2017年1月25日水曜日

ニュージーランドで30回も行われたアルコール政策を問う国民投票


https://nzhistory.govt.nz/files/styles/fullsize/public/images/kiwi-caged.jpg?itok=OIQDjG1A 


世界の国民投票を網羅した『国民投票の総て』制作中です。
ニュージーランドの件に関しても本で詳しく書いております。
ご興味ある方はこちらからご支援お願いします。
https://camp-fire.jp/projects/view/15563


ニュージーランド(1894年〜1987年)アルコール政策
ニュージーランドでは徴兵制、選挙システム、体罰は犯罪とすべきか、新国旗の制定など、2017年までに44件が国民投票にかけられている。政府が提案する憲法改正の国民投票もあれば、有権者の10%の署名による国民発議の国民投票もある。中でも1894年から1987年にかけて、アルコール政策について30回も行われており、ニュージーランドで行われた国民投票の約2/3がアルコール政策についてである。何度も国民に問われたアルコール政策には、どのような背景があったのだろうか。

禁酒運動の幕開けニュージーランドの禁酒運動は19世紀に欧米諸国からの入植者によってもたらされ、社会改善や道徳立て直し運動の一環として広まっていった。アルコールは貧困、病気、女性や子どもの放置、不道徳と無気力などの原因とされ、特に農業や漁業、工場での仕事を求めて渡り歩く人たちにおいて顕著な問題だった。当時の主な死亡理由は「飲み過ぎ、溺死、もしくは飲み過ぎによる溺死」と揶揄されるほどであった。そんな中、教会を中心に禁酒を目指す団体が1820年代からニュージーランド西部、特にプロテスタントの州で組織され始めた。19世紀後半、教会では積極的に集会などを行い、支持者に「酒を飲まない」と誓約書にサインをさせた。禁酒は徐々に全国に広がり、多くの禁酒団体が設立され、酒は健全な社会の敵だとみなされるようになっていった。

運動の隆盛1880年代に禁酒運動は大きく発展した。1886年に禁酒団体は国レベルの同盟を結成し、地域のネットワークを固め、禁酒のための教材を配布した。キリスト教禁酒女性同盟は1885年に設立された。特に女性は家や、家族を養うために、男性に依存するところが多かったため、酒を飲む男性によって一番悪い影響を受けていた。そして、この同盟はニュージーランドの女性選挙権獲得にも大きな影響を及ぼした。

自由党政府の苦渋の決断、国民投票
禁酒団体は、国民投票で法律を変更し禁酒できるよう働きかけた。禁酒を促す意見は政党の枠を超えて議論を呼び、特に与党である自由党の内部で意見が分かれ、政府にとってかなり厄介な問題になった。1893年首相のリチャード・セドンは「3年ごとの投票によって、各地域がアルコール免許の数を減らしたり、完全に禁酒できる」という新しいアルコール販売規制の法律を制定した。しかしこの禁酒には、過半数の投票率と有効投票総数の60%の賛成が必要と規定した。この高いハードルに禁酒支持者から不満があったが、同年ニュージーランドでは世界初の女性参政権が認められ、女性は禁酒を支持するだろうという追い風もあった。


熾烈を極めるキャンペーン1894年の初めて行われた国民投票の投票率は低かったが、1986年から選挙の日に投票が行われることになると75%前後の高い投票率となった…



(略)
新刊「国民投票の総て」で詳しく解説いたします。


日本の女性参政権は1945年からだが、すでにニュージーランドではその半世紀ほど前から女性参政権が、禁酒を求める国民投票から始まっていた。この後、第一次世界大戦、アメリカの全面禁酒、世界恐慌など揺れ動く情勢と1987年まで行われた国民投票の関係について、本書で解説していく。



参考
http://www.elections.org.nz/voting-system/referenda
https://nzhistory.govt.nz/politics/temperance-movement
http://www.teara.govt.nz/en/referendums


ちなみに女性参政権といえば、今月末から上映されるイギリスの女性参政権をテーマにしたこの映画がとても楽しみ。私の大好きなメリル・ストリープも出演している。

2017年1月17日火曜日

『国民投票の総て』新しいホームページができました。


目下、制作中である世界の国民投票を網羅した『国民投票の総て』のホームページができました。ブログでは、本に掲載予定のナチス時代のドイツの国民投票の実態など、日本ではあまり語られていない情報も載っていますので是非、ご覧になってください。私もこちらのページでニュージーランドで31回も行われている「アルコール政策」についての国民投票を掲載予定ですので、そちらもお楽しみに。



2017年1月15日日曜日

【写真】東松山散歩。

東松山のギャラリー comeya さんで
個展を開催中の山下アキさん
東松山を案内していただきました。

「写真を見せて欲しい。」
と言っていただけたので。
















2017年1月5日木曜日

民主主義の危機とは何か?

