなことは言ってないのに、そういうニュアンスで書かれていると思いませんか。
こんな書き方していいのでしょうか。
言ってないのに。



こちらは、日本のメディアだけではなく、イギリスのメディアでもよく報じられています。「離脱に投票したことを後悔している」という人が7.1%いたということ。こちらはよく報じられているんですが、残留に投票したことを後悔しているという人も4.4%います。こちらはあまり報じられていません。

元データは「サーベイション」より→
http://survation.com/wp-content/uploads/2016/06/Final-MoS-Post-Brexit-Tables-240616SWCH-1c0d3h3.pdf

投票先に後悔する人が現れるなんて、当たり前です。選挙だって一緒です。というより人生で「こっちにしとけばよかった」と思うことがあるのは当然です。結果は出てしまいました。これが事実です。人生にはやり直しがききませんし、国民投票もやり直しがききません。そういう話なので、慎重に選ぶ必要があるのです。それでも、後悔するかもしれません。人間ですから。しかし議員は後悔するような選択をしないのでしょうか。議員も間違った選択をしないのでしょうか。間違えますよ、議員だって人間ですから。



これは日本だけではなく、イギリスでも話題になっていることですが、結果を受けて、その結果について調べるなんて当たり前じゃないですか。しかも250%増なんて、例えば1万が3万5千ですよ。離脱派だけじゃなくて、むしろ残留派の方もいたでしょうね。EU離脱なんて考えてなくて、結果が出てから調べているケースもあるでしょう。投票権を持つことができなかったイギリス在住のEU市民もいるでしょう。そして推測の通り一定数はよく考えずに投票した人はいるでしょう。実際、街中で話を聞く中で「EUってそもそもなんですか?」って逆に聞かれたこともありましたし。でも記事のように、
この決定が自国に何をもたらすのかを事前に調べた国民は少なかったのかもしれない。  
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/25/news026.html
って、ちょっと待ってくださいよ。Google検索された数が増えたことを根拠にして「事前に調べずに投票したんじゃないか」なんて考察するなんて乱暴じゃないですか?

実際に話を聞く中で大方の人たちはこの投票の重要さを理解していましたし、前日の夜まで悩み抜いて投票に向かった人もいました。これはイギリス人への侮辱ですし、誤った認識を日本人に与えかねません。


日本語メディアでの「国民投票」のレベルの低さをまとめると以下の通りです。

「国民投票がポピュリズムに陥る可能性」←当たり前
「正確な情報をつかむのは難しい」←当たり前
「議会制民主主義の国でも直接投票を用いる」←当たり前
「離脱に投票したのを後悔している人がいる」←当たり前
「離脱が決まって一斉に「EUとは何か」とググられた」←当たり前

限られた時間で限られた文字数で各メディアの方々が伝えなければならない不自由は分かりますが、今、日本のメディアがするべきは「国民投票」叩きではありません。
今、日本は歴史上初めての国民投票が行われる可能性があるわけです。
「国民投票」と一口に言っても、各国ですでに行われている法律やルールは様々です。
今一度、各国の国民投票を検証し直し、実際に行われつつある日本初の「国民投票」をどうデザインするかを考えていくべきです。
どうしたら情報が行き渡るか、どうしたら議論が深まるか、
どうしたら関心が高まるか、どう公平性を保つのか。

投票年齢は?設問は?広報期間は?キャンペーンの方法は?

日本国憲法の改正手続きに関する国民投票法は既に制定され、
施行されていますが、憲法改正以外での国民投票の活用などについても、
日本で議論されるようになるまで、僕ももうすこし頑張ろうと思います。


2016年6月29日水曜日

2カ国でワーホリをしてみてわかったメリットとデメリット



友達から「ワーホリってどうなの?」
っていう質問をもらったので、お答えしようと思います。

結論から言えば
「めっちゃいいよ!」
です。

ぼくは2013年にドイツに一年滞在して、
昨年12月に今度はアイルランドのワーホリビザを取得してアイルランドにわたり、
今はロンドンにいます。

ワーホリのデメリット

実はデメリットなんてほとんど感じてないんですが、
強いて言えば、やっぱりお金がかかることですね。
2013年にドイツに行ってた時は全部で大体130万円くらいかかったと思います。


