2017年4月12日水曜日

【非公認川越観光大使】オススメ定番コース



ぼくは、国内、海外からの友達を川越に呼びつけて、非公認の観光大使として「小江戸川越」を案内しています。

待ち合わせは川越駅。
東部東上線、川越線、埼京線も通じている、まさに最強な駅です。

まずは駅から徒歩1分のルミネの中にあるマーケットテラス
ここは埼玉や地元の食材を使った美味しい料理をビュッフェスタイルで食べられます。
間違いなく美味いし、やっぱり埼玉にわざわざ来てくれるなら埼玉の美味しいものを味わってもらいたい。ビュッフェスタイルなのでベジタリアンやビーガンでも楽しめます。

http://market-terrace.com/mt2/

昼からCOEDOビールを飲むべし
川越に来たら、絶対に味わってもらいたいのがCOEDOビール。街中でどこでも飲めるので、歩きながら飲んだりするのも川越スタイルです。ドイツからビールマイスターを招いて作り始めた本格的なクラフトビール、いろんな種類があるので、飲み比べるのも楽しいです。ぼくのオススメは紅赤-Beniaka-、川越名物のサツマイモが原料に含まれています。

由緒あるお寺、喜多院
喜多院は川越が「小江戸」と呼ばれる由来にもなっている江戸城が移設された建造物が今も残されています。徳川三代将軍 家光 が生まれたのもこの喜多院であるとされています。桜のシーズンは特に綺麗です。

一番街
蔵造りの町並みの残る一番街。ここは今はなき、江戸時代の様子が今も見られる場所として、近年とても注目されています。当時の東京、京橋の様子とそっくりであることがブラタモリでも紹介されていました。東京はこういった町並みが壊されてビル街になってしまっていますが、川越にはまだ残っているのです。

菓子屋横丁
夕方には閉まってしまうので、早めにいきたいところ。風情のあるお菓子屋さんが軒を連ねています。川越はサツマイモが名産なので、芋アイスや芋チップス、芋饅頭などどれも美味しいです。でも絶対に買ってはいけないのは、もう一つの名物、馬鹿でかくて黒い麩菓子、これは不味くもないけどうまくもなく、このあとずっと持ち歩くことになるので、とても邪魔になりますが、ネタにはなります。


氷川神社
絵馬が並ぶ小道や100円で厄払いできる「人形(ひとがた)流し」も手軽でいいですし、写真の「鯛釣り」もおもしろいです。

ひびき黒豚劇場
東松山出身のぼくとしては、東松山のやきとりも是非味わってもらいたい。そこでオススメなのがひびきです。こちらも埼玉の黒豚を使ったやきとりが味わえます。東松山のやきとりは鶏ではなく豚肉。しかもカシラというほお肉をピリ辛味噌につけて食べる。これが絶品です。

もし川越に行きたいという人は、
連絡いただけたらスケジュールの限り喜んでご案内しますよ。



2017年4月11日火曜日

大失業時代の解決策「ベーシックインカム」


技術革新と人工知能の発達によって、人間が行うべき仕事はどんどん減っていきます。これは間違いありません。その現実に私たちの社会はどのように対応していくべきなのでしょうか。(写真は全て映画の引用)


  

この映画を作っているエノ・シュミットさんが来日されるということで、4月28日にはトークライブを、そして5月2日にはインタビューもさせていただけることになりました。そこで、ベーシックインカムについても勉強しているところです。

4月28日はエノ・シュミットさんと田口ランディさんと「憲法と国民投票」について話します。

私のベーシックインカム観については去年書いています。

ベーシックインカムとは「国家に属する全ての人に無条件で支給される所得」であり、
4つの基準があります。


・生活基盤を保証し、社会生活を可能にする
・個人に合った権利を現実化する
・何の審査もなしに支給する
・就労を強いない


今まで、払ってきた税金などの行き先と出先をシンプルにして、ベーシックインカムに置き換えていくことで新たな出費を、増やさないでもある程度運用できる。でもどうやって税金を払うかということも重要だとされています。