曰く「民主主義の危機」だそうです。突っ込みどころ満載で、一言書かずにいられなくなってしまいました。

「英国のEU離脱を決定した昨年6月の国民投票が大きい。私は「単純化」と言っているのですが、移民問題が貿易の関係まで否定することになりました。」 
イギリスがEUを抜けずに移民問題を、どのように解決できるのでしょうか人の移動の自由はEUの理念の根幹です。
 直接投票の問題ですが、大統領選にせよ国民投票にせよ、二者択一で行われるということなのですね。フランスの場合、二者択一は最後の段階で、それまでは第3党がいます。米国では共和党でも民主党でもない人が増えているのに、彼らを代表する政党がありません。国民投票は当然ながらイエスかノーか。A案に賛成だがB案にも魅力があると思っていても投票する時にはどちらかです。そのために無理をする、あるいはうそをつく。一点の賛否が全面的な賛否に変わりやすいのですね。
二者択一だから議論が起こり、嘘か本当かわからない情報が飛び交い、それをまた検証していくのです。うそは悪いですが、見抜けないのも国民の力不足ということです。
 それから特に国民投票の場合、結論が出た後の実施策について現実的な方策がありません。英国がEU離脱を決めても、離脱してからどうするかを書いていないからメイ首相はもたもたしています。
国民主権。民主主義ですから。国民が方向性を決める。議員、公務員が現実的な方策を作る。当たり前ではありませんか。メイさんは頑張っていると思いますよ。少なくとも「国民投票を経て民主主義の危機」なんて言いませんよ。
 直接投票の欠点を深刻にするのが電子情報化です。国民投票に近いのはツイッターでしょうか。電子情報化が進んだ社会では誰もが自分の意見を自由に発信できる。そのこと自体は悪くありません。しかし、ツイッターは短文です。複雑なことを発信する人はまずいません。笑い顔、泣き顔の顔文字がありますよね。ああいう単純な感情。ずっと思っているのだからという惰性的な思考。ツイッターはそういうものに向いています。
 もう一つ働きやすい原理が過剰適応です。すなわち、ある集団の中で議論をすると必ず過激な方が勝つ。第二次世界大戦中も、天皇陛下のために死ぬとなったら特攻隊まで行き着いた。ツイッターもそうなる可能性があります。
国民投票とツイッターが近いってどういう意味でしょうか。ツイートするように、投票にわざわざ足を運ぶと思っているのでしょうか。電子情報化は選挙は深刻にしないのでしょうか?「ある集団の中で議論をすると必ず過激な方が勝つ」って本当ですか。ツイッターがどのようになったら特攻隊に行き着くのでしょうか。どんな根拠があってそのようなことを言えるのでしょうか。そもそも戦争は国民投票ではなく、ツイッターでもなく、選挙で選ばれた議員が始めていますよね。

電子情報の世界にはプロの世論誘導者がいません。例えば新聞記者、雑誌の編集者、私たちのような寄稿者は、一応プロの訓練を受けています。今の時代、ここまではいいという一種の相場観を持っている。もし新聞が間違えたら世論の攻撃を受けますよね。安全弁がかかっているわけです。
世論誘導者ってなんですか。しかもプロって。一般大衆はツイッターなどの情報に騙されずに「安全弁のかかった世論誘導者」の言うことを聞けってことですか。私たちを馬鹿にするのもいい加減にしていただきたい。

もう一つ面白いのが、日本の有識者会議です。政府に委嘱され、見解をまとめ、政府に提出する。この過程が見えます。それを基に、政府は国会に法案を出す。この一手間をかけることで法案が有力になります。天皇陛下の退位問題も、極端なことを言う人たちは少なくなるでしょう。
有識者会議なんて、誰を招集するか決める時点で、結果なんてわかりきってるのに、天皇の退位問題で、反対してる人なんて、日本のどこに何人いるんですか?

16人の有識者のうち、8人が反対なんて。国民の総意はどこに行ってしまったんでしょうか。
 そして何といっても、議会を重視しないといけません。時間はかかっても、むちゃな結論を出すより国会で十分議論すべきです。
そもそも国会で多数派を取ればいいわけではありませんので、国民投票にかける方が、時間がかかります。議論も国民の議論も、政治家同士の議論も当然、活性化します。

しかも今の日本で、国会がどれだけむちゃな方法で結論を出しているか。安倍政権で続いている「安全保障関連法」「TPP」「カジノ(IR)法」などの強行採決を山崎さんは知らないのでしょうか?


