2016年11月30日水曜日

【映画】「NO」国民投票は世界を変えられるのか!?





CMは世界を変えられるのか!?

■ストーリー■
1988年、ピノチェト独裁政権末期の南米チリ。フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分のPR ができるテレビ放送枠が許され、広告やCM 制作の責任者として新進気鋭のクリエーターであるレネに白羽の矢が立ったのだ。政権が対外的に平等をアピールしているだけの出来レースと、気乗りしないレネだったが、次第にプロの広告マンとしてのプライドをかけて制作に取り組むようになっていく―。(amazon より)

広告関係者や選挙や国民投票などに関心がある人にはぜひみてほしい。ぼくも2年間ずっと見たくて見られていなかった映画。

こういう広告がある、こういう広告マンがいる。
こういう弾圧や報道規制がある。

日本でもそれを知った上で、テレビや、コマーシャルに向き合う必要がある。
そして国民投票によって世界は変わったのであった。