黄色はベーシックインカムの収入。
青が働いて得られる給料です。
黒は総収入。
そして白がそのお金で何かを買ったときに支払われる税金を表しています。

この映画の例だと、税は消費税に一本化します。その税率は100%。
何かを買う時の半分が税金ということになります。

このような仕組みにすると累進課税も明白になり、
税控除など不要な業務が一切無くなります。

計算上は可能だということですが、実際にはどうなのでしょうか。
ベーシックインカムが導入されると、みんな働かなくなるのではないかという懸念があります。


「あなたはベーシックインカムをもらえたら働き続けますか?」
という質問に60%が「働き続ける」30%「条件を変えて働きづづける」と答えたのに対し、

「他の人はベーシックインカムをもらえたら働き続けると思いますか?」
という質問には80%が「働くのをやめる」と答えています。

何人に対して、どのようにアンケートを取ったのかが映画では明らかにされていないのですが、これはとても興味深い結果でした。

________________________

・具体的な数字で、ベーシックインカムが成り立つ根拠はあるのか。

この辺もいろいろ読み漁っていきます。

・スイスではベーシックインカムの導入を問う国民投票が行われたが、どのようにBIについて支持を広げていったのか。

・試験的に導入されたオランダのユレヒトや他の国はどのように変わったのか。


「子どもの貧困」阿部彩さんの本から抜粋


「1985年の時点においてさえ、日本の子どもの貧困率はすでに10.9%であった。この時期は、バブル経済に突入する頃であり、巷においては、貧困は愚か格差論争さえ始まっていない頃である。」

「1985年から2009年にかけて、多少の増減はあるものの、子どもの貧困率が右肩上がりに上昇し続けていること。」

「国際的にみても、日本の子どもの貧困率は決して低くない。ユニセフの推計(2012年)によると、2000年代半ばにおいて、日本の18歳未満の子どもの貧困率は、先進35カ国の中で上から9番目の高さにある。」

「とくに、日本のひとり親世帯に育つ子どもの貧困率は58.7%と突出しており、OECD諸国の中で最悪である。これは、ひとり親世帯の大半を占める母子せたいの貧困率がとくに高いためである。」

「子どものいる世帯の約12%はひとり親世帯ということになる。これは約8世帯に1世帯という数値であり、ひとり親世帯はもう決して珍しい世帯ではない。」

「日本の貧困の特徴は「ワーキング・プア」(働いているのに所得が貧困基準を超えない人々)が多いことであり、その背景には巨大な低賃金の非正規労働層が存在する。」

「親の学歴(世帯内で最も高い学歴)別に貧困率をみると、学歴による格差は明らかである。親の学歴が中卒の場合は、貧困率は45%と半数近くになるが、大卒以上であると8%となる。」

「教育学においては、親の所得と子どもの学力が綺麗な比例の関係にあることが実証されており、さらには、特に経済的困難を抱えている生活保護受給世帯に育つ子どもたちや、児童養護施設に育つ子どもたちの、極端な学力不足が報告されている。」

「国際NGOの日本組織であるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが児童福祉の関係者などを対象に行った調査では、子どもの貧困が「自尊感情が低い」「不安」「自己肯定感が持てない」「精神的不安定」「希望が持てない」などといった心理面への影響を引き起こしているとの指摘が多数報告されている。」

「最新の海外の研究によると、相対的貧困が子どもに及ぼす一番大きな悪影響は、親や家庭内のストレスがもたらす身体的・心理的影響だという。家庭の中にストレスが満ち溢れ、心のゆとりのない生活が続くことは、最悪の場合は児童虐待などにも繋がってしまう可能性もある。」

「子ども期に貧困であることの不利は、子ども期だけに止まらない。この「不利」は、その子が成長し大人になってからも持続し、一生、その子につきまとう可能性がきわめて高い。」