主権者である国民が直接決定する直接民主主義の国民投票や、個人が情報収集と発信が自由にできるようになった現象を捕まえて、「民主主義の危機」を語るなんて。皮肉ですが、マスコミや学者の特権だった「世論誘導」はすでに民主化されてしまったのです。

そしてもう一つはポピュリズム批判です。批判すべきは排外主義や、人種差別、女性蔑視など個別具体的な問題です。大衆はいつも正しいとは限りません。多くの人を納得させる政策を提案するのが議員の仕事です。逆に大衆を納得させられない政策は民主主義に反します。

「ぼくはあなたの意見に反対ですが、あなたがそれを主張する権利は守ります。」ヴォルテールの有名な言葉です。ぼくは、これが担保されない状態が民主主義の危機だと感じます。

2017年1月1日日曜日

元日特番 しばけんの奔走30代 僕たちにお年玉は来るのか



元日特番 しばけんの奔走30代 僕たちにお年玉は来るのか
2016年のイギリスヒッチハイク旅行の話。
2017年を目標や展望を語ります。

今回のテーマはずばり「お金」
アイルランドやドイツで騙された話。
ベトナムでアイフォンを盗まれた話。

今回は中学の同級生でNPOの副代表をやっているゆっけをお招きしています。



皆さんも「お金」での失敗談などありましたらお送りください。
shibaken@dmcr.tv
番組で紹介させていただきます。

1月1日午後9時~11時 生放送
お便りお待ちしています。
shibaken@dmcr.tv


アーカイブはこちら↓

見てくださった方々、どうもありがとうございました。




これなしでは2016年は語れない!本・映画 BEST3

みなさま、今年はいかがお過ごしでしたか。

ぼくは今年まで高校卒業してからずっと「ここではないどこか」を目指して、旅を続けてきたのですが、先月帰国して日本におります。3月にドイツに戻るのはやめて、一年くらいは日本に留まる予定です。

というのも、最近は川越に引きこもって『国民投票の総て』という本の制作に専念しています。日本で初めて行われようとしている国民投票を前に、まず世界の実践事例を知っておくことは、とても大切なことだと思います。ぼく自身も改めて一から勉強しつつ、
五年間の取材の成果をまとめているところです。

詳しくはこちらから→http://www.oshibakentaro.com/2016/12/blog-post_23.html


さて、今年をどのように振り返ろうかと考えたのですが、本と映画で振り返ることにしました。しかしそもそも、娯楽として、本を娯楽として読むようになったのは大学生から、映画を見るようになったのは、外国人と一緒に生活するようになった、ここ3年なので、まだまだ一般教養レベルでしか見られてないので恥ずかしいのですが、それでもイイものはイイとお伝えしたい。そして、みなさまのおすすめも教えていただけたら嬉しいです。

_____________

これ無しでは2016年を語れない本 3冊
『ノルウェイの森』これはぼくが初めて、「ソラニン」を読んだ時と同じ衝撃。大好きなんですよ。劇的じゃない人生を美しく描いた作品。表現力とはこういうのだと思う。



『一億人の英文法』英語教本で、たどり着いたのはこの本ですね。アイルランド・イギリスで大変お世話になりました。
お世話になっている今井さんの本。現状の日本で主権者として考えるべき一つの大事な視点がここにあると思います。


オススメ 映画3作品は間違いなくこれ。
人生でもNo. 1の映画。笑いありラブあり、涙あり。
間違いなく一番。



ドイツの暗い歴史を描いたエンターテイメントとして一級の映画。
最後の言葉に震えること間違えなし。



3位はこれ。
ドイツ映画ばっかり見てるので、またドイツ映画で申し訳ないけど、
1月7日公開の映画。正義と公正を貫くということ。考えさせられます。


そして最後はこのサービス
アマゾンプライム
Apple Musicはいらない、だって音楽聞き放題だもん。
ラジオで、ポップもEDMも。クラシックもジャズも聴き放題。
買いたいと思うものがほぼ、翌日に届く、映画も見放題。
http://www.oshibakentaro.com/2016/12/amazon-prime8000.html
アマゾンプライムなしの生活は考えられないです。ただ、安すぎるので、今問題になっている労働者の労働環境が改善するのなら、値上げされてもいいと思います。ぼくは使います。それくらいサービス的に満足してます。

_______________

それでは来年も良いお年をお迎えください。