2016年7月22日金曜日

オックスフォード後編 DaveとBasilさん

公園で朝8時半まで快眠した日の朝、
メッセージを送っていた
カウチサーフィンのホストの方から
返信が来ていた。

教えていただいた住所に伺うと
暖かくDaveさんは迎えてくだった


整理整頓が行き届いた
きれいなおうち

この日は
Daveさんと一緒に夕ご飯を頂いた。
ぼくは味噌野菜炒めを作り、
彼はサラダと
フィッシュフィンガー(白身魚のフライ)
を用意してくれました
そしてデザートには自家製レッドカラントソースのかかった
バニラアイス
あまりに美味しかったので、
「おかわり..もらえますか?」
というと、
一瞬ムッとした顔をして、
そのあと、
いじわるがばれた子どもみたいにニコって笑って
「よく食べるなぁ」
ってまたアイスとソースを
よそってくれました
茶目っ気のあるおじさんだ

その日の夕方は色々なことを話した
彼は一年のうち3ヶ月ほどアジアで過ごすのだそうだ
そのうち一度は日本を周ったという
特にネパールがお気に入りで
庭にはタルチョが風に揺れていた

ミュージシャンでもあり、
音響のプロフェッショナルでもある、
なんと自分の家を改築して
防音設備を作り
自前でスタジオを作り
その運営も彼の仕事だそうだ

昨日は野宿だったので
シャワーをお借りしてスッキリさせてもらい
その日は早めに休ませてもらった


次の日の朝
庭に生えているレッドカラントの収穫を手伝いさせてもらった
一年間で一番楽しい瞬間
この時間を共有できること
ありがたい

彼はほどなく仕事に出かけ、
ぼくも30度を超える
年に数日の暑さを感じるために
散歩に出た


その日はオックスフォードに住む
BASILさんに会いに行く日

BASILさんは
オックスフォードに住む日本人ママで
国民投票について、
イギリスと日本の現状についての
情報収集と鋭い発言を続けている方

ダメ元で
「お話を聞かせていただけませんか?」
とメッセージを送ったところ
おうちに呼んでいただけることに






待ち合わせ場所に行くとBASILさんが車で迎えに来てくださった。
行きの車の中で簡単な自己紹介などしながらお家へ。

実はすこし緊張していたのですが、
気さくな方で、でも言うことははっきり言う印象で、
話しているうちに緊張が解けていった。

お家に着くと息子さんがフリスビーに誘ってくれたので一緒に遊び、
夕食には久しぶりのお寿司をいただいた。
具沢山の太巻きが美味しかった、
他にもパスタやサラダ、
グリルしたじゃがいもとチーズなども。

毎日マヨネーズとトマトケチャップの
サンドイッチばっかり食べているので、
目移りして、決めかねるほど。





BASILさんは匿名で活動されている方なので、
どこまで書いていいかわからないのだが、

BASILさんと、
政治に詳しいドイツ人の旦那さん、
イギリス自民党の元議員さん、
近所にお住まいの英語の先生と色々な話をした。

オックスフォード近郊の、ヘイトクライムの事例。

国民投票のCMには、
虚偽がないかしっかり事前にチェックする機関が必要だということ。
(医薬品の効果などには厳しくチェックがある。)
どんなキャンペーンを行っていたのか。
イギリスの研究がこれからどうなっていくか心配しているということ。

など、どれもそれぞれの立場でしかわからない
貴重なお話を聞かせていただいた。


「もっと話したい!」という気持ちがあったのだけど、
それはまた次の機会に。

帰りは旦那さんに、
カウチサーフィンのホストのお家の前まで送っていただいた。

美味しい料理とビールをごちそうさまでした。
貴重なお話と時間をどうもありがとうございました。


これが7月18日と19日のお話。