「子ども期の貧困経験が、大人になってからの所得や生活水準、就労状況にマイナスの影響を及ぼすのであれば、その「不利」がさらにその次の世代に受け継がれることは容易に想像できる。生活保護を受けている世帯に育った子どもは、成人となってからも生活保護受給者となる確率が高い。」

「もし国がA君の子ども期に、彼が貧困を脱却する可能性を高めるような支援をしていたら、どうであろう。国は、A君が払ったであろう税金・社会保険料を受け取ることができる上に、生活保護や医療費などの追加費用を払う必要がなくなる。つまり、長い目で見れば、子ども期の貧困対策は「ペイ(pay)」する可能性が高い。逆にいえば、貧困を放置することは、「お高く」つく。これが「貧困の社会的コスト」である。」

「貧困者に対する職業訓練のように、貧困そのものに対処する試みをしなくとも、社会全体の経済状況さえ改善すれば貧困はおのずと解消していくという議論がある。」しかし「日本は、すでに、成長によってすべての人、とりわけ貧困層に、恩恵が「したたり落ちる」状況でないことは確かである。だとすれば、貧困削減そのものを目的とした具体的な政策を立てなければいけない。」

ここまで子どもの貧困についてのデータがあり、解決法の提案までできるのに、具体的に進んでいかないのはなぜだろうか。続きは本を手にとってみてください。



2017年4月10日月曜日

20年後、子どもたちの貧困問題 -格差社会を終わらせよう!- 季刊『社会運動』


季刊「社会運動」が4月15日から発売になります。

私はこの本を書いてらっしゃる阿部彩さんのインタビュー記事を書かせていただいております。阿部先生のデータや海外の事例を基にした問題提起は、日本の子どもの貧困解決のために、根本的意識の転換が必要であることを示しています。

他の方の論も合わせて読むことで、見えていなくても確かに存在している「子どもの貧困」を包括的に理解できる一冊となっていますので、ぜひ手に取ってみてください。


 内容紹介

●「子どもの貧困」とは「貧困状態にある家庭の問題」
子どもの6人に1人が相対的貧困状態にあるという。これまで「見えない貧困」と言われてきたが、少しずつ支援の輪が広がり子ども食堂も全国各地に広がりつつある。だがそもそもは「家庭が貧しいために、子どもが貧困状態に置かれている」のであり、本来、支援すべきは家庭そのもののはずだ。
●20年後、すべての子どもは大人になる
少子高齢化と人口減少が急速に進む日本の今後は極めて暗い。わずか8年後の2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という「超・超高齢社会」を迎える。65歳以上の人口は3500万人を突破する一方で、15歳〜64歳の生産年齢人口は7000万人まで落ち込む。
●子どもの貧困がもたらす大きな社会的損失
貧困状態にある子どもは貧困の連鎖に巻き込まれる。自己評価や学習意欲が低下し進学や就職への期待も下がる。さらに非正規社員や失業者・無業者が増え、1人あたりの生涯所得も大きく減少する。社会保険料や年金を納入できなくなる人びとや、生活保護受給者も増えるだろう。
●「自己責任」社会から「社会的貯蓄」社会へ
そこで阿部彩氏は「子どもの貧困対策は(社会的な)投資」と考えようと主張する。衣食住の提供にとどまらず、成人するまでの20年という長期的観点で支援政策を考えるべきなのだ(本誌84頁)。
井手英策氏は、これまでのように「自分のために貯蓄」するのではなく「社会に蓄える」という発想の転換を訴える(100頁)。
また、高負担によって「子どもの幸福度先進国1位」を実現したオランダというモデルがある。リヒテルズ直子氏の報告をお読みいただきたい(117頁)。
(市民セクター政策機構専務理事 白井 和宏)

**************************************************

目次

特集 20年後、子どもたちの貧困問題
格差社会を終わらせよう!