ぼくは大学付属の語学学校に通いつつ、
その学校の寮に住んでいたので、これでもかなり節約できている方だと思います。

ドイツではドイツ人に向けての仕事はせずに、
日本語で記事を書いたり、日本人向けに講演をしたりしていました。
それで得られたのは20万くらいでした。

とにかく語学に自信がなければ、
滞在先の国で、すぐに働くっていうのは難しいと思うので、
お金はあった方がいいと思います。
なければないで、どうにかなると思いますが、
ぼくはアイルランドで苦労しました。

まぁ日本にいたって、生活費がかかるわけで、
いくら使うかっていうより、どこで使うかっていう感じですね。


メリット


メリットなんてありすぎて、何を書いたらいいのかわからないですが、
旅行ではわからないことが、
生活することでわかるってことです。

ワーホリで海外で友達を作って、遊んで、
住むところを探して、住んで、働いて。
外国人として、現地のコミュニティで生きていくのは、
簡単ではありません。

でも日本で長年生活してきた僕にとって、
海外生活は全てが新鮮でした。

スーパーで初めて見るルバーブやアーティチョーク。
変な形のかぼちゃ。白いアスパラガス、とても硬いキャベツ。
クラブで踊るという文化。
歩いていると「ニーハオ」と言われること。
日本の生卵を恋しく思うこと。
コンビニのトイレが便利だったということ。
レストランやスーパーで閉店時間前に余裕をもって入らこと。
お酒の安さ。

新鮮に感じていたものが、段々当たり前になってくる。
そして、日本で感じていた常識と今の環境を比べてみる。
どっちが異常なのか。どっちが好きか。

日本の「常識」を疑えるようになる。
「価値観」の違いを感じることができる。

自分の中の視点が増えて、視野が広がる。
選択肢が増えて、可能性も広がる。

ぼくからしたらメリットだらけで、
できれば、もう一ヶ国くらい行きたいくらいです。

やりたいことをやるのに、年齢制限なんてありませんが、
ワーホリには年齢制限がありますから、お早めに。

___________________

もし、ワーホリで迷ってるいるなら相談にのりますよ。

このサービスは外向けです。
知り合いだったら、もちろんお金取らないので、
遠慮なく普通にスカイプでもFBでも連絡ください。

国民投票のその後 ”Stand Together” ロンドンで残留派の集会



「EU離脱」が52%の支持を得たイギリスの国民投票から5日後、
”Stand Together"という集会がロンドンの中心地トラファルガー広場で開催された。

告知文にはこう記されている。
「国民投票の後、残留を訴えてきた人たちの声が、このまま取り上げられなくなってしまっていくのではないかという危機感を持っています。そこで私たちは、公に民主的なアプローチをすることによって、対話できる環境、場所を作っていきたい」
https://www.facebook.com/events/1671704409745795/
このイベントは告知されてから瞬時に広まり、開催前日には5万人を超える参加表明があった。しかしトラファルガー広場の収容人数は多くて1万人。主催者は安全を考慮して、止むを得ずイベントの中止を決めた。

主催者不在のなか「それでも私は行く」という人たちが、開催予定だった17時を過ぎると雨の降る広場にどんどんと集まってきた。





I want my EU back
私のEUを返して

ヨーロッパと団結しよう

色とりどりのプラカードと傘で埋まっていくトラファルガー広場


EUを恋しく思うだろう

日本でも話題になっている google検索
「EUってなに?」





1:55秒くらいから、この集会についての簡単な解説と参加者への聞き取りが始まります。(日本語)

2016年6月28日火曜日

村上春樹「ノルウェイの森」「生きにくい」と「生きたくない」

「生きにくい」と、
生きにくいとは、生きたい人の発想で、
昔の人が疫病で苦しんでも、部落差別で苦しんでも、
戦争で徴兵されたり、食糧難だったり、
そういう時代の不幸だが、
自分のせいではない。
悪いのは自分ではなく、環境。


「生きたくない」は違う。
生きていてもいいことないのに、
なんで自分は生きているんだろうという疑問。

なんで自分は思ったように生きられないんだろう。
なんで自分は期待に応えられないんだろう。
なんで自分は愛されないんだろう。
自分は生きている価値がないんじゃないか。
という自己否定。


