2017年10月26日木曜日

ワクチンは子どもを守るものですが、副反応の恐れもあります。

私にはまだ子どもがいませんので、赤ちゃんのうちから推奨されているワクチンの多さに驚きました。


ほとんど副反応が、認識されていないものもあるのですが、HPVワクチンは特に副反応の被害者が多く、裁判も全国で行われています。そのうちの一人からお話を伺いました。詳しくはこちらに書かせてもらっています。子育ての予定や途中の方には参考になるかと思います。




大人になっても、インフルエンザワクチンを打つ機会がある人もいます。私もそういう時には、ワクチンや薬には必ず副反応があり、そのリスクも同時に引き受けなければならないと、心に留めています。