今から10年前
FOR READERS
「貧困は自己責任」と放置すれば日本は危機的状況になる

(I)女性、若者たちの「現在」

すべての少女に「衣食住」と「関係性」を! 女子高生サポートセンターColabo代表 仁藤 夢乃
なぜ、女性は貧困なのか―3人の事例から考える ノンフィクションライター 飯島 裕子
企業は激変し若者は貧困を強いられた NPO法人ほっとプラス代表理事 藤田孝典

(II)子どもたちのための「未来の創り方」

福祉の限界を超える 町民すべてが生涯現役 藤里町社会福祉協議会会長 菊池 まゆみ
生きづらさを抱える若者を地域で支援する NPO法人リロード、ワーカーズ・コレクティブはっぴいさん
貧困対策に必要なのは連帯への意識転換 首都大学東京教授 阿部 彩
社会の分断を消す選択肢をつくる 慶応義塾大学教授 井手 英策
オランダの子どもはなぜ「幸せ」なのか 教育・社会研究家 リヒテルズ 直子

(連載)
悼みの列島 日本を語り伝える第3回
信州に遺る満州に渡った人びとの思い ライター 室田 元美
おしどりマコの知りたがりの日々・レッツ想定外! 第6回
ドイツの脱原発の動きは次のステージへ 芸人・記者 おしどりマコ

**************************************************

出版社からのコメント


貧困状態にある子どもは貧困の連鎖に巻き込まれます。自己評価や学習意欲が低下し、進学や就職への期待も下がります。さらに非正規社員や失業者が増え、1人あたりの生涯所得も大きく減少します。
もはや子どもの貧困対策は急務の問題です。「貧困は自己責任」として放置すればやがて日本社会全体が危機的状況になります。そうならないための方法をご一緒に考えてみませんか?

2017年4月5日水曜日

高坂駅のカフェに「夜明ケ」が来た


高坂駅前のお世話になっていたMalidaliカフェがなくなってしまった時のショックが、まだ癒えていないのですが、久しぶりに高坂に帰ると新しいカフェができていました。

その名も「夜明ケ」
落ち着いた雰囲気で、ベジタリアンやヴィーガンでも楽しめるメニュー。オーガニックなど、こだわった食材を使っているそうです。



訪れた日は、食事の後だったので料理は食べられなかったのですが、オーガニックコーヒーをいただきました。川越でもまだ通いたいカフェが見つかっていないのに、高坂にこんなにクオリティの高いカフェができているなんて本当に驚きました。

高坂駅前から、文房具屋が無くなり、本屋が無くなり、そして唯一の駅前カフェMalidaliも無くなってしまい、その都度落ち込みましたが、ぼく自身が通っていなかった。そして今は、高坂駅周辺には美容院が乱立しています。

「夜明ケ」が高坂を選んで出店してくださって、とても嬉しいです。そして地産地消というコンセプトも、空間もいいこのカフェに今度こそはちゃんと通います。


Address 埼玉県東松山市元宿2-21-7
Tel             07064378182
Open         金・土・日 8時〜20時  (営業日以外で仕入れなどをしているそうです)
Facebook  https://www.facebook.com/%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%82%B1-384841105240684/

2017年4月3日月曜日

4月28日「世界の憲法と国民投票 さまざまな民主主義のかたち」




4月28日(金)19:00から
「世界の憲法と国民投票 さまざまな民主主義のかたち」
と題されたトークイベントに出演させていただくことになりました。

私は各国の憲法の直接民主主義条項などを中心に、今まで取材して来た国の国民投票についてお話ししようと思っていますが、エノ・シュミットさんと田口ランディさんとの話がどう展開していくのか、とても楽しみにしています。
ご都合つく方は是非、いらしてください。

_________________
スペシャル・トークイベント
世界の憲法と国民投票 -さまざまな民主主義のかたち-

日時  2017年4月28日(金) 19時から21時(開場18時半)
場所  パルシステム生活協同組合連合会2階大会議室
    〒169-8527 東京都新宿区大久保2丁目2-6 ラクアス東新宿
定員  200名
参加費 1000円
申込み 事前申し込みは不要です。当日会場にお越しください。
主催  持続可能な共生社会実現を考える会

お問合わせ
佐々木 0803750-3770 sasaki_shigehito@yahoo.co.jp