2017年11月29日水曜日

護憲派による護憲派のための「9条論争」


憲法改正国民投票が、いよいよ現実味を帯びてきていて、これから議論がどんどん繰り広げられてきます。

この本は「改憲か、護憲か」と言う論点ではなく、所謂「護憲派」の中で、論議の的になっている点を掘り下げています。


「自衛隊の存在は合憲か」
「9条は戦争への歯止めになっていると考えるか」
「所謂護憲派から新しい9条を制定すべきか」
など誌上討論という形で、他の人と絡めて質問をしていくので、互いの意見の違いがはっきりと分かります。そして、自分の立ち位置と、他の人の考えを知るとても大きな助けになると思います。

国民投票の結果は「多数決」で決まります。この時「正しい選択」を多数がするとは限りません。この「正しい選択」とは誰の視点に立つかによって変わってきます。多数を得るには多くの「共感」を得なければならず、それを得るためには相手の視点に立って、対象(9条)を見つめ直すしかありません。

護憲派同士で意見の違いから排除し合うのは「護憲派」にとって、得策ではありません。護憲派が「9条」について建設的に議論を始める前に、相手の視点も理解する上で、最良の一冊だと思います。

杉田 敦 法政大学教授、辻元 清美 衆議院議員、白井 和宏 市民セクター政策機構、伊藤 真 弁護士、今井 一 ジャーナリスト、想田 和弘 映画作家

今回、取り上げられている方々の単著を買い揃えて読み較べるよりも、まずはこの雑誌を読まれることをお勧めします。


 
______________

内容紹介

驚くことに、朝日新聞(2016年9月7日朝刊)が報じた世論調査によれば、憲法改正に「賛成」「どちらかと言えば賛成」の賛成派42%、「どちらかと言えば反対」「反対」の反対派が25 %、「どちらとも言えない」中立派が33%と、賛成派が反対派を倍近く上回っていた。しかも改憲賛成派の多くが、第一に「憲法九条の改正を求める」という結果だった。
将来、国民投票が行われた場合、「どちらとも言えない」中立派の意思がどのように変化するかが、「九条」の命運を決める。戦争への道を繰り返さないために、今こそ「私たちは九条をどうするのか」を徹底的に議論すべき時に来ている。
しかし、「憲法とは何かを考え、自分の意見を持ち、他者と議論すること」は、容易でない。さらに、中立派にも響き、賛同を得られる言葉や論理を持つためには、どうしたらよいのだろうか。その契機とするための試みが今回の企画です。
**************************************************

目次

特集 STOP THE WAR!
護憲派による「新九条」論争

FOR READERS 護憲派が九条を議論する場を作りたい

憲法九条を巡る「解釈改憲」の歴史

「新9条」を創る 映画作家 想田 和弘

国民投票は九条を甦らせる ジャーナリスト 今井 一

憲法は魔法の杖ではない 弁護士 伊藤 真

改憲の中身こそ議論すべき 衆議院議員 辻元 清美

九条は立憲主義の原理を示す 法政大学教授 杉田 敦

九条を巡る基本用語集

悼みの列島 日本を語り伝える 第2回
花咲く南房総に戦跡を訪ねて ライター 室田 元美

おしどりマコの知りたがりの日々・レッツ想定外! 第5回
社会運動には笑いの技術が有効でしょ 芸人・記者 おしどりマコ

道場親信さんが託してくれたもの
『「戦後日本の社会運動」と生活クラブ』刊行によせて

**************************************************


2017年11月27日月曜日

10月22日みんなで決めよう「原発」国民投票主催「高レベル放射性廃棄物と合意形成」

10月22日、市民グループ みんなで決めよう「原発」国民投票 の総会で日本の住民投票の現状についてお話しさせていただきました。

あまり知られていませんが、日本でも、1986年に新潟県旧巻町で行われた新規原発建設の是非を問う住民投票が行われて以来、420件以上も行われております。その中で、現地取材をした沖縄県与那国島の自衛隊基地建設を問う住民投票、大阪都構想を問う住民投票について、そしてとうとう来年、行われるであろう憲法改正国民投票との共通点などについてお話しさせていただきました。

午後は「高レベル放射性廃棄物と合意形成」についての講演とディスカッションが行われました。

ビットコインで5万円がいつの間に32万円に!


