2016年9月29日木曜日

映画「ベルリン天使の歌」







この映画は本当に難解で、ぼくのような単純脳には、町山さんの解説聞かなかったら全然理解できなかった。この映画の作られる背景とか知らんし。

この映画も娯楽としてではなく、歴史を知る資料としての価値はある。
そして解説を見て、そういうことだったのか!という楽しみもあるけれど、
映画はやっぱりその映画だけで語って欲しい。

ドイツ映画らしいというか、盛り上がりに欠けるし、
哲学的で、少し歴史の悲しさを感じさせる。
嫌悪感は抱かないけど、面白くはないかな。
星2つ ★★☆☆☆