2016年8月27日土曜日

帰国後 初講演は大阪シアターセブンにて



シアターセブン・プレミアムトーク
東西南北縦横斜め




イベント内容
言論・報道・表現の世界では急速に「自粛・萎縮」の空気が蔓延し、日本の言論状況はかなり息苦しいものになりつつあります。それに抗して、政治権力のみならず何ものにも囚われることなく自由に発言し語り合う場を日本各地で設けなければならない。そういう思いを胸に、京阪神の要となる大阪・十三の地で、2016年3月よりこのトークライブをスタートさせました。ジャーナリストの今井一氏を聞き手に、政治・経済、芸能・文化、社会、メディア等々さまざまな分野の人が登場し、知的で刺激的な語り合いの場をつくっています。あなたもこの空間に足を踏み入れてください。
[第19回]11/20(日) 14:00~
大芝健太郎(ジャーナリスト)
2012年以降、リトアニア、ブルガリア、ドイツ(シェーナウ、ベルリン)、スコットランド、イギリス…と、この5年間、欧州各国で実施された「原発」「独立」「EU離脱」などをテーマとした歴史的な国民投票、住民投票の取材を重ねてきた大芝が、11月に日本へ帰国。時間と労力を費やす現場取材をした者にしかわからない具体的で深い報告を行う。あわせて、日本初の国民投票実施の可能性が高まる中、間接民主制とは異なる直接民主制の魅力と特徴についても語る。

詳細はHPより
http://www.theater-seven.com/2016/event_touzainanboku01.html

______________________


帰国してから初めての講演は、
大阪十三の劇場シアターセブンで企画していただきました。
ありがとうございます。

11月初めに帰国後、まずはすぐに沖縄 辺野古 高江へ。

2月まではとりあえず日本にとどまるつもりなので、
その間にいろいろアウトプットしていくつもりです。
他にも機会をいただけたら嬉しいです。