2017年2月24日金曜日

南部義典著「超早わかり国民投票法入門」


「超早わかり国民投票法入門」
父がこの本を図書館から借りてきて「健太郎、こんな本が出てるぞ」って教えてくれたですが、当然知っていますよ私は。


さて、南部先生の新しい国民投票法の解説本が出ています。
憲法改正したいという人も、憲法変えたくないという人も、どのようなルールで国民投票が行われるかについてご存知じゃない方には必見です。本書の印象的な部分をピックアップして紹介します。

「ルールの内容があまり知られていなければ、国民投票運動は停滞するばかりか、憲法改正に対して貴重な一票を投じる機会が無駄に費やされてしまうでしょう。読者の皆さんには、決してそうはならないよう、本書を大いに参考にしていただき、憲法改正の是非を積極的に主張する国民投票運動の主役、先導役になっていただきたいと、私は強く願うばかりです。」

「国民投票運動は原則、自由です。まず、国民投票運動の主体には、制限がありません。個人でも友達同士でも政党でも、会社でも誰でも可能です。未成年者も許されます。外国人も禁止されていません。他方、政府、自治体が国民投票運動を行うことは、消極に解されます。国民投票の方法にも、原則、制限がありません。午前8時から午後8時までという、選挙運動のような時間的制限もありません。24時間いつでも可能です。掲示することができるポスターの枚数、種類、さらに街頭などでの配布できるビラの枚数、種類にも制限はありません。戸別訪問もでき、自宅等において、投票を呼びかける看板を設置することも自由です。街頭、屋内で演説会を開催することも、街宣車を使った活動も制限はありません。ダイレクトメールの送付はもちろん、公職選挙法で禁止されている、電子メールを使った勧誘行為も許されます。SNSの類は、なんでも利用できます。」

投票日は発議の日から起算して60日以後180日以内に、国会の議決により定められます。「60日は短い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちは発議される前から、憲法について学んだり、意見を述べたりすることもできます。国民投票が行われることを前提に、発議されるのを待つのではなく、今から行動を始めれば「60日は短い」と焦ることはありません。

国民投票の運動CMは投票日14日前から禁止されるのですが、その規制のあり方は十分ではありません。まずは、国民投票法が国民投票運動CMのみを規制しているということです。

「条文の裏をつけば、憲法改正庵に対する賛成、反対の勧誘表現を含まない、単純に意見を表明するCM(意見表明CM)は、投票日当日まで許されるということになります。賛成、反対の勧誘表現を含まないものでも、特に著名人が登場する意見表明CMであれば、国民投票運動CMに匹敵する広告効果を挙げられるでしょう。」

そして、投票日15日より前は制限がないので、資金力の多寡が結果を左右してしまう可能性があります。それらの問題については「国民投票のルール改善を考え求める会」の提案をご覧ください→http://ref-info.com/2017-02-13meet-3/

「憲法改正には最低投票率を設けるべき」という議論が護憲派の中で根強いのですが、南部先生はこの本の中で以下のように答えています。

「最低投票率をルールとして設けてはいけない理由があります。最低投票率規定を設けると、「低投票率下では憲法改正が不成立になる」と、投票の棄権に対して、一定の法的意味を与えることになり、積極的な投票棄権運動を誘発する恐れが高くなります。仮に、最低投票率をかろうじて超えた場合には、投票箱の中は賛成投票が偏在するばかりか、本来、投票箱の中に存在していなければならない反対投票が危険の数の中に紛れてしまい、真の民意を計ることができなくなってしまいます。いわば、民主主義の自己否定です。」

また憲法改正の成立要件は憲法事項であり、時の政府や議会が、憲法に明文のない成立要件を加重することは、法理の上でも許されないことです。

他にもどのような手続きで発議に至るのか、
投票の方法など、具体的なイメージの湧くわかりやすい本です。
どうか手にとってみてください。


2017年2月21日火曜日

クラウドファンディングも執筆作業も大詰め



先日はインターネットテレビ局のデモクラTVに僭越ながらコメンテーターの一人として参加させていただきました。そこでも宣伝をさせていただいたのですが、現在私は『国民投票の総て』という本の制作に関わらせていただいております。

「国民投票の総て」にかける思い


昨年11月に帰国してからというもの、家に引きこもり、日本の将来のために必ず必要になるという信念のもとで、この本のために研究と執筆をしてきました。

いよいよ大詰めです。これまで仕事や付き合いを断って申し訳ありません。ご挨拶できていない方々も大勢いらっしゃいます。取材でお世話になった方々にも掲載紙をお届けできていません、この本の件が落ち着き次第、直接お伺いしてご挨拶に伺います。ごめんなさい。もう少々お待ちください。


