2017年3月30日木曜日

HPVワクチンについて調べている

HPVワクチン
HPVとはヒトパピローマウイルスの略で、
子宮頸癌を防ぐと言われている。

2013年から4月から厚生労働省から積極的推奨と認定されたのですが、その3ヵ月後の2013年6月には

 接種後の有害事象として見られた慢性疼痛などの症状と接種との因果関係や、痛みがおこる頻度、それに海外での詳しいデータについて実態調査が必要と考えた結果、厚生労働省は約半年間をめどに「接種の積極的な勧奨」の一時中止という決定をしました。 その後、子宮頸がん予防(HPV)ワクチン接種後の慢性疼痛などの症状とワクチン接種の因果関係の調査研究がなされていますが、中止から3年以上経た2016年8月現在において、接種の積極的な勧奨の再開はなされていません。
とされている。http://www.know-vpd.jp/children/va_c_cancer.htm



健康だったのに、病気を防ぐために、障害を負ってしまうという現実。

多岐にわたる副反応症状


http://style.nikkei.com/article/DGXMZO79350030W4A101C1000000/



もしきちんとリスクの説明されていたら...
もしワクチン接種後の副反応として認定されていたら...
もしきちんとした治療が受けられていたら...

いろんな「もし」が被害者とその家族に浮かぶ。
これは日本だけの問題ではない。

デンマークの事例


海外でも同様の副反応が報告されている。

子宮頸癌にかかる人は20代から40代で全体として25,200例で、子宮ガンの死亡数は、全体として年間約6,400人で、このうち子宮頸がんが約2,900人、子宮体がんが約2,200人、どの部位か情報がない子宮がんが約1,300人となっている。(http://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/)



ガンを防げるとしたら受けたいと思う人もいるだろう。
そういう人も、まずは知ることから。

こういった情報がまとまった雑誌がこちらです。