2016年10月6日木曜日

世界の悩める人へ。僕も今悩んでいます。

愛されて生きてきて、これからもきっと愛されるだろうと思って生きている。
愛されなくても、自分さえ、自分のことを愛せたらそれでいいんだと思う。
岡本太郎は危険だと思う方に自分をかけろといった。

普通であるということをみとめる。

自分は普通なのだ。特別な何かになりたい、
特別な何かをしたい。それもいい。
でもそうではないかもしれない。

ぼくは先生になりたいのかもしれない。

先生って職業はかっこいい。やりたい。
でも普通だ。だから嫌だ。

そういうふうに思っていた。
でもそうじゃない。

でもそうじゃない。

普通でもいい。いや、ぼくは普通だと割り切ってしまえば、
先生って本当にかっこいいし、やりたいかも。

一箇所にいられない。なんて、言ってたけど、
それも本当だけど、でもそれ以上に大切なものに、
先生になったら気づける。そしてやれる気がする。

悩んだって、それも人生だ。
俺、先生なのかもしれない。
違うかもしれない。

先生じゃない方法で、教育に関わりたいのかもしれない。

できることは全部やろう。

とにかくドイツに住みたいと思う。
なんなんだろう。

酔っ払ってきた。