生きやすい時代になったと言われてるけど、
「生きたい」と思える時代なのかって言われるとどうなのかなって思う。



村上春樹の「ノルウェイの森」を読んだ。

海外に来ると、村上春樹が好きっていう人が多くて、
ぼくは一冊も読んだことがなくて、
ちょっと読んでみようと思った。

珍しくない展開で、登場人物も少なくて、
短くないのに、飽きさせない。
それを難しない言葉で。


これがノーベル文学賞候補の作家の力か。
他の本も読んでみたいと思った。

2016年6月27日月曜日

イギリスは強烈な風が右から吹いた、スコットランドは左からだった。



2014年9月に行われた
スコットランド「独立」の是非を問う住民投票。
投票日1年前までは30%ほどだった独立支持率が、
投票直前には残留支持を上回るほどの勢いを見せ、
あわや独立かと思われたが、
蓋を開けてみると45%の支持にとどまり、独立には至らなかった。

当時のスコットランドには左から大きな風が吹いた。
住民投票を進めたのは「Scottish National Party(スコットランド国民党)」という、
教育の公的補助、最低賃金の引き上げなど社会民主主義的な政党である。
独立したら...
新自由主義的な保守党の政治から解放される。
もっと格差を埋める政策を進められる。
核兵器ではなく、医療や教育にお金をかけられる。
EU移民を歓迎できる。

これらの政策が今まで投票に行ったことのない貧困層なども取り込み、
支持者を得ていった。

最終的に問われたのが「カネか主権か?」

・ポンドが今までのように使えるかわからない。
・EUに留まれるかわからない。

しかし、
イングランド(Westminster)に主権が奪われたままでいいのか。
"Scotland's future in Scotland's hands"
「スコットランドの未来はスコットランドが決めること」
というキャンペーン。

これで、独立までもう一歩というところまで支持を拡大した。
今、またイギリスのEU離脱が決まり、スコットランドは再度「住民投票」の準備をしている。





イギリスの場合は国民投票で「EU離脱」は4割ほどの支持を受けていたが、

キャンペーンを進めていたのは、
保守党の離脱派、イギリス独立党(United Kingdom Independent Party)
これらの政党は離脱すれば、
移民を制限できる。
EUの規制を外せる。(もっと新自由主義的な競争を進められる。)
他の国と共に発展するのではなく、イギリスを復興することができる。(Nationalism)
としていた。

しかし、EUに残留しなければ「経済」が落ち込むことは、
誰の目に見ても明らかであった。

ここで、離脱派のボリスジョンソンが争点にしたのは、
スコットランド国民党が独立の気運を高めたのと同じ。
「カネか主権か?」
という選択であった。
「Take back control」(主権を取り戻せ)

イギリスの主権をブリュッセルの官僚たちに握られたままでいいのか。
(イギリスの国内法より、EU法の方が上位法にあたる)
選挙によって選ばれるわけでもない、
官僚たちは俺(ボリス)よりいい給料をもらっているぞ。

事実、ボリスはこの言葉で最後の討論会を終え、
争点の一つにこの「主権」を持ってきた。
最後の一押しを決めたのもここだったように思われる。

スコットランドの場合は「独立」に投票した、
貧困層、低学歴層は「独立」によって不満はいくらか
改善しただろう。


しかし、イギリスの場合、
右から吹いてきたこの風に高齢者、貧困層や、低学歴層が飛び込んだわけだが、
果たして離脱に投票した彼らの抱えている不安が、
これから迎えるであろうボリス率いる保守党の政治によって、
「EU離脱」によって、解消されるかは疑問が残るところである。
さらに貧しくなっていく可能性も否定できず、不満が解消されず、
もっと極端なナショナリズム、排他主義、
経済格差が進んでしまわないかと心配している。

2016年6月26日日曜日

「しばけんの奔走TV」ゲストはロンドン駐在員のカク!



ロンドン時間 26日15:30-
日本時間 26日23:30-

ロンドンに駐在員として、
在住丸3年近く金融業で働くカク
に雑談を主にいろいろお聞きしました。





ロンドンに来た経緯
ロンドンでの駐在員生活
EU離脱を問う国民投票を体験したか
国民投票の金融業への影響
などなど

どうもありがとう!