ドイツ人の友達が「これいいよー」って教えてくれたビットコイン。
ビットコインは仮想通貨で「始めるのが怖い」という感じはあったのですが、試しに5万円をビットコインに変えてみたのが6月。今ではその価値が32万円になっててびっくり。

私は投機目的で買ったわけではなく、海外でも取材や旅行で便利と考えて始めました。キャッシュレスはすごく便利だけど、クレジットカードだとお店側の負担になってしまう。いつもそれを申し訳なく感じていたんだけど、ビットコインだったらそんな気兼ねなく利用できるので、お店での導入も期待しています。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。(ビットコインは何が違うのか bitFlyer

投機目的としても、ビットコインは、まだ成長期なので、今から始めるのにも遅くないと思います。

私はドルやユーロもある程度、確保していますし、リスクの分散としても、多少ビットコインに変えておくのもいいんじゃないかと思っています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

登録はこちらからどうぞ。ビットフライヤー使いやすいです。

2017年11月26日日曜日

ドイツで毎週楽しみだったコメディー『クナラーフラウエン』


ドイツに留学していた時、毎週楽しみにしていたのがこのジャーマンコメディー

『Knallerfrauenクナラーフラウエン』


"Knallerfrauen"の、Knallerはクレイジーとか、うるさいとか、セクシーとか。
Frauenは女性って意味なんだけど、その言葉通りのショートコメディー。

英語の字幕は付くんだけど、残念ながら日本語のサブタイトルは、まだ付いていない。でも言葉がわからなくても面白いのもあるので、おすすめです。

本当にしょうもない話ばっかりで、爆笑するような感じじゃないんだけど、じわじわ笑えてくる。







2017年11月24日金曜日

彼女がドライフラワーで空間デザイン始めました。



dryflower2

彼女が空間デザインの仕事を始めました。ドライフラワーや生花、照明などを使って部屋を彩ります。今回担当させていただいたのはAirbnbのお部屋。






うちも彼女のおかげで、花と緑が増えて、とても過ごしやすく、よりリラックスできる空間になりました。ふと気がつくと、壁の絵の配置や花瓶の位置が変わっていたり、部屋にこもってコツコツと、ドライフラワーを作っていたりして、本当にこういうことが好きなんだなーとそばにいて感じています。

Kentaro Oshibaさん(@shibaken612)がシェアした投稿 -

彼女の能力が活かせる機会がありましたら、連絡いただけたらと思います。




2017年11月12日日曜日

【友人限定】11月14日「国民投票ってなに?」@池袋


先週はある政党向けの勉強会で「ヨーロッパの国民投票の動向と概要」についてお話しさせていただきました。

11月14日の【国民投票ってなに?】という勉強会では、
「選挙と国民投票の違い」
「国民投票になったらどうなるの?」
「他の国の国民投票ってこんな感じ」

など、まだ日本で歴史上一度も行われたことのない国民投票について、現地で撮影した写真や映像などを多用してイメージを掴んでもらいたいと思います。
そして、世界で2500件以上行われている国民投票の事例と、日本の「国民投票法」には何が書かれているのか、お話しさせていただきたいと思います。

池袋のラウンジを借りて、少人数の開催予定です。
______________
日時:11月14日(火)19時〜21時
場所:池袋付近(場所は参加希望者に直接連絡いたします)
会費:1,000円
______________

今回は友人限定のサロン形式での開催ですので、
一度もお会いしていない方は次の機会にお願いいたします。
年内に一般向けに同じような内容で、東京と大阪で行う予定ですので、
詳細が決まりましたら、またアナウンスさせていただきます。