2016年6月6日月曜日

「やる気が出ないのはなぜか」答えは未来にある



「やる気が出ないのはなぜか」

やる気を出さないほうがいい理由が
未来にある。

やる気が出ると、いろいろ頑張ってしまう。
今は、単純に疲れてるのかもしれない。


ここで、無理に頑張ってしまうと危ない。
身体が?心が?「休みたい」と言っているだけかもしれない。
睡眠は足りているか。ちゃんと食べられているか。


それとも
間違った方向に進んでいないか。
この機会に振り返ってみる。


やるべきことがあるのはわかってる。
でもやる気が出ない時は、どんなに忙しくても、
心の声を聞く。そして、それに従ってみる。
自分を甘やかす。


美味しいものを食べる。よく寝る。
読みたかった本を読む。聴きたい音楽を聞く。

間違った方向でなければ、大丈夫。
またやる気が自然に出てくる。

_________________

実は先日、大きなミスをしてしまって、
落ち込んでいた。

「やる気が出ない。」

でもそのミスはきっかけであって、
原因ではない。

ミスをしても
落ち込むか、
落ち込まないかは、
意識的か、無意識か。
自分が決めている。


「何のために、自分は落ち込んでいるのか」

「落ち込んで、自分はどうしたいのか。」

「落ち込んでいなければ、できないことはないか」

ベッドに横になって、
ひたすら落ち込む自分と向き合う。

ふと思い出して、最近連絡してなかった友達に連絡してみてみたり。

そして、ずっと心に引っかかっていたことを思い出した。
「Kai」というゴールウェイのレストラン。
季節のもの、地元のものを扱っている有名なお店。

思い出して、重い腰を上げて行ってきた。
そしたら気持ちがパッと晴れた。

______________________________


気になってはいた。
「行こう」とも思ってた。
でも落ち込んだ状態じゃなければ、
行かなかったと思う。

行かなくていい理由はいろいろあった。
実はすごい高いお店で、
他にもやらなきゃいけないことがあった。

頭ではそう考えてた。
でも心はきっと違った。
「絶対にKaiに行きたい」

______________________________

これはちょっと落ち込んだ時の、
ちょっとした例だけど。

身体も心も知っている。
でも頭だけは気づいてないことってある。

頭はごまかすことはできても、
身体と心は正直なものです。


落ち込むのも、人を愛せないのも、
起きてしまった過去はきっかけで、
その理由は未来にある。