2016年9月30日金曜日

映画「善き人のためのソナタ」ラストに震えろ!

ぼくは日本にいる時はあまり映画を見なかったけれど、海外では日本よりも映画が娯楽として浸透していて、よく誘われるようになって、なんだかんだ週に1本くらいは見るようになっている。そんな中で久しぶりに勧めたい星5つの映画。ドイツ映画で本気で勧めたいと思えるこの作品に出会えて歓喜の中にいる。

もうご覧になっている人も多いと思うけど、見たことのない人にはこの映画を勧めたい。
「善き人のためのソナタ」



あらすじ
1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉は国家に忠誠を誓っていた。ある日彼は、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優クリスタを監視するよう命じられる。さっそくドライマンのアパートには盗聴器が仕掛けられ、ヴィースラーは徹底した監視を開始する。しかし、聴こえてくる彼らの世界にヴィースラーは次第に共鳴していく。そして、ドライマンが弾いたピアノソナタを耳にした時、ヴィースラーの心は激しく揺さぶられる。(Wiki)


原題は"Das Leben der Anderen"「他人の生活」という意味なのだが、「善き人のためのソナタ」っていう原題とは全く邦題もいい。「この曲を本気で聞いた人は悪人になれない」という言葉がこの物語の後半への伏線にもなっている。とにかくこの映画の脚本はすごくよくできていて、最後に畳み掛けるドキドキと名言。歴史的背景も想像しながら感動に浸れる。

監視社会が進むとこうなる。権力の分散も必須。
思想など取り締まるべきではないし、密告を奨励させることは信頼社会を崩壊させる。
とにかく恐ろしい時代がたったの30年前、ドイツであった。その中で紡がれるドラマ。

おすすめ。星5つ★★★★★




2016年9月29日木曜日

独立住民投票 スペインのカタロニアも来年9月に


ずっと議論されていたカタルーニャの独立住民投票、具体的な日程が明らかになってきた。

http://www.japantimes.co.jp/news/2014/11/08/world/politics-diplomacy-world/madrids-wishes-catalonia-hold-symbolic-independence-vote/


 【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州のプチデモン州首相は28日、州議会で「来年9月後半にスペインからの分離独立を問う住民投票を実施する」と述べた。投票に強く反対するスペイン中央政府と交渉する考えを示す一方で「合意がない場合も投票を行う」と強調した。
 州首相らの独立賛成派は昨年9月の州議会選で「1年半以内の独立」を公約し、第1党となった。この経緯を踏まえ、プチデモン氏は「来年6月までに独立に必要な自治州法整備を完了させた上で、同9月の住民投票で最終的な是非を問う」と説明した。(中日新聞)
カタルーニャでは非公式で、2014年にも住民投票が行われており、
当時も80%が独立支持に投票している。

カタルーニャを政治的に弾圧してきた過去があり、現在も経済的不均衡が続いている。その問題を解決せずに、スペイン政府は住民投票を認めない姿勢を取り、そして、政府に認められなければ、それは違憲だとして無効だと主張している。

イギリスのキャメロン元首相はスコットランドの独立住民投票を認め、そして残留のキャンペーンを張り、そしてスコットランドの残留を勝ち取った。

スペインもカタルーニャの住民投票を認めた上で、残留を訴えていくのが筋ではないか。そのような手順を踏まなければ、この問題はいつまで経っても解決しないどころか、大きくなる一方だろう。

映画「ベルリン天使の歌」







この映画は本当に難解で、ぼくのような単純脳には、町山さんの解説聞かなかったら全然理解できなかった。この映画の作られる背景とか知らんし。

この映画も娯楽としてではなく、歴史を知る資料としての価値はある。
そして解説を見て、そういうことだったのか!という楽しみもあるけれど、
映画はやっぱりその映画だけで語って欲しい。

ドイツ映画らしいというか、盛り上がりに欠けるし、
哲学的で、少し歴史の悲しさを感じさせる。
嫌悪感は抱かないけど、面白くはないかな。
星2つ ★★☆☆☆

2016年9月28日水曜日

ベジタリアン、ヴィーガンの旅に欠かせない”HappyCow”