『国民投票の総て』の早期申込やその他特典の申込に当たるクラウドファンディングは3月10日が締め切りとなっております。既にたくさんの方々にご支援いただいているのですが、目標金額の100万円に届かなければ、1円も決済されないシステムになっています。残り18日間で27万円の支援が必要です。この本は一般書店やAmazonなどで購入することができません。ご購入を考えてらっしゃる方は、この機会を利用していただけると割引にもなりますし、支援者としてお名前を記載することもできます。

既に、予約をしてくださっている106人のご厚意に応えるためにも、なんとか達成したいと思っております。

2017年2月16日木曜日

最もBrexitを望んだボストンに行くまでの話。


ブルガリアナンバーのトラック
 ロンドンでの取材を終えて、ヒッチハイクと野宿でカンタベリー、オックスフォード、エディンバラ、ケンブリッジなどをブリテン島の各地を回ってロンドンに帰る約1ヶ月の取材旅行。強盗など怖い目にあうことは一度もなく、親切な人に泊めてもらったり、ご飯をご馳走してもらったことは両手では数え切れない。そして各地を回る中で、ロンドンとは全く違う声を聞いた。 


下がり続ける運送料 運送会社を経営し自身も運転手としても働くティムさんは、下がり続ける運送料金に困り果てていた。
「イギリスで運送業をやるなら、1マイルで1.4ポンドはもらわなければやってられない。でも例えば、ブルガリアの会社は人件費も安い、トラックも安く買える、保険も安いため、1マイル80ペンスでも請け負う。彼らの流入が続けば、ぼくらのビジネスはこれ以上続かない。しかも、免許取得も簡単で、左側通行に慣れていないドライバーも多く事故も多い、そして事故が起こった時の保険の支払いも手続きが煩雑で問題ばかりだ。EU離脱によって、少しでも状況が改善することを期待している」
と語気を強めた。話を聞いたトラックパーキングにはよく見るとブルガリアのものも停車していた。

街の様子
 中でもボストンは、目的地の一つであった。そこはEU離脱を問う国民投票で離脱に投じた人が75.6%を占め、イギリスで最も多かった町である。イギリス北部のリーズからボストンの近くを通るというミニトラックのお兄さんに乗せてもらって二時間、往来の激しい国道で降ろしてもらった。国道から一本入れば、車の数はまばらになる。市街地まで約10キロ、改めてヒッチハイクをする距離でもないので、地平線まで広がる畑を横目に珍しく晴れたイギリスの田舎道を歩いた。電車の線路沿いにまっすぐな道が続いていて、時折通り過ぎる車はバックパックを背負って歩く私を怪訝そうな顔で見ながら通り抜けて行く。 ポツポツと民家が見え始めると、そこはもうボストン市街であった。

……この続きは現在制作中の『国民投票の総て』でお楽しみください。

3月5日 東松山でお話しさせていただきます。



「トークショーwe know a little」at 土日舎
3月5日(日)午後1時〜3時(予定) 

一昨年の暮れcomeyaで「I know a little」と題して国民投票をテーマにした写真展を開いた大芝健太郎さん。去年は約10ヶ月間アイルランド、イギリスに滞在し、EU離脱をかけた国民投票の取材等を行ってきました。
一方、高野智司さんは、隣町にある東京電機大学の現役大学生。彼は、1年休学し有機米を栽培したり、台湾の農家に滞在したりしながら、将来の道を模索しています。
そんなふたりに、海外で見て聞いて体験したことを語ってもらいます。
題して「トークショー we know a little」
weには、観客のみなさんも入っています。ふたりの報告を聞いた後は、参加者で気楽に話をしましょう。様々な年齢、バックグランドを持つ人たちが、日頃思っていることを共有しあう、そんな場と時間にしたいと思っています。
まるさんかくコーヒーが、ベトナムサンドとコーヒーを用意してくれます。
このベトナムサンドはとびきりのおいしさですよ。
3月5日(日)午後1時〜 参加費1,000円(ベトナムサンド+コーヒー代含) 定員20名
※ランチの準備がありますので、お申し込みは3月2日までにいただけますようお願いいたします。


地元、東松山でお世話になっている土日舎さんにトークショーを開いていただけることになりました。埼玉でお話しするのは帰国後初めてですのでお近くの方、お久しぶりの方、この機会にお会いできたら嬉しいです。