2017年5月13日土曜日

出会ってしまった君へ。

昨日は電話できて嬉しかったよ。
言い出しづらかったと思うけど、
気になっていたこと言ってくれてどうもありがとう。


あのパーティーで出会って、眠らずに話をして、
次の日の朝、みんなにわからないように手を繋いで、
その次の日に、初めてキスをして、
雨の降る夜の新宿を二人で歩いて…

二人で過ごした時間は、まだ少なくて、
でも何度もそれが蘇ってくる。

少ない時間で、君のいろんな感情を見た気がする。
そのどの感情も、素敵だなって思った。
なぜかわからないけど、美しいって思った。

君の感情ごと優しく抱きしめたい。
君が感じてるものを、ぼくも感じたい。


笑ってる顔。泣いてる顔。
恥ずかしそうな顔。困った顔。
どんな顔もかわいくて、魅力的なのはずるい。
思い出して愛おしくなる。


作家の言葉
言葉の意味
動物の生態
詩の解釈
旅への憧れ

好奇心旺盛な君と、ずっと一緒に何かを考えて、
そして見つけていきたい。