知らない町で、ベジタリアン、ヴィーガンフレンドリーのお店を探すのは、難しい。ぼくは見つかるまで探し回ったりするけど、いい感じのサイトを見つけた。

特に日本にいる時に、海外からベジタリアンの人とかが遊びに来てくれた時に、連れて行く場所に困ったことがある。

ぼくがそういう時によく連れて行った、池袋のアインソフ・ソアも掲載されていた。
http://www.oshibakentaro.com/2015/01/blog-post_11.html
ここのパンケーキは絶品。


英語サイトだけど、世界中の情報が網羅されているようなので、旅のお供にオススメ!ちなみにこのサイトで世界で一番ヴィーガンフレンドリーな都市は、現在のところベルリンになってる。たしかにそういう店をよく見るし、すごく流行ってる印象だ。



ベルリンで幸せを感じる5つの瞬間

ベルリンにいると幸せを感じる瞬間が多い。


1, 街を歩けばアートにあたる




大いなる無駄。広がる発想。自由なんだよぼくたちは。表現してもいいのですよ。めいわくですか?そうですか。ぼくは抱きしめたい。全ての無駄を抱きしめたい。ベルリンはいいです。自転車も浮いてますから。
思えば、自転車ばっかり写真撮ってるな。自転車好きだからしょうがない。




2, 花と緑、公園のある生活。





ドイツ人は基本的に自然が大好き、花も緑も公園もなくてはならないもの。日本人には、あったらいいものというような感じがします。ブランテンブルク門のある観光地を囲む、ティアガルテンはちょっとした森。植物の多様性は日本には到底およばないけど、緑を見る機会は圧倒的に多い。

3, 人種、時代、が交錯して共生している。

ロンドン程ではないですが、ベルリンも他民族都市。ロンドンに増して、東と西に別れていた時代があり、廃墟も廃墟のまま活用されていて、時代倒錯も味わえる。多様性を言葉にしたらベルリンと言える。歴史ある都市であり、歴史に翻弄され、破壊され、再構築している、まさに今、動いているそういう都市。一番面白い時期はもう終わったと思うけど、まだまだここにいるとそういう時代と人のエネルギーの大きなうねりの中にいることを実感出来る。

4, Organic Fairtrade Vegetarian Antinuclear Friendly.

"Bio" とは、日本でいう、有機、オーガニックという意味なんだけど、それが、町中で見られる。 もはや珍しくなくて、写真すら撮らないんだけど(この写真はハイデルベルクの)、日本では高級品の感覚だけど、こちらでは日常で普通に買える値段。レストランには必ず、ベジタリアンメニューがある。フェアトレードや、Local prodductsも。僕にとって、生きたい社会、目指している未来が明確な僕にはこういう店や、商品に囲まれることは何よりも幸せ。

ちなみにベルリンは "HappyCow" というサイトで世界一Vegan Friendlyな都市に選ばれているくらいそういう店が多い。

脱原発を目指す姿勢も、最低賃金の設定も、難民を受け入れる姿勢も(これはあまり、国民からは評価されていないけど)、どこをとっても、素晴らしい社会デザインだと思う。日本では政治や選挙でストレスを感じることが多いけど、ベルリンにいると幸せを感じることが多い、先週のベルリン選挙では、SPD(ドイツ社会民主党)と緑の党などが与党を担うことになったし。瓶やペットボトルのリサイクルは徹底されているし。

5, ビールとワインの安さ、そして飲み放題がない。

スーパーでビールを買えば、美味しいビールが500mlで1ユーロほど。130円くらい。
ワインだって、オーガニックなのに、4ユーロ約500円とか。昔よりは、だいぶ飲まなくなったけど、ちょっと飲みたいなって思った時にこの値段で飲めるのはとても嬉しい。そして、飲み放題なんておかしな仕組みはドイツにはない。飲みたい人が飲みたい分だけ払う。当然なこと。日本は飲み会に参加するには、飲み放題がセットになっていることが多くて、無駄が多いけど、こっちではちょっとした集まりに参加しても、飲みたい分だけ払えばいい。

