2016年10月16日日曜日

【広告記事】ベジタリアン弁当ショップがベルリンにオープン



誰もが楽しめるベジタリアン弁当ショップがベルリンにオープン!
 ベルリンの西部シャルロッテンブルクにベジタリアンのお弁当を提供する”NatCart (ナッツカート)“が10月7日グランドオープンした。世界でビーガンが最も住みやすい都市にも選ばれているベルリンは、ベジタリアン、ビーガン向けの店が軒を連ねる激選区だが、実際には普段のメニューから肉を抜いただけ、またはハンバーガーに入れるパティを単に大豆由来のものに置き換えただけ、というような出来合いのお店も多い。そんな中でNutCartは、現存する他の店とは一線を画している。



「お店にはこのポスターを飾りたいとずっと思っていた。」
 オーナーの松田和佳(あいか)さんは「いろんな肌の色の人が一緒に健康的な食事を囲んでいる様子がまさに自分がイメージしている店のコンセプトとマッチしている」と、写真を背にこのお店にこめられた思いを話してくれた。「NutCart」という名前の由来は「Nut」のように栄養たっぷりで健康な料理を「Cart」したい、届けたいという思いから名付けられている。



「Crealthy food for everybody」
 クリエルシーとはクリエイティブとヘルシーを掛け合わせた和佳さんの造語だ。「クリエイティブでヘルシーな料理をみんなに」その思いが5つのコンセプトに込められている。

「ベジタリアン」
 お肉や魚介類を使わないということ、それは単にベジタリアン向けといった理由からではない。例えば、豚肉を食べられないイスラム教の人、牛肉を食べられないヒンディー教の人、甲殻類を食べないユダヤ教の人などもいる。そういったいろんな宗教や背景を持った人たち、みんなが一緒に楽しめる食事を提供したい。そういう思いから、「ベジタリアン」というメニューに行き着いている。

「ヘルシー」
 「親が子どもにどんなものを食べさせたいか」そんな愛情が込められて考案されたメニューの数々。必然的にお客さんが喜ぶのはもちろん、従業員も、そして自分も喜んで食べられるヘルシーなものが店頭に並んでいく。塩分、油分も控えめ。またお弁当は大体500kcalほどに抑えられているのでカロリーを気にする人にも安心だ。

「クリエイティブ」
 弁当ボックスを開けた瞬間に、まずその美しさに驚く。そして毎日、鮮やかに彩られる4種類のおかずは、日本食というカテゴリではなく、いろんな文化圏の知恵と料理人のアイデアで構成されている。そのカラフルな弁当ボックスは、味や調理法、栄養の多彩さも同時に表している。

「適正価格」
 弁当ボックスは2つの主菜、2つの副菜、それにご飯などの主食がついて6ユーロに抑えられている。ミニボックスは4ユーロから。この価格も、どんな人も食べやすいようにという思いから設定されている。

「表示を明確にすること」
 中には牛乳に含まれるラクトーゼ、小麦などに含まれるグルテン、または炭水化物を控えている人もいる、そういった人にも安心して食べてもらえるようにはっきりと表示がされているのも、全てはだれもが一緒に、楽しめる食事を提供したいという理念から生まれている。



調理法、レシピ、その日のメニューへのこだわり
 5つのコンセプトの他にも、いろいろなこだわりがある。例えば、白砂糖、卵、添加物は一切使用されていない。また野菜の栄養や旨味を逃さないように茹でたり、揚げたりも極力避け、できるだけ素材の味を引き出し、栄養を損なわないように、調理することが心がけられている。しかしなぜ、ここまでこだわり抜いた条件を定めようと思ったのだろうか。

 実は和佳さんは小さい時からアトピーを患っており、肉や卵、白砂糖などを摂ると、肌がかゆくなり、夜に眠れなくなることもあったそうだ。逆にそれらのものを食べなければ、体調は良かった。アトピーとの付き合いの中で「何を食べるか」がいかに「健康」「体調」と関係しているかを実感し、今ではどんな食べ物が「身体」にいいのかもわかるようになったという。そんな自身の経験が、こだわり抜いた健康的な「食」をみんなで共有したいというビジョンにつながっている。

 このような理由から材料や、調理法などが限られているが、既にあるレシピだけでも優に100を超えており、ソースなどをアレンジにすることによって、その数はさらに倍増する。それらのレシピから、彩り、栄養、味付け、カロリー、季節などに合わせて、その日のメニューが決められていく。


「NutCartのこれからと社会との関わり方」
 現在は店舗での販売が主だが、市内のマーケットでの販売も行っており、ゆくゆくはネットで注文を受けて、配送サービスの展開なども計画中だ。またイスラム教の人も安心して食べてもらえるよう「ハラール認証」も取得予定で、まだまだドイツでもハラール認証のある店は一般的とは言えない中、NutCartはより多くの人に「クリエルシー」なお弁当を届けることを目指している。