写真「愛することは人間の権利」London Pride 2016

世界最大規模の性的少数者の祭典「London Pride 2016」 


愛することは人間の権利だ

"No Filter"


Mr, Elizabeth




More Fxxked off about Brexit.
イギリスEU離脱についてはもう終わり

ロンドンの消防隊も参加

警察までにこやかにパレードに参加

かわいい風船

よく見ると男の人2人が2人で歩いている。
ロンドンはこういうところが本当に粋。




国民投票から二日後のこのパレード。
キャンペーン運動よりも、エネルギー的にも参加人数の規模も断然こちらの方が盛り上がっていたように感じます。

2016年6月24日金曜日

キャメロン首相は愚かではない。素晴らしい「政治家」だ




イギリスが国民投票でEU離脱を決めた。
日本で多くのメディアが伝えているところは省き、
5つの点について現地で感じたことを書く。

投票率について

投票率は72.2%。近年にはない高い投票率で、総選挙の投票率でいうと、70%を超えるのは1997年以来になる。

街で対面調査を行う中でも、関心の高さを感じたが、この投票率は日本のイメージする投票率とは少しちがう。


日本では有権者は同時に選挙人名簿に自動的に登録されるが、イギリスでは(アメリカなどでも)選挙人名簿に登録しなければならない。この選挙人名簿に登録した人の中で割合が計算される。つまり日本からすると65%ほどの投票率と言える。

EU離脱派はどういう人なのか。

高齢者、低所得者層、低学歴、
郊外に暮らしているという傾向がある。
しかし、それだけで語ることはできない。

ロンドンでの対面調査の中で明らかになったのは
「移民」を心配する声が大きいということ。
EU市民はなんの制限もなく、
誰でもイギリスに住むことができ、仕事もできる、
一定の条件が整えば、社会保障も受けられる。

そういったことから移民が急増、
イギリスの仕事がEU市民(特に東欧)に奪われ、
全体的に賃金が押し下がげられ、
移民が増えたため、通いたい学校に通えず、
病院は患者であふれている。
という状況になってしまっていた。

他にも「EUから主権を取り戻す」という論。
「EUだけでなく世界中と貿易するべき」という人らもいたが、

総じて言えるのは、離脱派は感情が豊かだということ。

「不安や怒りを感じていて、それをどうにかしたい。
(→EUが悪い)」
という強い感情を感じた。

「EU離脱」と言いづらい雰囲気

ロンドンの話だが、Leave(離脱)というステッカーやバッジをつけている人がRemain(残留)と表明している人に対して圧倒的に少ない。

キャンペーンも残留側の方が表立ってよく活動していたのは間違いない。
外から見える限りでは残留が圧倒的なのは明らかだった。

しかし実際はロンドンで残留は60%。

見えなかったのは彼らは、
移民やEUへの不満を口にしたくなかったから。
メディアでも専門家も有名人も、海外からも「残留が適切」という声。
アイルランドでも「同性婚を認めない」と表立って言えないが、
投票では同性婚に反対を投じたという人が一定数いた。

そしてそういう、invisible(見えない)投票者たちの行動が読めず、
賭け屋さえ、予想できなかった結果になったのが、今回の国民投票である。

スコットランドの独立住民投票について



そもそもスコットランドとイングランドでは人口比の違いがあり、
こういったことが長年続いてきた。例えば、1960年来スコットランドは保守党が第一党になったことは一度もないのだが、その間イギリスでは、キャメロンやサッチャーを始め多くの保守党首相が生まれている。


これは沖縄が抱えている問題と似ている。沖縄は自民党を支持していないのに関わらず、日本で選ばれた自民党が沖縄に基地を押し付けているという構図である。



今回の国民投票は「失敗」か?

成功でしょう。やってよかったと言えます。
イギリスでテレビや他で議論が盛んに行われ、高い投票率があり、
その結果に対しての責任をイギリスの人たちはこれから取ろうとしている。

望んだ結果にならなかったとしても、それはイギリス人の選択で、
キャメロン首相はその選択を「尊重する」としている。
彼は民意を問い、そして尊重する素晴らしい「政治家」だ。
日本の「政治家」と称している人、あるいはなろうとしている人は、
彼の姿勢を見習うべきだ。