まとめ
ぼくの旅はドイツで終わるかもしれない。
そんなことをベルリンで思っている。



カリフォルニアで米国からの分離の是非を問う住民投票が望まれている




EUのようにどんどん、国境がなくなっていくと思いきや、
そうではなく、どんどん国境が増えて行く時代になりつつある。

イギリスがEUを離脱し、カリフォルニアにもそのような動きが。
大きすぎると自治は不可能になっていく。もっと権限移譲が進むべきだ。

カリフォルニアが抜けたら、カリフォルニアはやっていけるかもしれない。でもそれ以外の地域がもっと厳しくなっていくだろう。

日本で言えば、沖縄に独立の動きがあるとも聞く。
日本が、これ以上、沖縄の民意を無視するなら、
彼らが独立したいと言ってもそれは、ぼくには止めることはできない。

日本は沖縄なしではやっていけない。
沖縄に基地を押し付けてはならない。

カリフォルニアの住民投票の行方も
チェックしていこうと思う。



2016年9月27日火曜日

日記「やっぱりドイツが好き」


適当に生きられない。
諦められない。
目指している理想がある。
幸せを感じたい。
会いたい人がいる。

朝はいつもやってくる。
気持ちの良い朝だ。
夕方はビールを片手に散歩する。

夢にまで見たドイツの生活。
でもなにか特別なことをしているわけではない。

ベルリンにいるというだけで、
ドイツにいるというだけでなんか幸せ。

ドイツがやっぱり好きなんだと思う。


街を歩けばアートにあたる。

道や、レストランには自然に花が飾ってある。
いろんな人種の人が生き生きと生活している。
広くてただ何もない公園。
安くて美味しいオーガニックのスーパーマーケットと屋台。
どこにいっても置いてあるベジタリアンメニュー。
よくしつけられた犬たち。
脱原発、社会民主主義を志向する国民。



3年前、
「ドイツ語を使えても、国際社会では使えない。
英語ができる環境に行く。」とドイツを後にした。

それからアメリカ、アイルランド、イギリスと渡り歩いて、
久しぶりにドイツにやってきた。

ドイツ語はほとんど忘れて、しゃべれなくなっている。
でもドイツ語の響きを聞くだけで嬉しくなる。

ぼくはここまでなのかもしれない。
そして、よくここまできた。


2016年9月23日金曜日

映画「グッバイレーニン」嘘はいけないのではなく不可能


ベルリンで映画をひたすら見るのもいい。
なにしろ、お借りしているフラットの居心地が最高にいいのだ。

築何十年も経っているであろうアパートの最上階6階。
一日中陽の当たるフラット。今日はさっそくバジルを買ってきた。
きっとよく育ってくれると思う。

アイルランドのゴールウェイからベルリンまで2泊3日バスとフェリーを乗り継いで、やってきた。その時に見たのがこの映画。

東西ドイツの統一という時代の波に翻弄される家族の姿を描いたコメディ。昏睡状態中に東西ドイツが統一し、意識を取り戻したがそれを知らない母。息子は母がショックを受けないよう、消滅前の東ドイツを必死に見せ続けようとする…。 Amazon


ドイツ、そしてベルリンがどれだけの混乱の中で統一されたのか。この映画はドイツ内でもかなり評価されていたそうなので、当時の人々の生活が切り取られているのではないかと思う。


映画のテーマは何と言っても「嘘」でしょう。母を守るために必死で嘘をつく息子。

【以下ネタバレあり。】
ついてもいい嘘ってなんだ。母は嘘を望んでいたのか。

もし事実を伝えたとして、母は
「どうして、私に事実を知らせたの?」
と怒るだろうか、悲しむだろうか、嫌な気持ちになるだろうか。

あの息子の嘘は母のためではない、
母に生きていて欲しいと思う息子のためだ。

嘘を吐き続けることはできない

嘘をつくこと、そしてその嘘を隠し通すことは、辛い。
ぼくにとってはどうしようもなく辛い。

最後、息子の彼女ララが、
内緒で母に事実を伝える。

このシーンがこの映画で一番重要だ。
最初は協力していたが、徐々に辛くなってくる。
そして耐えきれなくなる。
人間は嘘をつくことはできるかもしれない。
でも吐き続けることはできない。