 他にも弁当の容器を持ち込んだ人に対しては20セントをキャッシュバックするなどして、ゴミの減量にも取り組んでいたり、熊本震災の際には売り上げを全額寄付するというチャリティー活動など、社会問題に対してもお店として何ができるかということも念頭に置かれている。



 10月7日のオープン初日に訪れたお客さんからは「自分は完全なベジタリアンではないが、なるべく肉を食べないようにしている。職場がこの近くなのだけれど、こういうお店が出来て嬉しい。美味しかったので今度は同僚と一緒にまた来たい。」「バスステーションから何か食べようと思って歩いてきた。いいお店が見つかってよかった。」などという声も聞いた。




NutCartは単に美味しいだけの弁当ショップではない。
毎日食べられる価格。
こだわり抜いた日替わりメニュー。
誰もが楽しめる材料、そして調理法。
美味しく食べられて、しかも健康にもいい。

 ベジタリアンの人だけでなく、普段は脂っこいものや味が濃いものをよく食べるという人にも、手軽に健康的なランチをサプリメントのように摂れるのも嬉しい。是非あなたも一度、足を運んでみてはいかがだろうか。





”NutCart”
住所
Kaiserdamm 87,
14057 Berlin-Charlottenburg
U-Bahn Kaiserdamm 駅から 1分
S-Bahn Messe Nord 駅から 3分
ZOB バスステーションから 2分

開店時間
Mon-Fri 7:30 - 18:00
Sat, Sun, Holiday 10:00 - 16:00

SNS お店の最新情報はこちらでチェック。
HP: http://www.nutcart.de/
FB: https://www.facebook.com/nutcart.de/
Instagram: https://www.instagram.com/nutcart/
Twitter: https://twitter.com/NutCart



英語版はこちら
English version is here

ドイツ語は下
_________________

Auf Deutsch

Neueröffnung: Vegetarische Wohlfühl-Küche bei NutCart am Kaiserdamm
Endlich gibt es einen neuen Treffpunkt für vegetarische Foodies: NutCart bietet kreative vegetarische Küche im Stil japanischer Bento-Boxen. Es gibt frisches saisonales Gemüse an Reis mit raffinierten Saucen und Toppings, und schnell wird klar: Vegetarisch bedeutet bei NutCart das Gegenteil von Langeweile. Dazu gibt‘s täglich wechselnde Gemüsesuppen, die vor allem jetzt in der kalten Jahreszeit gut tun und nicht nur gesund sind sondern auch lecker.


NutCart möchte Foodies aus aller Welt an einen Tisch bringen

Aika Matsuda hat NutCart 2015 gegründet mit dem Ziel Speisen zu verkaufen, die von allen Menschen geliebt werden, unabhängig von der Herkunft, Religion oder sozialer Klasse. Deshalb bietet NutCart erschwingliche Mahlzeiten frei von Zusatzstoffen, weißem Zucker sowie Tierprodukten. Alle Gerichte sind klar gekennzeichnet um es Menschen mit Unverträglichkeiten einfacher zu machen. Neugierig, welche Speisen NutCart anbietet? Die täglich wechselnden Gerichte finden Sie unter www.nutcart.de/deutsch/wochenkarte !

Bei NutCart gibt es „crealthy“ Mahlzeiten für Groß und Klein
Alle Speisen bei NutCart folgen dem einfachen Prinzip „gesund und kreativ angerichtet“. Das Resultat sind „crealthy“ (engl. „kreativ“ + „gesund“) Mahlzeiten, erschwinglich für alle. Aika und ihr Team verkaufen die Essensboxen auf Märkten innerhalb Berlins, wie dem Wochenmarkt am Hackeschen Markt und dem Neuköllner Stoffmarkt. Diejenigen, die täglich Lust auf eine leckere Essensbox haben, hat NutCart vor kurzem ein Ladengeschäft Nähe U-Bahnhof Kaiserdamm/ZOB eröffnet. Kommen Sie vorbei am Kaiserdamm 87. Diejenigen, die ihre eigene Aufbewahrungsbox von zu Hause mitbringen, werden mit einem kleinen Rabatt für ihren Umweltschutz belohnt.


NutCart
Adresse:
Kaiserdamm 87,
14057 Berlin-Charlottenburg
U-Bahn Kaiserdamm
S-Bahn Messe Nord
5 Fußminuten vom Zentralen Omnibusbahnhof entfernt. 

Öffnungszeiten:
Mo-Fr 7:30 - 18:00
Sa, So, Feiertage: 10:00 - 16:00

Soziale Medien:


Geschrieben von NatCart
Dieses Fotos wuerde aufgenomen von Kentaro Oshiba