もう少しロンドンに滞在して、
この国民投票について検証していく。

2016年6月23日木曜日

「昨日の夜まで悩んだ」EU離脱の是非を問う国民投票



雨が降る中、ロンドンの投票は始まった。

投票を終えた後、話を聞くと
「昨日の夜まで悩んだ」と答えたLucyさん。

会社員風の男性は、
「もちろんEU残留に投票した。悩みもしていない簡単な選択だ」

離脱に投票したという若い男性は、
「EUの政策は民主的に決められていないし、力が強すぎる。」

一方 昨日会った19歳の男性は
「選挙登録をし損ねてしまった。今、本当に残念に思っている。」と話す。




そもそもロンドンは残留を求める人が多い地域。
話を聞く中でも「残留」に投じた人の方が多い印象だ。

投票締め切りまであと約9時間。

Eu referendum poll tracker results

世論調査も拮抗していて、どちらに転ぶかわからない状況だ。
日本時間の午前から徐々に判明し、昼頃には最終的な結果が発表される模様。


2016年6月22日水曜日

戸別訪問をおこなう離脱派

日本では参議院選挙の公示日で盛り上がっているようですが、ロンドンは明日に控えたEU離脱の是非を問う国民投票。

昨日は離脱派の戸別訪問に同行させてもらいました。


有権者名簿を頼りに、一軒ずつ周っていく。
この有権者名簿はVote Leave(離脱派)から取り寄せることができるとのこと。

平日の昼間なので、家にいる人はあまり多くない。
在宅していれば、話を聞いてくれる人は3割ほどいる。



在宅していない家にはチラシを投函していく。




中には入り口に「Remain(残留)」と書かれた
ポスターを掲げている家も。


この日、戸別訪問をしていたのはLucy(左)さんとJoy(右)さん。

Lucyさんはこの地域の保守党議員を務めている。3週間前から週に3回ほど、合計で10回ほどこの地区の戸別訪問をしている。5月初めまではロンドン市長選で忙しく、その後から徐々に機会を増やしている。EUにコントロールされたイギリスに危機感を持ち離脱を訴える。

Joyさんは年金生活者。普段は土曜日にやるのだけれど、今週に迫った投票日を前に平日にも戸別訪問をすることにしたという。「離脱するべきだと考えたのは、イギリスはEUだけと関係を築けばいいわけではない。世界中の国と貿易をしていくべき。そのためには単一市場から一旦抜ける必要がある」




2016年6月16日木曜日

イギリス国民投票一週間前ロンドンの様子

昨日は両派の事務所の下見と
イギリス選挙管理委員会
ロンドン日本語ミートアップへ

イギリス選挙管理委員会の入り口にあるサイン
これは選挙管理委員会の発行している、
投票案内の表紙にもなっています。

家の前に下げられた"Vote Leave"


イングランドの国旗を掲げているのもよく見られたのは、
サッカーの大会「EURO2016」が開催中のため。

こちらも離脱派のポスター

離脱派の”Vote Leave” のある事務所
ウェストミンスタータワー





”Brits Don't Quit"
「イギリス EU 出て行かないで」

日本語にするとカッコ悪いですが、
ブリッツ ドント クイト

韻を踏んでいます

残留派のポスター


残留派の事務所がある "ERGON House"

1日ロンドンを歩いてみての印象は外向けのキャンペーンはあまり行われていないということ。2014年のスコットランドの独立住民投票や、2015年の大阪都構想を問う住民投票よりは目立っていない。当時のスコットランドや大阪は、歩けばポスターが目に入り、リーフレットを配る人がいた。

一方2012年リトアニアの新規原発の建設を問う国民投票では、選挙と同日に行われたため、政党は選挙に注力していたため、首都ヴィルニスでたった一枚のポスターを見ただけだった。

日本語ミートアップで出会った人たちに聞いたところでは、
2人は残留、1人は離脱に投票する予定だという。

街で話を聞いた60歳前後の女性は離脱に投票するという。
一番の理由は移民が多すぎるということ。
「イギリスで稼いだお金を本国に送られたら、イギリスがどんどん貧しくなってしまう。移民に対しての社会保障もしなくてはならない。移民の人たちは他に行くところがあるかもしれないけど、私たちは他に行くところがない。移民がみんな悪いというわけではもちろんない、近所にイスラム教の人が住んでいるけれども、彼らとはとてもいい関係で、彼の作ってくれるミントティーはとても美味しい。
そもそもイギリスはもともとEUの一員ではなかった。EUを離脱してもそれが戻るだけ。」