「父が他の女についていったというのは嘘だった」
と母も死ぬ直前に懺悔するのだ。


もしあのまま、看病を続けていたらあの息子は、
病気になっていたであろう。


息子は自分のために母に嘘をつき、
母との最後の時間を過ごすことができた。
母の誕生日を祝うシーンは滑稽だったが、
彼女は事実を知ることなく、「幸せ」に生きることができた。

でもこのかっこつき「幸せ」は嘘がばれなかったから。
嘘がばれた時、それまでの「幸せ」が虚構だったことに気づいてしまう。


「嘘はいけない」のではなく「嘘は不可能」
嘘の「幸せ」もその時は感じられるかもしれないが、
残念ながら持続不可能だということ。


いろいろ考えさせられたし、歴史的背景の勉強にもなったけれど、
娯楽として楽しめたかというと、そうでもない。
星4つ★★★★☆


2016年9月19日月曜日

ベルリンに引っ越しました。

「4時まではビールはありません。」

少しの間ですが、ベルリンに住めることになりました。

ヨーロッパ滞在、最後の一ヶ月はスペインやドイツを観光して周ろうと思っていたのですが、今まで見てきた国民投票をまとめるという仕事が入ったので、ベルリンでゆっくり滞在して、故郷のハイデルベルクに寄って、日本に帰国しようかと思っています。

何れにしても1020日までベルリンにいることになったので、
こちらに遊びに来る予定がある人は是非会いましょう。

ぼくの大好きなアートとクラブと混沌の街ベルリンを案内します。

というわけで今日はなんと大地が来てくれているので、
東ドイツを連れ回します。


Ich bin in Berlin umgezogen.
Deutschland ist immer noch meine träume Land für mich.

Ich bin sehr sehr freudig.

Ich wohne Hier für ein Monate bis 20, October danach Ich besuche die Freunde wer Ich in Heidelberg kennengelernt have. 


2016年9月16日金曜日

アイルランドトリップからのロンドンそしてベルリンへ

Ring of Kerry. Photo by Emiemi

Photo by Manaty

ブログ全然更新できてないですが、
故郷ゴールウェイに帰り、
それからアイルランドを友達と車で回り、
バスとフェリーを乗り継いで今ロンドンに来てます。

今日の午後、バスでベルリンへ!
毎日車中泊で、3日お風呂入れてない...。





2016年9月6日火曜日

約半年過ごしたゴールウェイにはもはや故郷を感じる


ロンドンから、アイルランドゴールウェイに帰ってきた。
約半年過ごしたゴールウェイには故郷を感じる。

「髪型なんてどうでもいい」と豪語して、
普段は「友達に切ってもらう」という
エンターテイメントをいつも楽しんでいるのだけど、
やはりプロにかっこよくしてもらえると嬉しいもの。

ともみさんについてはこちら

髪を切ってもらった後は、
イギリスの国民投票、アイルランドと日本の選挙制度の違いなどについて、
お話しさせていただきました。ゴールウェイで一番美味しいピザ屋で。





2016年9月2日金曜日

【リベンジ】世界一の星空を見に行くレンタカー旅行第二弾!9月8-15日




前回、好評でなんと7人も集まったアイルランドレンタカー旅行。
今回はゴールウェイ発着で、
前回見られなかった世界一の星空をリベンジするために企画しました。

世界一の星空とは?


日程
8日 ゴールウェイ発 ダブリン方面へ どこか観光
9日 観光 夕方ダブリンからアイベラ半島へ。
10日  リングオブケリーを周遊
11日  キルケニー近辺散策
12日  ウィックローをよってダブリン方面へ 
13日  ダンドーク観光
14日  スライゴー観光
15日  12時 ゴールウェイ着予定

今回もレンタカーを借りて、アイルランドをいろいろ巡っていこうと思います。まだ未定な部分が多いので、新しい参加者の人と検討して決めようと思います。

集合場所
日によってですが、スポット参加も可能です。ダブリンなど場所によっては、迎えに行けるところもあるので問い合わせてみてください。

募集人数
あと1人か2人くらい。
基本的には先着順ですが、
もし問い合わせが増えた場合には、
前回のように車をアップグレードしますので
お気軽にどうぞ。

宿泊場所
車中泊か、どこかホテルなどに泊まるか選べます。

参加費
車代は1日30ユーロ程度。
あとガソリン代をみんなで割るので、1日もう数ユーロかかります。
あと食事と宿代は個人でご自由に。

申し込み
質問はブログ右欄の連絡フォームからお気軽にどうぞ。
連絡待ってます。

参加予定者
ちゃびー(写真右)
ぼくともう1人の共同企画者。
アイデア満載!愛嬌満点!
ボケも、つっこみもこなせる関西ガール。
前回は常に車内を盛り上げてくれた。

まいみー
かわいい顔も声も、癒し系なんだけど、
時々、毒舌を吐くのでみんなビックリ。
小さいけれど体力も力もあるアウトドアガール。

夏にイギリスに来たら絶対に味わうべき「Pimm's」

イギリスからオススメしたいものって
あまりなかったんだけれど、Pimm'sってご存知?


Pimm'sとは?
夏にぴったり最高に爽やかでカラフルなジンベースのカクテル。
いちご、オレンジなどのフルーツにミント、そしてなんときゅうり!
レモネードで割って飲むんだけど、これが案外合うんだな。

昔は最初の一杯から最後の一杯までビールを飲みたいビール党だったけど、
最近はこちらでいろんな人のオススメを試してみている中で教えてもらったもの。
これはマジでうまい。

これを日本でみんなに勧めつつ、
「あーこれ飲むとイギリス思い出すわー。」
とか言いたい笑


2016年9月1日木曜日

【しばけん通信】2016年9月号「ロンドン満喫」



ロンドンで自転車を手に入れたはいいけれど、
今はロンドンの転出シーズンで自転車が全然売れない...。

自転車を手放せたらアイルランドに渡ろうと思っていたら、
今日になっていた。

毎日自転車で走り回っていたので、
ロンドンの道はもうほとんど地図を見ないで大体の場所まで行ける。

住まわせてもらっているまこちゃんには一生頭が上がらないわ。
本当にありがとう。

今月は3週間ちょっとかけて、
ヒッチハイクと野宿でイギリス中を旅して回った。

まだその全容を書き終えていないけど、
ゆっくり旅してみるとその国のイメージがガラッと変わる。

2014年に初めてスコットランド訪れてから、
スコットランドには親近感をずっと持っていた。

そしてそのスコットランドを虐げるイングランド。
という構図で、今まで捉えていたわけだけど、
イングランドの人もスコットランドの状況について
理解がある人もたくさんいて、
やっぱり政府は国民の意見を全て反映することはできないと思いつつ。
イングランドのことも、もっと好きになった。

アメリカに初めて行く時も、
ブッシュなんかを選ぶ国民てどんなやつらだよって、
頭の片隅でちょっと思ってたけど、(先入観てよくないね)
行ってみたらいい人ばかり。

印象が悪かったイギリス(イングランド)とアメリカだけど、
キリスト教の影響なのか、それは関係ないのか。
弱者に対してすごく優しかった。

英語ができない人に対して、
無料の英語教室がどちらも開かれていたし、
仕事がなければ、紹介してくれようともした。

無料のホームレス向けの無料の炊き出しもあるし、
ボランティアも多い。

日本で路上に座って
カップをおいて1日過ごしたら、
いくら入れてもらえるだろうか。

何人が助けてくれようとするだろうか。
そして何人に罵倒されるだろうか。

「日本では何もせずにお金をもらおう」
という考えは許されない。文字通り許されないのだ。

________________

8月
エディンバラ、ケンドル、ランカスター、
リーズ、ボストン、ケンブリッジ、オックスフォード、ロンドン。

ロンドンで出会ったドイツ人とまりん。
異国で本当に気の合う友達に会うのは難しい。

9月
3日ロンドン発 懐かしのゴールウェイへ!
15日 ゴールウェイ発ロンドン経由ベルリンへ。
17日 ドイツにて友達の結婚式
以後 未定

10月
未定

11月
1日 一時帰国
沖縄へ

20日  大阪 シアターセブン「東西南北縦横斜め」講演会


___________
今月のオススメ鑑賞紹介は映画「アンストッパブル」
これの評はまた今度書きます。


ちなみに一番、不快だったのはデッドプール。
一般人が力を持つとあぁなる。最低の脚本。